twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月に作成された記事

2011年5月24日 (火)

もう一度「死を処方する男」を見て、思う

「死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実」

WOWOWにて昨秋放映の、HBO製作海外ドラマ(実話)
主演のジャックはアル・パチーノ、
監督は『レインマン』のバリー・レヴィンソン

さすが、向こうのドラマは豪華です。

HBOといえば、映画並の大作「パシフィック」や、何と言っても「SATC」が有名ですけども。

こちらは昨秋にWOWOWにて放映されていたものですが、

わが家のハードディスクがいっぱいになっていたので、
整理しようとしたら、思わず目にとまり、
ついつい、また見てしまいました。

まあ今日は朝から、何か流れがあったんですよね。

ハビエル・バルデム主演『BIUTIFUL ビューティフル』
余命2カ月の父親のお話。
『バベル』『21グラム』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。

記事を見つけて、
公開は6/25かあ、と考え・・・。

ハビエルがおかっぱ頭の『ノーカントリー』でアカデミー賞を受賞する前、
ぜんっぜん別人の老けメイクで半身不髄の男を演じた
『海を飛ぶ夢』を思い出し、
(実物の彼がハンサムでびっくりし、
『ノーカントリー』で「同じ人!?」とさらにびっくりしたのを思い出し)・・・。

『海を飛ぶ夢』について思いを馳せました。
2004年のアカデミー外国語映画賞受賞作。

25歳のとき、海で事故に遭い、首から下が不随となってしまった
男の物語。ラモン・サンペドロの手記「LETTERS FROM HELL」にした実話です。
彼はある時から死を決意していたのですが、
自分ひとりでは自殺することができないため、
尊厳死を要請する裁判を考えるようになります……。

主人公の意識が、
自宅の窓を飛び出し、山々を越えて、海へと飛んでいく映像が好きです。

続きを読む "もう一度「死を処方する男」を見て、思う" »

2011年5月19日 (木)

術中覚醒『アウェイク』にはインフォームドコンセントもなし!?

T0010090q


アウェイク


★★★ 3.5

実際の医療現場でも起こりうる
術中覚醒をモチーフにした医療サスペンス・スリラー!?


久々な印象のヘイデン・クリステンセンと
『キラー・インサイド・ミー』のジェシカ・アルバ共演です。


全身麻酔下の手術中なのに、意識を取り戻してしまったという……。

意識があり、周りの音や声も聞こえるのに、体の自由だけが利かないという……。

と書くと、
医療サスペンス・スリラーか!? と思いますが、

続きを読む "術中覚醒『アウェイク』にはインフォームドコンセントもなし!?" »

2011年5月10日 (火)

明日、観に行く映画2『ブラック・スワン』

Blackswan

ブラック・スワン


★★★★★


優等生からの脱皮。黒鳥も演じきるナタリー・ポートマン


引き込まれ度、衝撃度、非現実度は『告白』か『母なる証明』に匹敵、
いやいや、それ以上でした。

引き込まれるというよりも、いや応なしに
ナタリー演じるニナの妄想の世界に取り込まれるんです。

どこまでが現実なのか、区別がつきません。

『エンジェル・ウォーズ』は、いわば端から見てるような感じの妄想ですけれど、
こちらは、一緒に疑似体験してるかのような感覚。

鑑賞後は、異世界に行って、帰ってきたみたいな気分でした。

戻って来られてよかった。本当、そう思いました。

リキんで観ていた分、その後の解放感もどっと来ましたが、

あれも一種のカタルシスなのかもしれません。

続きを読む "明日、観に行く映画2『ブラック・スワン』" »

2011年5月 9日 (月)

長い時間がかかっても『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』

T0009241q


酔いがさめたら、うちに帰ろう。


バップより、DVD&Blu-ray発売中 
DVD価格:3,990円(税込)  Blu-ray価格:5,775円(税込)

浅野忠信さん、永作博美さんのコンビで送る、
鴨志田穣&西原理恵子夫妻のもう一つの物語。


豪快で、破天荒なイメージもある西原理恵子さんが、
どんなふうに鴨志田穣さんと過ごし、
そして看取り、子どもたちがそれをどうとらえたかというのが『毎日かあさん』

アニメ観てても、笑いながら、なぜか切なくなってしまうのですけれど。
子どもたちが、こうした映画化をどうとらえているか、
ちょっと気になってしまうのですけれど。

同じように鴨志田さんの原作をもとに、この夫妻を題材にして、
よりアルコール依存症について焦点を当てたのがこちら、略して『酔いさめ』です。

永作さんは、上映中の『八日目の蝉』でも好演されていますが、
この映画でも、それほど登場シーンは多くなくとも、
とても印象的に演じておられます。

そして、何と言っても、浅野忠信さん! 

浅野さんの演技に、何度、背筋がぞくっとしたでしょうか。

本当に寒気を帯びて鳥肌が立ちました。

続きを読む "長い時間がかかっても『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』" »

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ