twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月に作成された記事

2011年8月30日 (火)

『やさしい嘘と贈り物』を、ありがとう。

Photo_3

[DVD]やさしい嘘と贈り物


販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


★★★★


夫婦、親子、家族ーー
自分のキホンの人間関係を
改めて大事にしたくなる


この映画とても好きですね。


原題は「Lovely, still」(まだ愛する人、まだすてきな人とでもいうか)と
まあとてもかわいらしく、主演の大御所2人もとてもかわいらしく(すみません!)

映画自体も、おおむね、
本当にやさしい愛の物語だな、と思います。


夫婦、親子、家族という、自らの足元の関係を改めて見直したく(?)なってしまいます。


主演の大御所は、ともにアカデミー賞受賞者の
マーティン・ランドー(『エド・ウッド』)と
エレン・バースティン(『アリスの恋』)。


監督は、この2人の孫のような年の、20代のニック・ファクラー。

脚本を書き始めたのが高校生のときという、若い力をもって

往年の名優を相手に、考えさせられるテーマですてきな作品を作り上げています。


ひとり暮らしのロバートは、クリスマス・シーズンだというのに孤独な身。

毎日、目覚ましラジオを止めて規則正しく起き、電動カミソリでひげをそり、
歯磨きをし、身だしなみを整えて
勤め先のスーパーに出かけていく、という日々のくり返し……。


だが、ある日、向かいに引っ越してきた心優しい女性メアリーと出会ったことで、

彼の人生は突如として輝き始めます。

メアリーも彼に好意を寄せているようで、期待と不安の入り交じった初デートは

まるで初恋のようなときめきを与えてくれたのですが……

続きを読む "『やさしい嘘と贈り物』を、ありがとう。" »

2011年8月 1日 (月)

『セヴァンの地球のなおし方』に学ぶしかない今

『セヴァンの地球のなおし方』

★★★★☆

映画『セヴァンの地球のなおし方』


「どうやってなおすのかわからないものを、もう壊しつづけるのはやめてください」
1992年、リオデジャネイロで開かれた地球環境サミットで、
こうスピーチした、12歳のセヴァン。

いま、29歳となり、母となった彼女がもう一度、地球のなおし方を訴えかけます。

福岡で合鴨農法をする農家の古野さんや
福井の有機野菜を育てる161人の"おばちゃん"たちをはじめ、

地球を一生懸命なおそうとする、
いえ、壊れかけている地球とともに、それでも一生懸命、生きて行こうとする人たちを
紹介しています。

続きを読む "『セヴァンの地球のなおし方』に学ぶしかない今" »

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ