twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『フード・インク』食べ物は工場で作られるんじゃない | トップページ | 『ラビット・ホール』悲しみとの付き合い方 »

2011年11月16日 (水)

ただの感染モノじゃないよ『コンテイジョン』

Photo


コンテイジョン


★★★★

新種ウイルスの感染パニック!
映画の中で起きてることが
なぜか今の日本と重なってみえる


まず初めに、『コンテイジョン』て何!? と素朴なギモン。

なぜ原題そのまま?
まあ最近は、気の利いた邦題をつけるのが難しいからか
原題そのままってパターンは多いかも、と思っていましたが。


「Contagion」とは!?

ウィズダム英和辞典によれば
病気の「接触による感染」だとか「伝染」「伝染病」だそうです。

ウイルス感染ならばviral infectionだけれども、そうではない理由とは?


同じ感染パニックものとして有名な、1995年の『アウトブレイク』は空気感染でしたが
その場合にはinfectionというようで。

「Contagion」という場合は、感染者の体に直接触れたり、
感染者の触れたドアノブやグラスなどに触れたら
感染してしまう、という接触感染を意味しています。


そう、触れるだけで

次々と誰かに感染してしまう

脅威のウイルスが

世界規模、

ほぼ同時進行で広がっていく、というお話なのです。


しかも、「Contagion」には

もう1つ
「あまり好ましくない思想、感情などの蔓延」という意味も

あったんですねぇ。

いうならば、恐怖やパニック感情の蔓延でしょうか。

怖い、怖いですねぇ。


人々の間に拡散していくのは、


驚異的な感染力と致死性を持つ正体不明のウイルスそのものに対しての恐怖と


家族や隣人がもしかしたら感染する、もしくはすでにしているかもしれないという不安、


あるいは政府の欺瞞、情報不足・情報操作などへ不満や怒り、


自分たちさえ助かればいい、という自己中心的な感情、etc。


東日本大震災の直後、暴動の1つもなく、整然と並んで買い物をし、

互いに協力し合って帰途につく日本人の姿が

海外メディアに賞賛されていましたが、

もし今、

今度こそ何かが起こったときも、私たちは果たしてそうでいられるでしょうか。


極限状態におかれたときの人間の行動とは!?


この映画の肝になっているのは、この部分でしょう。

また、ブログやTwitterであっという間に正誤の分からない


さまざまな情報が広がっていく一方で


肝心なことがちゃんと伝わらなかったり、


Facebookのオープンさが波紋を呼ぶシーンもあります。


この映画は、未知のウイルス感染のシュミレーションでもありながら、


メディアや情報に対するリテラシーという点では


今の日本の事態への警鐘のようにも思えます(3.11前の作品ではありますが)。

「水俣病だって当初、隠ぺいされた」とかいうセリフもありましたし。


ウイルスと、放射能(放射性物質、放射性汚染物質)と、物は違えど、

置かれている状況や、

実際に起きていること、

究極的にそうなりそうなシチュエーションが

今の日本に重なる部分がたくさんある、ということを

はからずも、かみしめながら観ることになりました。


スティーヴン・ソダーバーグ監督のもとへ集まった
キャストがとにかくすごい。


とまあ、ただならぬ感染パニックサスペンスではあるのですが、

何といっても主要キャストが全員アカデミー賞クラスという豪華さも
1つの魅力になっています。


以下、ほぼ登場順。


1)グウィネス・パルトロウ:1人目の感染者となるキャリアウーマン、ベス。
冒頭、香港にいる彼女のシーンがなぜか“Day2”(2日目)から始まっているのが気になります。


2)マット・デイモン:ベスの夫、ミッチ。突然の妻(と義理の息子)の発症と死に直面するも、
なぜか彼は発症していません。娘だけは何としても感染から守るべく、超過干渉なパパに大変身。


3)ジュード・ロウ:フリージャーナリスト、アラン。
ミネソタ、香港、そして東京で同じような症状の人たちが
相次いで急死していることから「何かが起きている」と直感。

ブログにアップした、バスの中で突然倒れる東京のビジネスマンの映像にアクセスが集中、
やがて1200万人もの読者を持つ、時の人になります。とても今っぽいですね。


4)マリオン・コティヤール:報告を受け、調査に乗り出す世界保健機構(WHO)職員オランテス。
発生地の香港に向かいますが、ワクチンをいち早く手に入れたい貧しい村の人たちに
拉致されてしまうことに。これが一番びっくりしました。


5)ローレンス・フィッシュバーン:米国疾病対策センター(CDC)のチーヴァー博士。
感染源の特定に奔走します。極秘情報をこっそり恋人に教えてしまうのですが
それがやがて仇となり…。


6)ケイト・ウィンスレット:チーヴァー博士の部下、ミアーズ医師。
ベスの家があるミネソタに向かい、感染が疑われる人たちの隔離を担当します。
このへんの動き、さすがCDCというか、早い、早い。

(この迅速さがフクシマでもあったなら…と思わずにはいられませんでした)

しかし、道半ばで自身も感染してしまうことに。


という豪華な6人を軸に、それぞれ物語が進んでいきます。


チーヴァー博士のもう1人の助手(ジェニファー・イーリー)の活躍も見逃せません。


一番応援したかったのは、ケイト演じるミアーズでしたが

やたら扇動するジャーナリストのジュードもいい感じです。

ローレンス・フィッシュバーン、渋い優しさが、なぜか西田敏之みたいにも見えました。


余談ですが・・・


手遅れになるより、過剰ともいえるぐらいの対応を!


ワクチン接種済み、あるいは免疫がある人は
遊園地プールの入場で使うようなリストバンドで管理をしていました。

何とも合理的なシステムです。


この映画を観ると、危機管理という点で

日本は大丈夫か!?と思わずにはいられません。


かつての新型インフルエンザでも、空港で検疫パフォーマンスしていたでしょう。

実質的にはまったく水際対策にはなっていませんでした。

今で言うと、例えば除染は、あの感じに近いものがあると思います。

「除染」という言葉とパフォーマンスで安心を期待させている。

「暫定規制値」も同様ですが、とても罪深き言葉だと思います。


学生時代の、映画『タワーリング・インフェルノ』に見るパニックと集団心理、
という講義が懐かしく思い出されました。

↓2/16発売。今はパッケージ化が早いですね。

↓そういえば、檀れいもWHOの人だった…。

コンテイジョン@ぴあ映画生活
・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『フード・インク』食べ物は工場で作られるんじゃない | トップページ | 『ラビット・ホール』悲しみとの付き合い方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/53173408

この記事へのトラックバック一覧です: ただの感染モノじゃないよ『コンテイジョン』:

» コンテイジョン [LOVE Cinemas 調布]
『インフォーマント!』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が未知のウィルスの発生からパンデミックそしてワクチンの生産までを描いたパニックムービー。注目すべきはその豪華な出演陣だ。マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレットといった主役クラスの俳優の迫真の演技に惹き込まれる。... [続きを読む]

» コンテイジョン / Contagion [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click マット、ジュード、マリオン、ケイト、グゥイネス、フィッシュバーン。 豪華キャスト出演times;スティーヴン・ソダーバーグ監督の感染パニック・サスペンス ※CONTAGION=接触感染、伝染病の意。転じてr...... [続きを読む]

» コンテイジョン [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:CONTAGION(接触感染)。スティーヴン・ソダーバーグ監督、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス ... [続きを読む]

» コンテイジョン [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
コンテイジョン(マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン出演) [DVD]新種のウィルスの恐怖を豪華キャストで描く群像ドラマ「コンテイジョン」。素 ... [続きを読む]

» 「コンテイジョン」伝染るんです。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[コンテイジョン] ブログ村キーワード  “豪華6大スター共演!”スティーブン・ソダーバーグ監督が、未知のウイルスがもたらす恐怖を描いた本作「コンテイジョン」(ワーナー・ブラザース)。いやあ、恐いって!背筋は冷たくなるし、見終わったら無闇に咳できんようになっちゃいましたわ。  香港出張からミネソタの自宅へ戻ったベス(グウィネス・パルトロウ)は、風邪のような症状とひどい頭痛を訴え、夫・ミッチ(マット・デイモン)の目前で痙攣を起こし倒れ、病院へ運ばれる。しかし、医師たちは見たこともない症... [続きを読む]

» 【映画】コンテイジョン (ちょいとネタバレあり) [映画鑑賞&洋ドラマ日記]
JUGEMテーマ:洋画 今日はマット・デイモン主演である本作品を見てまいりました ある女性がウィルスに感染した状態で香港から帰ってきた。 そのウィルスは症状発生後、ほぼ100%で死に至る。 しかも感染力も高い。 世界を巻き込みながら被害は拡大していった。 果たして世界はどうなってしまうのか?? と簡単に言えば、こういうお話。 パンデミックものですね 描写としてはエンターテイメントというよりはドキュメンタリータッチで描かれています よくある。 ゾンビになったり狂暴化するとかではなく、死に至るウィルス... [続きを読む]

» 『コンテイジョン』 今これを観る意義 [映画のブログ]
 世界人口の約50%が感染し、25%が発症し、死亡者は2,000万人以上(5,000万人とも1億人とも)と云われている。世界人口が18〜20億人の時代に、なんと大きな数字だろう。  1918年〜19年に猛威を振るったスペ...... [続きを読む]

» 映画:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい? [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
スティーヴン・ソダーバーグといえば、自分的には「映画マニア」の印象が強い。 長編デビュー作「セックスと嘘とビデオテープ」で史上最年少パルム・ドール。 その後、撮る映画の方向性が2方向に別れる。 「アウト・オブ・サイト」「エリン・ブロコビッチ」「トラフィ...... [続きを読む]

» コンテイジョン/豪華キャストで技巧派映画 [映画感想 * FRAGILE]
コンテイジョンContagion/監督:スティーブン・ソダーバーグ/2011年/アメリカ 主役級は全員アカデミー賞(級)などと言われていますが、それは俳優だけではないのです。 全員アカデミー賞受賞者だったらこの見出しももっとスッキリするのですが、こればっかりはしょうがないです。「コンテイジョン」、最初に予告を見た時、「この豪華キャストでいまどきパンデミック映画?!」と驚いたものです。もう、この映画は、おもしろいとかおもしろくないとかはおいといてとりあえず「知ってる顔がいっぱい出てきてウワーイ... [続きを読む]

» コンテイジョン/豪華キャストで技巧派映画 [映画感想 * FRAGILE]
コンテイジョンContagion/監督:スティーブン・ソダーバーグ/2011年/アメリカ 主役級は全員アカデミー賞(級)などと言われていますが、それは俳優だけではないのです。 全員アカデミー賞受賞者だったらこの見出しももっとスッキリするのですが、こればっかりはしょうがないです。「コンテイジョン」、最初に予告を見た時、「この豪華キャストでいまどきパンデミック映画?!」と驚いたものです。もう、この映画は、おもしろいとかおもしろくないとかはおいといてとりあえず「知ってる顔がいっぱい出てきてウワーイ... [続きを読む]

» コンテイジョン [映画的・絵画的・音楽的]
 『コンテイジョン』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作は、マット・デイモンが出演するのだから、これまでの作品(『アジャストメント』とか『ヒアアフター』など)からしても、そんなに外れることはないだろうと見込んで映画館に行きました。  でも、その期待は大...... [続きを読む]

» ■映画『コンテイジョン』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
この映画を観た後は、電車の中などで咳をしている人を見かけると思わず顔を背けてしまいそうになる映画『コンテイジョン』。 あるウィルスが発生し、そのウィルスがパンデミックしていく様子を、患者(とその家族)、医療従事者、ジャーナリストなどの視点から描いています。... [続きを読む]

» 「コンテイジョン」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「トラフィック」「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督最新作。高い死亡率を持つ謎の感染症の蔓延により、パニックに陥る人々の姿を描くディザスター&スリラームービー。    海底に生息する巨大クリオネの化け物や、カレーの国の岩男とは違い、明... [続きを読む]

» 映画『コンテイジョン』を観て [kintyres Diary 新館]
11-72.コンテイジョン■原題:Contagion■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ソダーバーグ□脚本:スコット・Z・バーンズ□編集:スティーヴン・ミリオン□美術:...... [続きを読む]

» 映画:コンティジョン [よしなしごと]
 バイオもの好きなんですよね。少しだけですが大学時代や仕事でも携わったことがあるからでしょうか。アウトブレイクがとてもおもしろかったと言うこともありますけれど。と言うわけで、久々のバイオものの映画、コンテイジョンを見てきました。。... [続きを読む]

» 映画:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい? [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
スティーヴン・ソダーバーグといえば、自分的には「映画マニア」の印象が強い。 長編デビュー作「セックスと嘘とビデオテープ」で史上最年少パルム・ドール。 その後、撮る映画の方向性が2方向に別れる。 「アウト・オブ・サイト」「エリン・ブロコビッチ」「トラフィッ...... [続きを読む]

» 「コンテイジョン」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「トラフィック」「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督最新作。高い死亡率を持つ謎の感染症の蔓延により、パニックに陥る人々の姿を描くディザスター&スリラームービー。    海底に生息する巨大クリオネの化け物や、カレーの国の岩男とは違い、明... [続きを読む]

» 「コンテイジョン」 情報パンデミック [はらやんの映画徒然草]
タイトルの「コンテイジョン(CONTAGION)」は「接触感染」という意味らしい [続きを読む]

» コンテイジョン (Contagion) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 スティーヴン・ソダーバーグ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ/アラブ首長国連邦 106分 サスペンス 採点★★★ 震災の時、整然と列を作って水や食料を求める被災者の姿に「日本人スゲェ!」って称賛の声が上がりましたが、あの時の事を思い出してみる…... [続きを読む]

« 『フード・インク』食べ物は工場で作られるんじゃない | トップページ | 『ラビット・ホール』悲しみとの付き合い方 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ