twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 語りが人を動かす『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 | トップページ | 命より大事なのですか?『レインメーカー』 »

2012年4月 1日 (日)

本気と演技を行ったり来たり『マリリン 7日間の恋』

Photo_2


マリリン 7日間の恋


★★★★

今年、没後50年を迎えるマリリンが
かつて、ある青年にだけ見せた本当の姿

ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』の撮影のために
イギリスを訪れたマリリン・モンロー。


慣れない異国の地での撮影、プレッシャー、

演技論の板挟み、

同行した夫アーサー・ミラーとの確執…。


そんななか
若き第3助監督と恋に落ちた7日間を描いています。

マリリン・モンローといえば、

「君だけのやる気スイッチ♪」ならぬ、

ノーマ・ジーンから切り替わる「マリリンスイッチ」なるものがあって、

あまりにもその切り替えの負荷が大きくなってしまったものだから、

心の均衡が崩れてしまった、

という印象を何となく持っていましたが、

この映画は、改めてそれをスクリーンで確認したかのようでした。


華やかな銀幕のスターについて
「僕だけが本当の彼女を知っている」という優越感、独占感は、

純真無垢な青年にとっては、
ものすっごい特別な感情に
なり得てしまうんじゃないかと想像します…

だから、

僕だけが君を守れる、みたいな錯覚(だと思います)に陥ってしまうんですよね〜。


でも、彼女は本気なんかじゃない、と思うんです。


いえ、その一瞬、一瞬は正直で、

彼からの無条件の愛と包容がほしくて

彼のイノセントさに憧れて

向けられたあの無邪気な笑顔は、本物だったかもしれないけれど、


のど元過ぎれば熱さ忘れる、かのような、


もはや、本気と演技、本音と建前のスイッチも、
おかしくなってしまって、容易に切り替わりやすくなって、

自分自身でも混乱してしまっているようにも、私には見えました。


やっぱり、ショービズの世界は怖い〜。


それでも、いったんマリリンスイッチが全開に入ってしまったら、

クライマックスで私たちがすっかり魅了されたような

あの、マリリンになり得てしまう。


賞賛と、憧憬と、嫉妬を一気に引き受けて

まるで、それこそドラッグのように陶酔しているものからは、

マリリン自身も、どこか逃れたいようでいて

逃れたくはなかったのだろうと思います。


そう思うと、彼女はドラッグ、アルコール、恋愛だけでなく、

女優(演じることそのものの)依存症だったのかもしれません。

ミシェル・ウィリアムズ演じるマリリンは、

マリリンにそっくりなりきるというよりも、

ミシェルなりのマリリン像を努力して作ったというか、

「演じる」という意味では、

すばらしい演じ方をしていたんじゃないかなと。


ほかのブロガーさん等も書かれていますが、

Should Win(獲るべき)主演女優賞は彼女だったんじゃないかと。

それは私も同感でした。

実際、ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門では受賞していますし。

(あ〜、でもヴィオラ・デイビスかな…。心情的には)


来日時、「スッキリ!!」に出演されていたのを見ましたが、
ショートカットがとってもキュートで、31歳には見えないし、

故ヒース・レジャーとの娘さんと義援金を集めて福島に寄付したそうなので、
ますますファンになりました。


また、
今、エマといえば、エマ・ストーンか、エマ・ワトソンかというくらいですが!?

ハリポタ以後に、いい作品選びをしてるなと思いました。
彼女、やっぱり頭がいいというか。
ミシェルのマリリンにひたすら圧倒されている彼を
じっとひたむきに待っている、ハーマイオニーとは正反対の、衣装係の彼女。

印象深く残っています。


↓実は恥ずかしながら、『王子と踊り子』は未見なので、
ぜひ近いうちに観てみたいと思います。

マリリン 7日間の恋@ぴあ映画生活


↓忘れてました!『ブルーバレンタイン』の夫役ライアン・ゴズリングとは
最初にこれで共演していた〜。


↓いくら大恋愛でも、こんな夫婦にならぬよう心したいものです!?


・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy 
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
よければFacebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 語りが人を動かす『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 | トップページ | 命より大事なのですか?『レインメーカー』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/54361697

この記事へのトラックバック一覧です: 本気と演技を行ったり来たり『マリリン 7日間の恋』:

» マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn [LOVE Cinemas 調布]
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ジュディ・デンチ、ドミニク・クーパーといった英国俳優が揃う。監督はサイモン・カーティス。... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋(試写会) MY WEEK WITH MARILYN [まてぃの徒然映画+雑記]
アメリカで大ブレイクして、世界中の憧れの的となったマリリン・モンロー、演じるのはミシェル・ウィリアムズ。演劇の本場、イギリスの名優ローレンス・オリヴィエから「王子と踊子」の出演オファーを受けてやってくる。映画業界に入ったばかりのコリン(エディ・レッド...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [映画 K'z films 2]
Data 原題 MY WEEK WITH MARILYN 監督 サイモン・カーティス 出演 ミシェル・ウィリアムズ  ケネス・ブラナー  エディ・レッドメイン  ジュディ・デンチ  エマ・ワトソン 公開 2012年 3月... [続きを読む]

» 『マリリン 7日間の恋』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナメイ...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [to Heart]
メイクを落として、 ヒールを脱いで、 それから―― 秘密の恋におちた。 原題 MY WEEK WITH MARILYN 製作年度 2011年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 100分 原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊) 監督 サイモン・カーティス ...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [風に吹かれて]
マリリンに恋をして [E:kissmark]公式サイト http://marilyn-7days-love.jpコリン・クラークの二冊の回顧録を基にした物語1956年、初の製作兼主演作「王子と踊り子」 [続きを読む]

» マリリン [映画的・絵画的・音楽的]
 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・...... [続きを読む]

» 『マリリン7日間の恋』 [ラムの大通り]
(英題:My Week with Marilyn) ----この映画って、 ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じているんだよね。 「うん。 それほど似ているとは思わなかったけど、 映画の中、つまり劇中劇での彼女は 本物そっくりの表情、しぐさ。 まあ、これで改めて確認した...... [続きを読む]

» 映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの...... [続きを読む]

» 映画『マリリン 7日間の恋』を観て [kintyres Diary 新館]
12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督:サイモン・カーティス◆ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロー)◆ケ...... [続きを読む]

« 語りが人を動かす『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 | トップページ | 命より大事なのですか?『レインメーカー』 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ