twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 8月・9月の映画録(下)『未来を生きる君たちへ』『ホームランが聞こえた夏』『ハンナ』ほか | トップページ | 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』新世界のはじまり »

2011年10月 2日 (日)

家族よ、もっと死生観を語れ『エンディング ノート』

T0010589p

エンディングノート


新宿ピカデリーほか、全国ロードショー


★★★★★

自分のため、家族のためのエンディング。
見事に終活、完了です


観て、本当によかったと思えるドキュメンタリーでした。

実の娘が末期がんの父親との闘病生活を追うのではなく、
がんを抱えながら、
人生のエンディングに向かう父親をただ追っています。

エンディングノートは、近頃はやりで、
文字通り、人生を終える時のためのノート。

遺言のような法的な拘束力はなく、家族に伝えておきたいこと、
自分がやり残したこと、葬儀の希望や招待する人
などを記しておくものだそう。


パソコンに向かってエンディングノートを綴るお父さんを見て、
ああ、本当「終活」中だなあと思いました。



高度経済成長を支えた、会社命、段取り命の営業一筋のサラリーマン、
監督のお父さんである、砂田知昭さん。

かぶる、大腸がんで逝ったおじとモロかぶりです。年も近い、団塊世代。

娘である監督は『奇跡』『歩いても歩いても』『誰も知らない』など是枝裕和監督の
助監督を務めていた砂田麻美さん。

ずいぶんと前から、お父さんのことを撮りためていたらしく、
今回、こういうことになって、
膨大なテープをあらためて紡ぎ合わせたようで、
お父さんへの愛と感謝にあふれたつくりになっています。


いや、本当に、
末期がんのお父さんを見ながら、こんなにも笑ってしまうなんて。

もちろん泣かされもしますけれど、

ときに、家族内の真剣なやりとりって、
端から見たら、ものすごく滑稽なところがあると思うのですが、
そういう部分がとてもうまく生かされているのです。


あともう数時間ほどの臨終の床にありながら、「わかんなくなったら、携帯ください」。

ニンジンジュースを勧めるお姉ちゃんとか、わかる、わかる。そう、そう。

また、段取り命のDNAがしっかり息子に受け継がれているところなどは、
リアルに文字通りに笑い泣きです。
もうだめだ、涙があふれ出ると思った瞬間に
はじけ飛んで出てきた、笑い。


そんな映画って、観たことあります?

しかも、これは会場中、だれもがそんな感じのようでした。

日頃、私は、健康な人も、医療者も、患者も、その家族も
もっと死生観についてオープンに語ってもいい、と考えておりますので、
生きていくことと同様に、死にゆくこともまた尊いものである、
という監督のメッセージには共感します。


死は、生の鏡のようなもの。

死にざまは、生きざま。


アルフォンス・デーケン先生のいう、「死の準備教育」の教材とかにも
なり得るんじゃないかなとも思ったりします。


だって、段取り命のお父さんの、自分のエンディングを自ら段取りたい、という意思、
それをご家族も尊重していたこと、

そして、何よりお父さん自身が、そのためにとても主体的な患者だったこと

これは、とても大事なことではないかと思います。

そうやって逝く側も、送る側も納得いく形でエンディングを迎えられて初めて、
残った側は次に進める、その先の未来へ目を向けられるのではないかな、とも思います。

病室にお孫さんを呼んだところもよかったですね。
たぶん、一番上の子はなんとなくジイジのことは覚えているかもしれません。
たぶん、あの子はあの年にして死というものを実感したかもしれません。
あの子の行く末は、きっと安泰です。

本当、いい家族でした。

↓こちらは、 バケット(棺おけ)リスト ですが。

↓笑って泣ける!?がんの映画、おすすめ。
50/50(フィフティ・フィフティ)
12/1(木)公開!


・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy
エンディングノート@ぴあ映画生活
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic Movie Life


にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 8月・9月の映画録(下)『未来を生きる君たちへ』『ホームランが聞こえた夏』『ハンナ』ほか | トップページ | 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』新世界のはじまり »

コメント

ヤマさま

コメントありがとうございました!すっかり遅くなってしまって、すみませんm(_ _)m

ご掲載、光栄に思います!ありがとうございます。最期だからこそ患者自らが主体的になる、ということを考えさせられる、本当に良質のドキュメンタリーだと思います。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

uereiさん、こんにちは。

こちらに書き込むのは初めてだと思うのですが、
私も映画日誌をサイトアップしていて、こちらの頁をトラックバックのような形で
拙日誌から紹介させていただいたので、報告とお礼に参上しました。

>もうだめだ、涙があふれ出ると思った瞬間に
>はじけ飛んで出てきた、笑い。
とお書きのこの呼吸、確かに「そんな映画って、観たことあります?」の見事さで、
映画って編集だなぁと改めて感じさせられる作品でしたね。

こちらにお書きのように、死に至る病においても、
患者本人が主体的であり続けることの意味と力について、
改めて考えさせてくれる、驚きの作品だったように思います。

いきなりで、拙日誌への掲載が不本意なら、ご連絡ください。はずすように致します。
先ずは報告とお礼に参上した次第です。どうもありがとうございました。

響さん、コメントありがとうございました。
本当に砂田監督には才能を感じますね。この傑作の次、にもぜひ期待したいです。

泣き笑いのドキュメンタリーは砂田さんならでは。

どこか涙あり、どこか笑いあり、とにかく心深くに残る、
珠玉のドキュメンタリーでした。
それにしても立派な親孝行でした、ということなんだそうです。
http://www.birthday-energy.co.jp/

「恐ろしく現実的なので、ドキュメンタリーに活路」を
見い出した、という記事が結構気になりましたね。
最近は優秀なドキュメンタリーが少ない気がしますし、
がんばってほしい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/52564215

この記事へのトラックバック一覧です: 家族よ、もっと死生観を語れ『エンディング ノート』:

» エンディングノート [LOVE Cinemas 調布]
是枝裕和監督の弟子である砂田麻美監督が、ガン宣告を受けた自身の父と遺される家族との最期の日々をカメラに収めたドキュメンタリーだ。熱血営業マンとしてならした砂田知昭さんは、自らの死までの段取りをエンディングノートの形で書き記そうと決めるのだった…。死を目前にした家族とのむき出しの絆に涙が抑えられない。... [続きを読む]

» エンディングノート [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
ガンを告知された父の姿を見守る、笑って泣けるドキュメンタリーの秀作。ユーモアの中に浮かび上がるのは家族の強い絆だ。大企業の熱血営業マンだった砂田知昭氏は、退職してまも ... [続きを読む]

» 『エンディングノート』 [シネマな時間に考察を。]
実直な生き様のそのままに、 自らの死に様を整える<終活>は寧ろ愚直なまでに。 これが本当のハッピー・エンディング・ストーリー! 『エンディング・ノート』 2011年/日本/89min 監督:砂田麻美 出演:砂田知昭とその一家 人は、自分が生まれることをコントロ... [続きを読む]

» エンディングノート〜営業マンの死 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。是枝裕和製作、砂田麻美監督。砂田監督の父、砂田知昭氏とその家族のドキュメンタリー。 砂田知昭氏死去 元関東電化工業専務(47NEWS)砂田 知昭氏(すなだ・ともあき= ... [続きを読む]

» 「エンディングノート」:プロジェクト終活 [大江戸時夫の東京温度]
映画『エンディングノート』は末期胃がんを宣告された自分の父を撮り続けたドキュメン [続きを読む]

» エンディングノート [とりあえず、コメントです]
ガンで余命を宣告された父の姿を最後まで映し続けたドキュメンタリーです。 娘である監督さんが撮り続けた作品とはどんなものになっているのだろうかと気になっていました。 主人公の明るさと強さが印象的で、予想よりも軽快に綴られている作品でした。 ... [続きを読む]

» 「監督」と「娘」が同居する映画って・・・〜「エンディング・ノート」〜 [ペパーミントの魔術師]
http://www.1101.com/ending-note/index.html ↑これは、ほぼ日刊イトイ新聞のリンク。 この映画をサポートしたプロデューサー是枝監督と糸井重里の 対談がはじまったばかりなんで、しばらく追いかけようと思います。 映画『エンディングノート』予告篇 この予告編だけ...... [続きを読む]

» 『エンディングノート』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「エンディングノート」□監督 砂田麻美 □キャスト 砂田知昭■鑑賞日 11月19日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  映画は所詮作られたものだ。  こういう映像を見せられる...... [続きを読む]

» エンディングノート(2011-107) [単館系]
わたくし終活に大忙し いきなり関係ないけど Google日本語入力、しゅうかつが変換できるんですね・・・・ がんの宣告を受けた監督の父を追ったドキュメンタリーだそうです。 公開時期ではエンディングノ...... [続きを読む]

» エンディングノート [まてぃの徒然映画+雑記]
監督の父がステージIVの末期癌を宣告されてから、亡くなるまでの様子を記録したドキュメント。 自分も父を末期癌で亡くしているところが似た境遇で、映画の中の砂田さんの言葉や考えを通して、自分の父はどんなことを思っていたんだろう、と改めて考えてしまいました。...... [続きを読む]

» エンディングノート [まてぃの徒然映画+雑記]
監督の父がステージIVの末期癌を宣告されてから、亡くなるまでの様子を記録したドキュメント。 自分も父を末期癌で亡くしているところが似た境遇で、映画の中の砂田さんの言葉や考えを通して、自分の父はどんなことを思っていたんだろう、と改めて考えてしまいました。...... [続きを読む]

» 「エンディングノート」 (2011 ビターズエンド) [事務職員へのこの1冊]
砂田知昭。 医者の息子として愛知県の田舎に生まれ、化学関係の会社に就職。営業マン [続きを読む]

« 8月・9月の映画録(下)『未来を生きる君たちへ』『ホームランが聞こえた夏』『ハンナ』ほか | トップページ | 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』新世界のはじまり »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ