twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『未来を生きる君たちへ』許すことをどうか忘れないで | トップページ | いま、観ておきたい!『がんぱっぺ フラガール!〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜』 »

2011年11月 3日 (木)

『リミットレス』限界を超える副作用!?

Photo

リミットレス


★★★★(4.8)


脳の機能を100%活性化させる謎の新薬!
末に待つのは堕落か、成功か。


ベストセラー「ブレイン・ドラッグ」を映画化。

とても好きなジャンルです。

サスペンス・アクションというのか、SFちっくなスパイスもあり。


スランプに見舞われている、半分アル中の作家エディが、ある日、

脳の機能を100%活性化させるという錠剤「NZT48」を手にします。


恋人にも去られ、作品もまったく進まないため

半信半疑で試しに服用してみると、あらあら、不思議。


一夜で長編小説を書き上げてしまい、

投資や株取引でひともうけして、ビジネスの世界に進出。

何カ国語も自由に操り、去っていった恋人ばかりか、

パーティーでもモテモテの人物に。

序盤、まるで浮浪者のような作家時代と、
薬を飲み始めてからの高級スーツを着こなす、ビジネス界のエグゼクティブという
落差のある主人公を

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』の
ブラッドリー・クーパーが演じているのですが、

これがすごくハマっています。
『ハングオーバー』のようなコメディから、『バレンタインデー』のようなラブコメまで
演じ分けられる彼本人みたいです!?


しかし、そんな過激なお薬ですから、やはり過激な副作用も待っていて・・・。

猿の惑星創世記』や

『レナードの朝』 、小説「アルジャーノンに花束を」でも

必ず、反動というのは来ていましたね。


たとえ、今まで20%しか使っていない脳を

100%に使うことができたとしても、

その作用に肉体的にも、心理的にもついていけてない。


いのちの早送り、みたいな感じもします。


薬には必ず副作用があります。

ホント注意しなくてはいけませんね。


この映画、薬が効いていく過程と、薬が効いている最中の映像の見せ方が

ものすごくうまいと思います。


服用した瞬間、

ブラッドリー・クーパーの蒼い目にズームしていって、

瞳がぐんと澄んでいって、

がぁっと瞳孔が開いていって。

また、万能モードのときの、N.Y.の街並を駆け抜けていく、

というより、建物でも何でも突き抜けていく見せ方も、

薬の効能が分かりやすいんじゃないかと思います。

まさに、リミットレスです。


なるほど、と。


微妙なラストも含め、観る側の
イマジネーションがかき立てられました。


昨今、オリジナルの作品が少なく、

原作モノの映画化ばかりの印象がありますが、

原作が好きで、さらに映画も好きになれる作品や

原作以上の衝撃を与えてくれる作品は、そう多くはありません。


映画館の大きなスクリーンで、

しかも、ほぼド真ん中のぜいたくな席で
(レディースデーの昼の回なのに結構すいてました。)

観ることができてよかったです。


まったく余談ですが、
『ハリーポッター』シリーズや、中村義洋が監督する伊坂幸太郎作品などは
作品の持つ世界観や空気感が、自分の想像どおりか、
もしくは、はるかにその上をいってるところが
映画化されても、両方とも好きでいられる理由かもしれません。


↓ロバート・デ・ニーロがエディを引き抜くビジネス界の大物役として出ていました。
こちらはちょっぴり悲しいお話ですが。

↓クスリは怖い。それがすごくよく分かる作品

↓この映画のブラッドリーが好きです。


リミットレス@ぴあ映画生活

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic Movie Life


にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『未来を生きる君たちへ』許すことをどうか忘れないで | トップページ | いま、観ておきたい!『がんぱっぺ フラガール!〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/53173374

この記事へのトラックバック一覧です: 『リミットレス』限界を超える副作用!?:

» リミットレス [LOVE Cinemas 調布]
アラン・グリンのベストセラー『ブレイン・ドラッグ』の映画化。通常は20%しか使用されていない脳を100%活性化させる新薬を手に入れた主人公が辿る人生を描いたサスペンスドラマだ。主演は『ハングオーバー!』のブラッドリー・クーパー。共演にオスカー俳優ロバート・デ・ニーロ、『エンジェル ウォーズ』のアビー・コーニッシュらが出演。監督は『幻影師アイゼンハイム』のニール・バーガー。... [続きを読む]

» 映画『リミットレス』を観て [kintyres Diary 新館]
11-66.リミットレス■原題:Limitless■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:105分■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ニール・バーガー□脚本・製作:レスリー・ディクソン□撮影:ジョー・ウィレムズ□編集:ト...... [続きを読む]

» リミットレス [だらだら無気力ブログ!]
NTZ48、いるかいらないかって言われたら、そりゃ欲しい!! [続きを読む]

» リミットレス 批評 脳を100%活用∑ヾ( ̄0 ̄;ノ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
リミットレス観ましたよ~(◎´∀`)ノ アラン・グリンのベストセラー『ブレイン・ [続きを読む]

» 映画「リミットレス」批評 脳を100%活用∑ヾ( ̄0 ̄;ノ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
リミットレス観ましたよ~(◎´∀`)ノ アラン・グリンのベストセラー『ブレイン・ [続きを読む]

» リミットレス [いやいやえん]
元々小説家なのだから、私だったらちょこっとずつ飲んで傑作小説を何十本か出して引退するけどなぁ。印税で暮らしていけるんじゃない?って思うもん。ただ、欲には勝てないかもしれない。人間の普段使われてる20%... [続きを読む]

» リミットレス [新・映画鑑賞★日記・・・]
【LIMITLESS】 2011/10/01公開 アメリカ 105分監督:ニール・バーガー出演:ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、アビー・コーニッシュ、アンドリュー・ハワード、アンナ・フリエル 限界の、その先を超えろ! 作家志望のエディ・モーラは、出版契約を交わ...... [続きを読む]

» 『リミットレス』 [ラムの大通り]
(原題:Infestation) ----いやあ、ほんと久しぶりだニャあ。 ずっと、デスクに向かっていたみたいだけど。 「うん。 ある、映画のムックスに取り掛かっていて、それが2冊。 担当ページが計96ページ。 一ページ当たり、大体1,000文字で、 もう、寝食惜しまざるを得な...... [続きを読む]

» リミットレス [映画 大好きだった^^]
2011年公開作品。出演ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、アビー・コーニッシュ。「脳力」を武器に、実業界で暗躍するサクセスストーリー的なところをとりあえず楽しめ ... [続きを読む]

« 『未来を生きる君たちへ』許すことをどうか忘れないで | トップページ | いま、観ておきたい!『がんぱっぺ フラガール!〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜』 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ