twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月に作成された記事

2012年1月19日 (木)

これが2人の生きた道『マイウェイ 12,000キロの真実』

Photo


マイウェイ 12,000キロの真実


★★★★☆


かつてないスケールの戦争映画であり
2人の男のプライドと感情がぶつかり合う映画

第2次世界大戦末期、朝鮮半島から旧満州のノモンハン、旧ソ連、そしてフランス・ノルマンディー。
約12,000キロを、生き抜いた2人の男の話。

もともとは、アメリカ国立公文書館に保管されていた、
ノルマンディー上陸作戦後のドイツ軍捕虜の写真に
1人の東洋人が写っていたことがきっかけになったトゥルーストーリーです。

当時のドイツ軍には、東方部隊といって中央アジアや朝鮮、日本の捕虜たちが
多くいたそうです。

その1枚の写真のことを追ったドキュメンタリーを見て
映画化を決めたのが、『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ監督。

その監督がチャン・ドンゴンとともに、ほれにほれ込んで、
抜擢したのが、オダギリジョー。


2人は、かなり過酷な撮影だったようですが、
こういうのを、「運命のいたずら」というんだろうなという
ストーリーを熱く、熱く、演じていました。


ラストは、わかっていても(泣)です。

続きを読む "これが2人の生きた道『マイウェイ 12,000キロの真実』" »

2012年1月12日 (木)

『パーフェクト・センス』不完全な感覚、完全な融和

Photo_2

『パーフェクト・センス』

★★★★☆


新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


パンデミックの中で始まった
完全なるラブストーリー

主演は実力派ユアン・マクレガーと、『007/カジノ・ロワイヤル』のヒロイン、エヴァ・グリーン。

ですが、万人受けはしないと思います。


“SOS”と命名された原因不明の奇病が、世界中に広がっていくのですが、
『コンテイジョン』みたいな、パニックと恐怖の蔓延というわけではなく
『28日後...』
みたいな、感染者に襲われたら最後というようなホラー要素もないのですが

たいへん怖いのです。

何が怖いかって、

この映画に出てくる“SOS”とは、直接的に命を奪わうわけではないけれども、
嗅覚、聴覚、視覚といった人間の五感を次々と奪い去っていくものだから・・・。


それがまず、症状として表れるのは、突然の「悲しみ」の到来。

どこもかしこも、誰も彼もが、ふいに立ち止まり、
生涯の中で遭遇したもっとも悲しい出来事に支配されてしまって、
おいおいと涙を流し始めるんです。

そして、なぜか奪われていく嗅覚。


においが分からなくなるってどうなんでしょうね。
嗅覚ぐらい、大したことない、なんてことはありません。

大好きな人のにおい、おいしそうな食べ物のにおい、
おひさまのにおい、いやしをくれるアロマのにおい

分からなくなったら、それはそれでイヤです。
特に、主人公のマイケルはレストランのシェフですから、仕事にも支障をきたします。

一方、スーザンは、重症嗅覚障害症候群、通称“SOS”と名付けられたこの病気の
原因究明を迫られる科学者でした・・・。

続きを読む "『パーフェクト・センス』不完全な感覚、完全な融和" »

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ