twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 【番外編】『家政婦のミタ』にみた現代家族の形とグリーフワーク | トップページ | イノセントに生と死を想う『永遠の僕たち』 »

2011年12月28日 (水)

『サラの鍵』時を越えて、つながる2人の女性

Photo


サラの鍵


★★★★★

銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


過去ー現在ー未来、遠い昔のようでいて
つながっている、このいのち

観たのは12月に入ってからの試写会でしたが、

今年最後に、たいへん心を持っていかれた映画となりました。

『ブラック・スワン』みたいな、圧倒的な強烈な持っていかれ方ではなくて、

じわじわ、じんじん、しんしん、という具合でしょうか。


1942年のパリ。
『黄色い星の子供たち』という映画を観るまで知らなかった

悲しい出来事がありました。

ナチスの顔色をうかがうフランス政府は、自ら
フランスに住むユダヤ人たちを一斉に、強制的に検挙したのでした。

通称、“ヴェルディヴ事件”。


夜中に鳴り響くドアの音、
弟とはしゃいでいたサラ(メリュジーヌ・マヤンヌ)は、

ただ事ではないと、
とっさの判断で、弟を納戸の中に隠します。

その鍵を握りしめて連行されるサラと、パパとママ。

すぐに戻れるはずと信じて。


『黄色い星の子供たち』を見たばかりだったので、

それからのヴェルディヴ(冬季競輪場)の内部や

強制収容所のくだりは、知ってはいても胸が苦しくなりました。


でも、苦しくて、つらくて、悲しいだけじゃないのが、

この映画のすばらしいところなんですけど。。。

<ちょっとネタバレしています>


一方で描かれる、現代のパリに住むアメリカ人のジュリア(クリスティン・スコット・トーマス。
TV放映された『M:I』観ていたら、すぐにやられちゃうスパイでしたけど、)の話


夫と娘と住むはずだったアパートに、
かつて、サラの家族が住んでいたことを知ります。

以来、サラの人生を巡り、真実を知ろうとするジュリア。


ヴェルディヴ事件のことを知って、
ホロコースト記念館にも出向き、衝撃を受けます。(そして、私も)

くしくも、45歳にして妊娠が分かったジュリア。

彼女の人生そのものも変容していくことになるのです。

この現代のジュリアの物語と、過去のサラの物語の織り交ぜかた、
とても自然で、絶妙でした。監督の手腕なのでしょうかね。すばらしい。

混乱せず、それぞれの物語に没頭して観ることができました。


そして、思います。

この2つの物語は、この2人の女性は、いったい、どこで交わるのだろう。


ラストに向かって期待が膨らんでいくのですが、
その手前にある衝撃…。

あの瞬間は、今年100本以上観た中でも、最も緊迫して、ハラハラした
瞬間だったかもしれません。

サラの人生っていったい、何だったのでしょう…。

彼女は毎日、何を考えて生きていたんでしょう…。

父や母や、多くの人たちが亡くなったことは、彼女はいつ知ったんでしょう…。

自分を責め続けた20数年間の人生。


今、ヴェルディヴがあったところには、フランス内務省の建物が建っているそうです。
そこには「道行く人よ、忘れるな!」と記された碑もあるとか。


サラに思いを馳せるジュリアは、新たないのちを育てることを決意します。

何とも皮肉なものですが
人類史上から見ても、とても悲しい、むごい出来事があったとしても、
その中を生き抜いてきた人たちがいて、今があるんだと思わされます。

確かに、深い悲しみの記憶は残りますけれども、
おいおいと泣く“あの人”と一緒に、私も涙しましたけれども、

観終わった後には、何だか不思議な温かさが心に残りました。

サラ役のメリジューヌ・マヤンスは、あの齢にして本格女優だわ…うん。


にほんブログ村 映画ブログへ

↓全世界300万部のベストセラーの原作、長編ですが、ぜひ読みたいです

↓こちらのほうが、より史実に基づいているかもしれません。
メラニー・ロランが演じた看護師も証言しているそう。

サラの鍵@ぴあ映画生活

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy http://twilog.org/uereiy
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
 Facebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 【番外編】『家政婦のミタ』にみた現代家族の形とグリーフワーク | トップページ | イノセントに生と死を想う『永遠の僕たち』 »

コメント

rose_chocolatさん、こちらこそいつもありがとうございます。

>幾層にも深く考察が可能で、しかも今の私たちも共感できる映画でした。

本当ですね!こんなにも心に響く映画を、この年に観ることができてよかったと思います。
また来年もよろしくお願いします!

こんばんは! Twitterではお世話になってます (*^_^*)
ブログお持ちだったんですね。 またお邪魔させていただきます。

メリュシーヌ・マイヤンスちゃんは名演技です。 これからが楽しみです。
幾層にも深く考察が可能で、しかも今の私たちも共感できる映画でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/53485304

この記事へのトラックバック一覧です: 『サラの鍵』時を越えて、つながる2人の女性:

» サラの鍵 [LOVE Cinemas 調布]
世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行してゆく。主演は『ずっとあなたを愛してる』のクリスティン・スコット・トーマス。監督はジル・パケ=ブランネールが務めた。... [続きを読む]

» サラの鍵 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Elle s'appelait Sarah (Bande originale du film de Gilles Paquet-Brenner)戦争中の悲劇をひも解く、ミステリー仕立ての社会派ドラマ「サラの鍵」。歴史告発というより、個人史として描いている。パリで ... [続きを読む]

» 【TIFF 2010】『サラの鍵』 (2010) / フランス [Nice One!! @goo]
原題:Sarahs Key / ELLE SAPPELAIT SARAH 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 出演:クリスティン・スコット・トーマス メリュシーヌ・マイヤンス ニエル・アレストラップ エイダン・クイン 公式サイトはこちら。(2011年12...... [続きを読む]

» 『サラの鍵』試写 (2回目鑑賞) [Nice One!! @goo]
昨年、第23回東京国際映画祭にて鑑賞した時の感動が忘れられずに、今もずーっと心に残る作品。 ようやく今週末、12月17日より一般公開となります。 まるで自分のことのように嬉しくて仕方がないのです。 そのサラに、ジュリアに、早く逢いたくて、試写会に行って来まし...... [続きを読む]

» 『サラの鍵』試写 (2回目鑑賞) [Nice One!! @goo]
昨年、第23回東京国際映画祭にて鑑賞した時の感動が忘れられずに、今もずーっと心に残る作品。 ようやく今週末、12月17日より一般公開となります。 まるで自分のことのように嬉しくて仕方がないのです。 そのサラに、ジュリアに、早く逢いたくて、試写会に行って来まし...... [続きを読む]

» サラの鍵 [食はすべての源なり。]
サラの鍵 ★★★★★(★満点!) 第23回東京国際映画祭 最優秀監督賞/観客賞W受賞 少女は弟を納戸に隠して鍵をかけた。 すぐに戻れると信じて―。 パリで暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリアは夫の祖父母から譲り受けたアパートが、かつてユダヤ人迫害事件でアウシュビッツに送られたユダヤ人家族のものだったことを知る。 一斉検挙の朝、その一家の長女サラは弟を納戸に隠して鍵をかけた。「絶対出てきてはダメ」という言葉を残して。 その後サラは収容所から脱出、サラは弟を助けることができたのか。 サ... [続きを読む]

» サラの鍵 ELLE SAPPELAIT SARAH [まてぃの徒然映画+雑記]
『黄色い星の子供たち』と同じ、フランスのユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」を題材にした作品。 1942年7月の早朝、突然警官がアパートを訪れ、スタジンスキ一家をはじめユダヤ人を連行する。サラ(メリュジーヌ・マヤンス)はとっさに弟ミシェルを納戸に隠し鍵をか...... [続きを読む]

» 『サラの鍵』 [ラムの大通り]
(原題:Elle sapplelait Sarah) ----これって、去年の東京国際映画祭で話題になった映画だよね。 「うん。周りで観た人のほとんどがベストとして推していた。 それを裏付けるかのようにこの作品は、 最優秀監督賞と観客賞をW受賞している。 さあ、どんな映画だ...... [続きを読む]

» 真実を知ること [笑う学生の生活]
21日のことですが、映画「サラの鍵」を鑑賞しました。 フランスで行われた ユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件で起きたある悲劇 現代 その謎を追うジャーナリスト 2つの時代から見せていく構成の巧さが光り ストーリー展開で引き込みますね この話は原作のあるフィクショ...... [続きを読む]

» サラの鍵 [映画 K'z films 2]
原題ELLE S'APPELAIT SARAH監督ジル・パケ=ブランネール出演クリスティン・スコット・トーマス メリュジーヌ・マヤンス ニエル・アレストリュプ エイダン・クイン フレデリック・ピエロ公開2011年 12月... [続きを読む]

» 『サラの鍵』:第18回大阪ヨーロッパ映画祭 [だらだら無気力ブログ!]
素晴らしくて見応えのある作品でした。 [続きを読む]

» 『サラの鍵』 [シネマな時間に考察を。]
決してサラを忘れぬように。 名前が歴史を語り継ぐ。 伝えることの意義を問う。 『サラの鍵』 2010年/フランス/111min 監督:ジル・パケ=ブレネール 出演:クリスティン・スコット・トーマス 戦時下にひっそりと咲く善意の花。 リンゴをありがとう、と。... [続きを読む]

» 映画『サラの鍵』を観て [kintyres Diary 新館]
11-86.サラの鍵■原題:Elle sappelait Sarah(英題:Sarahs Key)■製作年・国:2010年、フランス■上映時間:111分■字幕:斎藤敦子■料金:1,800円■鑑賞日:12月17日、新宿武蔵野館(新宿)□監督・脚本:ジル・パケ=ブレネール□脚本:セルジュ・...... [続きを読む]

» サラの鍵 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”と話し、ジュリアにサラのことを調べようとするのを止めるように言います。 第二次世界大戦を体験したパリの人々の間には、“知っていたとしても口にしてはいけない”、“目を向けてはいけない”というような、自らが罪を犯してしまったかのような後ろめたい空気があ... [続きを読む]

» サラの鍵 [映画、言いたい放題!]
脚本ゼミの仲間でやっている映画を観る会が 皆のスケジュールが合わず 今月はお休みです。 何となく淋しい気がして、 一人で映画を観る会を勝手に実行。 なーんて、一人で映画を観るのはよくあるのですがね。(笑) この作品は私が作品を決める回の時に観ようと思ったのですが... [続きを読む]

» 映画「サラの鍵」 [空想俳人日記]
 1942年のナチス占領下のパリ。そこでのユダヤ人迫害。  夫と娘とともにパリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリアは、自分たちのアパートのかつての住人が、そのフランス当局によるユダヤ人迫害事件でアウシュビッツに送られたユダヤ人家族だったことを知る。  そうし... [続きを読む]

» サラの鍵 [いやいやえん]
フランスでユダヤ人が迫害されていたという事実。そういう事実があったことは知ってはいましたが、詳しくは知らなかった自分が恥ずかしいですね。とてもよく出来ている作品でした。 現代、ジャーナリストのジュリアは、夫が祖父母から譲り受けたアパートに、かつてユダヤ人家族が住んでいたことを知る。過去、ユダヤ人一斉検挙の朝、少女サラは弟を納戸に隠して鍵をかける。 「サラの鍵」とは、ユダヤ人の一斉検挙が行われた際、サラが弟をとっさにかくまった納戸の鍵のこと。すぐに帰れると思っていたサラが何気なく取ったこの... [続きを読む]

» DVD:サラの鍵  ヴェルディヴ事件を追う女性記者が、少女サラを通して辿り着く真実とは。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
1942年、ナチス占領下のパリ。 ユダヤ人一斉検挙がフランス警察によって行われ、競輪場に集められ迫害を受けた後、収容所に送り込まれ 死に追いやられていた。 この重い事実をネタにした映画(ヴェルディヴ事件) 最近でいうと「黄色い星の子供たち」 LA RAFLE(2011-07-...... [続きを読む]

« 【番外編】『家政婦のミタ』にみた現代家族の形とグリーフワーク | トップページ | イノセントに生と死を想う『永遠の僕たち』 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ