twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『ドラゴン・タトゥーの女』の成長の物語 | トップページ | 『TIME/タイム』イズ・マネーの世界にようこそ »

2012年2月17日 (金)

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』存在に、人は救われる

Photo_2


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い


★★★★★


9.11で最愛の父親を失った少年の、
ちょっぴり変わった“グリーフワーク”を描く

ものすごくうるさくて、
ありえないほど近い

Extremely loud
and Incredibly close


なんちゅうタイトルだと最初は思ったのですが、映画を観て、
原題そのまんまをうまく翻訳しているんだと思ったら、しっくり来ました。

これはヤバイです。

すばらしい映画です。


愛する人を失ったつらさ。

喪失との折り合いのつけかた。

主人公の少年の成長。

家族の愛。


この映画から、たくさんのことを受け取りました。

震災以後の私たちのこころに、確実に何かを残してくれると思います。

あの少年は何なんですか、いったい。

主人公のオスカーを演じた彼、トーマス・ホーンくん

クイズ番組のチャンピオンになった彼を、監督がスカウトしたらしいんですが、
めちゃくちゃ頭がいいうえに

とても初めての演技とは思えないのです。


そのオスカー少年、

 自分の好きなことに没頭する。
 感覚が鋭敏。
 自分なりのルールや基準を遵守する。
 幾何学的な発想が豊かで、知能は高い。
 相手の反応はおかまいなしに話し続ける。

うーん、やはりアスペルガー症候群などの広汎性発達障害ぽい感じを受けますが、

診断は不確定。

その辺りがあいまいなのは、
もしかしたら、オスカーが自分の殻に閉じこもらないように
ユーモアたっぷりに育ててくれた
父親(トム・ハンクス)との関係が影響していたのかもしれません。


そんなオスカーに、
この最悪な出来事をどうやって説明してあげたらいいのでしょう?

からっぽの棺でお葬式なんて、意味がない、と彼は考えています。

そうかといえば、父親からの留守電を何度も聞き直し、何かを確認するかのようでもあります。


理解できないことがたくさんあったからこそ、

大好きだった父が遺してくれた鍵と

「ブラック」と書かれた封筒を手に、

ニューヨーク中を駆け回って、ニューヨーク中のブラックさんを訪ね回って

とりわけ多くの、時間と手間が彼には必要だったんだと思うのです、たぶん。

独特な感性を持つ彼だからこそ、ちょっと遠回りをしなければならなかったけれど、

それはどうしても必要な遠回りでした。

そして、オスカーの喪の「語り」に、
耳を傾ける、言葉を話せない間借り人(マックス・フォン・シドー)。

無言でも、ただ寄り添う。

付き合う。

受け入れる。


彼の存在の意味は、すぐにピンとはくるのですが、

同じ大きな喪失の体験者であることも、だんだん分かってきます。

私自身が子どものころに経験した喪失感と向き合うとき、

なぜ、私の親は何もしてくれなかったんだろうと、そればかり考えていた時期がありましたが、
でも、今なら分かります。

彼ら自身も、喪失の悲しみや苦悩を自分自身で何とかすることが
精いっぱいだったんだと、今になってしまえば理解することができます。

それがあまりにも突然であれば、余計に。


しかし、オスカーの母親(サンドラ・ブロック)は、彼の行動を受け入れて、
共にグリーフワーク(喪の作業)を進めることを選んでいきます。

これはとても勇気のいることだと思うし、

その母親の愛にも、涙が止まりませんでした。

映画を観ながら、これほど激しく感情が揺れ動かされ、

胸が苦しくて苦しくてたまらなくなったのは
同じニューヨークが舞台の『プレシャス』以来かもしれません…。

でも、ただ悲しいばかりではないんです。

温かい涙も存分に流させてくれるのが、この映画のすごいところなのです。

最後に、
この映画とは、まったく関係ないようでいて、ちょっぴり関係あるかもしれないことについて、

“いのちの尊厳”について考えてみました。


3.11を経験した国、未曽有の原発事故がまだまだ続いている国、
自殺者3万人という国において

生と死ということ、いのちということ

生死の教育というか、いのちの授業というか、

あるいは、喪失と向き合うことを教える教育がそろそろあってもいいんじゃないかなと。


虐待の数が、昨年は過去最高だったそうですが、
そういうものこそ、今の日本には必要なのではないかと思ったりしました。


↓スティーブン・ダルドリー監督が見つけてくる少年は、まず、まちがいない!

↓エリック・ロスの脚本&トム・ハンクスも、まず、まちがいない!


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@ぴあ映画生活

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy http://twilog.org/uereiy
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『ドラゴン・タトゥーの女』の成長の物語 | トップページ | 『TIME/タイム』イズ・マネーの世界にようこそ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/53911492

この記事へのトラックバック一覧です: 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』存在に、人は救われる:

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 [映画のブログ]
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ...... [続きを読む]

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [ラムの大通り]
(英題:Extremely Loud Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud [LOVE Cinemas 調布]
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のエリック・ロスが脚本を務めるという超豪華な布陣だ。主演のトーマス・ホーンの熱演にも注目!... [続きを読む]

» 少年の一歩 [笑う学生の生活]
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(試写会) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE [まてぃの徒然映画+雑記]
9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。 オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。父...... [続きを読む]

» 映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud Incredibly Close  [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、その後遺症から立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとする...... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/僕の小規模な冒険 [映画感想 * FRAGILE]
ものすごくうるさくて、ありえないほど近いExtremely Loud and Incredibly Close/監督:スティーブン・ダルドリー/2011年/アメリカ 美しく飾られた、悲劇の結末。 試写会で見ました。トム・ハンクスには特に思い入れとかなくて、なにがいいのかいまいちわからん俳優だなあと思っていました。サンドラ・ブロックにも特に思い入れないです。タイトルが面白くて見たというかんじね。 あらすじ:9.11で父親を亡くした子供が、父の遺した鍵の秘密をさぐります。 主人公はオ... [続きを読む]

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [こねたみっくす]
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [悠雅的生活]
1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。 [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [ハリウッド映画 LOVE]
原題:Extremely Loud and Incredibly Close監督:スティーブン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、etc...ものすごく繊細で、ありえないほどの愛情 (が、いっぱい。。。)... [続きを読む]

» 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を駆け巡る息子オスカーと彼に関わる人々を描いた感動の物語。 原作は、2005年にアメリカ人作家ジョナサン・サフラン・フォアが出した小... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [Akira's VOICE]
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。   [続きを読む]

» 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画??』なんて思ったりしたんですが、いやいやどうして、なかなかの感動作でございましたよ。しかし、このタイトルは憶えられんな~(^^;。  9.11のアメリカ同時多発テロで突然、最愛の父・トーマス(トム・ハンクス)を亡くした少年・オスカ... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(Extremely Loud and Incredibly Close) [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>> 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。 ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に...... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [風に吹かれて]
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [だらだら無気力ブログ!]
タイトルが長すぎるよ! [続きを読む]

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー...... [続きを読む]

» 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 [FREE TIME]
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» ■映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
過去、鑑賞中に一番泣いた映画は何かと言うと、間違いなく『リトル・ダンサー』という作品です。 イギリスの炭坑街出身のバレエ・ダンサー、ビリー・エリオットを描いた、スティーヴン・ダルドリー監督作です。 単純に“悲しい”とか“感動する”という感情とも違うのですが、... [続きを読む]

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [こねたみっくす]
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [映画的・絵画的・音楽的]
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで...... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前もっていろいろ調べたりとかはしないことが多いです) タイトルを見たときに最近のコメディー系のライトノベルによくあるようなタイトルだなと思ったことから、笑える感じのコメディーだと勝手に思っていたら、いい意味で全く正反対でした。 しかもオスカーが言う“最悪の日... [続きを読む]

» シネトーク103『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』●少年に感情移入できるかどうか [ブルーレイ&シネマ一直線]
面白い映画には愛を捧げ、そうでない映画には鉄槌を下す てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のちょい気になることシネ言 「チケットを買う時『ものすごく近くて、ありえないほどうるさい』を1枚!と言ってしまった・・・・」 シネトーク... [続きを読む]

» 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 ジョナサン・サフラン・フォア原作の小説を、「愛を読む人」のスティーブン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック出演で映画化。  アメリカ同時多発テロ事件で父を亡くし、心を閉ざした少年。ある日、遺品の中から鍵の秘密見つけた彼は、その秘密を解き明か... [続きを読む]

» 映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て [kintyres Diary 新館]
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハンクス(ト...... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [銀幕大帝α]
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) −監督− スティーヴン・ダルドリー −原作− ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 −出演− *トム・ハンクス…トーマス・シェル 過去出演...... [続きを読む]

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [いやいやえん]
あの日は、TVのチャンネルがどこもビルの崩壊を映していて異様に思っていた。何が起きたのかよくわからなかったし、テロだといわれても実感がなかった。幸い知り合いも誰もいないので切羽詰まった心配をすることはなかったが、歴史に残る大惨事となってしまった。 誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストーリーだ。 序盤の少年は、傍若無人で悲劇の... [続きを読む]

» 映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [よしなしごと]
 ネットでは感動したという書込が多く、評判上々の作品、ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのレビュー記事です。。 [続きを読む]

» 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 [はらやんの映画徒然草]
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて [続きを読む]

« 『ドラゴン・タトゥーの女』の成長の物語 | トップページ | 『TIME/タイム』イズ・マネーの世界にようこそ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ