twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『ヤング≒アダルト』身も心もイタいのは、やがて治まります。 | トップページ | 人間、いくつになっても『人生はビギナーズ』 »

2012年3月17日 (土)

『マーガレットサッチャー 鉄の女の涙』の理由(わけ)

Ironlady_3

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

★★★★4.2

単なる伝記映画じゃない。
普遍的な“老い”を描いた物語

現在86歳、認知症が公表されている元英国首相マーガレット・サッチャーを、
アメリカを代表する名女優メリル・ストリープが演じた人間ドラマです。

彼女は、ご存じのとおり

昨年、『英国王のスピーチ』で吃音症だったジョージ6世を演じ
アカデミー賞主演男優賞に輝いたコリン・ファースから
「『マンマ・ミーヤ!』での共演、楽しかったよね〜」と振られながら
見事、3度目の同賞主演女優賞を獲得しています。

来日時には記者会見にもおじゃましまして、
とても気さくで、ユーモアがあり、
丁寧に言葉を選んで話す様子に
「さすが、メリル━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と感銘を受けたばかり。

改めてメリル・ストリープのすごさ、大きさを実感している今日このごろです。

 

それで、映画のほうはといいますと、

認知症により、とぎれとぎれになってしまった

彼女の記憶からなる過去の回想と

がんで先に他界した夫デニスが現れる幻想の世界、

そして、時折、正気にふと戻る現実が、混在して描かれていきます。

スカッとはしません。笑顔にもなりません。

私は全編にわたり、ただ、ただ、胸が締めつけられるような、せつない気持ちになっていました。

誰であっても、たとえ鉄の女であっても、

“人は老いる”という、儚さを感じていました…。

物心ついたころから、英国初の女性首相であり、「鉄の女」であり、
新自由主義、小さな政府を目指し、
フォークランド紛争で国民の支持を得たものの、
失業者を増やし、格差を拡大させたり、
イギリスの医療制度NHSを改革(改悪?)した、自由診療を持ち込んだ
という印象がありますが、

政治家として何をしたかは、今は、まあ置いといて、

いくら強く賢き、闘う女性であっても、

やがて人は老いていくのだ

子どもたちは巣立ち、

やがては伴侶を失っていくのだ…ということを痛感させられました。

終盤からラストにかけてのシーン、すごかった!

メリル、本当に“恍惚の人”のようでした。

また、来日記者会見で思い出される、

「サッチャーは決してフェミニンさを捨てていたわけではなかったんです。
ハンドバッグや華やかなブラウスを好んで身につけていました。
ただ、女の弱みともいえる涙や笑顔を封印しただけ。
だからこそ、鉄の女と呼ばれたんだと思います」

というメリルの言葉も、1つ物語っています。

涙や笑顔は、女性の弱さでもあると同時に、
使いようによっては「武器」にもなったはずなのですが、
彼女はそれらをあえて封印していました。

「毎日毎日、闘わなかった日など1度もない」のに
武器としては使わなかったんですね。

そうした彼女の闘う“外の顔”を支えていたのは、

夫のデニスのユーモアや、
2人の何気ない語らいであったことも描かれていて、

その点もまたせつないものがあるわけです。

そのデニス役といえば、
アルツハイマー病で亡くなった英国の作家アイリス・マードックを描いた『アイリス』でも
夫を演じていたジム・ブロードベント、

その彼だったのもまた、くるものがありました。

もう見るからに柔和な感じで。

ハリポタ世代には、スラグホーン先生としてのほうが有名ですかね。

実際の彼女はどうであれ、

人は必ず老いていくこと、

伴侶とも子どもとも、いつか別れがくること、

称賛や(軽蔑や怒り)、築いた功績や(失敗)、財産は

いずれ過去のものとなること、

この現実だけは、いくら「鉄の女」であっても抗うことなどできない

ということを、今一度、思い知らされる映画であると思います。

最後に、彼女が発した印象的な言葉を。

「考えが言葉になり、言葉が行動になる。

行動は習慣に、習慣は人格に、人格は運命になる。

 

だから、何を考えるかが大事なのだ」

しかと、心に受け止めたいと思います。

↓フィリダ・ロイド監督とのコンビ作。ABBAは大好き!

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙@ぴあ映画生活

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy http://twilog.org/uereiy
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『ヤング≒アダルト』身も心もイタいのは、やがて治まります。 | トップページ | 人間、いくつになっても『人生はビギナーズ』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/54094388

この記事へのトラックバック一覧です: 『マーガレットサッチャー 鉄の女の涙』の理由(わけ):

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/The Iron Lady [LOVE Cinemas 調布]
第84回アカデミー賞で主演のメリル・ストリープが3度目のオスカーを獲得した作品。イギリス初の女性首相として“鉄の女”と呼ばれるほどの強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの首相時代と晩年の姿を交互に描き出す伝記ドラマだ。共演に『家族の庭』のジム・ブロードベント。監督は『マンマ・ミーア!』のフィリダ・ロイドが務めている。... [続きを読む]

» 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」観に行ってきました。 イギリス初の女性首相であるマーガレット・サッチャーの豪腕政治と知られざる素顔にスポットを当てた、メリル・ストリープ主演の人間ドラマ作品。 2008年に長女のキャロル・サッチャーにより認知症を患っている事実が公表された、イギリス元首相マ... [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [地方者の映画ブログ]
------------------------------ 2012年 イギリス映画 105分 原題:The Iron Lady 年齢制限:無 監督: フィリダ・ロイド 脚本: アビ・モーガン 字幕: 戸田奈津子 ------------------------------ Ladies and Gentlemen!! 紳士淑女の国、イギリス... [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [労組書記長社労士のブログ]
【=15 -0-】 昨日、無事に当労組の春闘が妥結した、賃金制度維持が精一杯だったが、委員からはよくやったと褒めて貰えている、でも・・・。 で、この映画、メリル・ストリープがアカデミー賞で主演女優賞を受賞したことで見たくなった。 しかしサッチャーという人に関して...... [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/妥協するな、と彼女は言った [映画感想 * FRAGILE]
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙The Iron Lady/監督:フィリダ・ロイド/2011年/イギリス 独りでなんて、生きていけないのに。 試写で見たのですが、後半ちょっとうとうとしてしまったので劇場にも見に行きました。2回目見たときはもう泣いてしまってたいへんでしたね。映画の出来としては完璧ではないというか、悪いところも散見されるのですが、それとこれとは別ですからね…。 あらすじ:英国初の女首相マーガレット・サッチャーが人生を振り返ります。 元首相マーガレット・サッチャー... [続きを読む]

» おじいちゃんが、いたりいなかったりします。「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」/ジム・ブロードベント [おじいちゃん映画 - 映画に出てくるおじいちゃんが好き]
試写と劇場で1回ずつ見ました。いやそんなにものすごく良く出来たいい映画っていうわけじゃあ、ないんですけれども、なんかね、見ちゃった。メリル・ストリープがメインのおばあちゃん映画ですが、おじいちゃんもなかなか良いのです。 「うちの奥さんです」 あのね、老女になったサッチャーが見る幻覚として出てくるおじいちゃんがさー、かわいいんですけど、それらのシーンの写真がぜんぜんないのね…。 おじいちゃんが、ピンクのストールを頭に乗せてみたり、クロスワードパズルを使って微妙に嫌味を言ってきたり... [続きを読む]

» 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 日英の大きなギャップ [映画のブログ]
 うまいオープニングだ。映画はあり得ないようなシチュエーションではじまり、観客をギョッとさせる。  なんと老いたマーガレット・サッチャーがスーパーのレジに並び、ミルクを買っているのだ。首相経験者...... [続きを読む]

» 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しております。いやあ、なりきってますね、ホントに。    かつて英国初の女性宰相として、国際政治の表舞台に君臨したマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)。老いて一線を退き、静かで孤独な余生を送る彼女には認知症の気が見られ、今は亡き夫... [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★闘いのトラウマと亡き夫の幻に翻弄される老女の物語”この物語の主人公は、首相時代のマーガレット・サッチャーではなく、政界から引退し年老いて認知症を患っているマーガレット・サッチャーだと自分は思っています。 冒頭のストアのシーンでは、単に牛乳を買うという極めて日常的な場面なのに、すでに時の人ではなくなってしまったことをうまく表しているように感じました。 また、若かりし彼女のもとにオクスフォード大学の合格通知が届いた時に、父親は大喜びでしたが、母親は洗い物の最中で手が濡れてるからと言... [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [風に吹かれて]
鉄の女も認知症公式サイト http://ironlady.gaga.ne.jp監督: フィリダ・ロイド  「マンマ・ミーア!」夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めて、マーガレット( [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/THE IRON LADY [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>> 1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党の マーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。 “鉄の女”の異名を取るサッチャーは、財政赤字を解...... [続きを読む]

» 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」□監督 フィリダ・ロイド□脚本 アビ・モーガン□キャスト メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、       スーザン・ブラウン、ニック・ダ...... [続きを読む]

» 映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
11年もの間(1979〜1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存...... [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [Akira's VOICE]
切なさしか残らない!   [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/ THE IRON LADY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 主演のメリル・ストリープが英国女首相、マーガレット・サッチャーをそっくりに演じ アカデミー賞主演女優で3度目のオスカーをとった事でも話題。  おめでとー 監督は、ミュージカル映画「マンマ・ミー...... [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー [映画的・絵画的・音楽的]
 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クマネズミは、元来、伝記物は嫌いですが(取り上げる人物を美化するだけに終わってしまいますから)、この作品は、長年見続けてきているメリル・ストリープ(注1)がアカデミー賞主演女優...... [続きを読む]

» 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」まさに主演女優賞!文句ナシ [soramove]
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」★★★☆ メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント出演 フィリダ・ロイド監督、 105分、2012年3月16日公開 2011,イギリス,ギャガ (原題:The Iron Lady ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 第84回アカデミー賞でメリル・ストリープが主演女優賞を受賞。 また同時にメ... [続きを読む]

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [映画 K'z films 2]
Data 原題 THE IRON LADY 監督 フィリダ・ロイド 出演 メリル・ストリープ  ジム・ブロードベント  オリヴィア・コールマン  ロジャー・アラム  スーザン・ブラウン 公開 2012年 3月 [続きを読む]

» 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を観ました。 [みなと横浜みなみ区3丁目]
きょう、一斉封切りの「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を観た。イギリス史上初の女性首相として登場し、当時の混迷する社会・経済のなかで強固な政治方針を貫き通したマーガレット・サッチャーを、ハリウッ... [続きを読む]

» 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
12-32.マーガレット・サッチャー鉄の女の涙■原題:The Iron Lady■製作国・年:イギリス、2011年■上映時間:105分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:フィリダ・ロイド◆メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー)◆ジム...... [続きを読む]

« 『ヤング≒アダルト』身も心もイタいのは、やがて治まります。 | トップページ | 人間、いくつになっても『人生はビギナーズ』 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ