twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月に作成された記事

2012年5月26日 (土)

『私が、生きる肌』この中身に耐えられますか?

Photo_2

私が、生きる肌

★★★★★

歪みに歪んだグリーフワーク、
としか今は言えない

監督ペドロ・アルモドバル×主演アントニオ・バンデラス

女性賛歌3部作といわれる
『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー
ボルベール<帰郷>』や、
バッド・エデュケーション』なども好きな作品ですが、

バンデラスが出てた『アタメ』や『神経衰弱ギリギリの女たち』も観たことがありますので

22年ぶりのコンビ復活というのが、なんだか感慨深いです。

バンデラスは、人工皮膚の開発に執念を燃やす、天才的な形成外科医・ロデルという役。

“完ぺきな皮膚”といわれるその皮膚さえあれば、
妻は死なずに済んだ、という思いが彼を動かしていました。

ロベルは、ある人物にその人工皮膚を移植し、
亡き妻そっくりの美女を創造しようとするのです…。

しかし、でも、ちょっとこっから先は
難しい…。

何を書いてもネタばれになってしまいそうです。

この映画こそは、ネタバレは見ないで観に行ったほうがいい。
うん、そうするべき、と思います。

ただ1つ、いえることは

すごいものを観てしまった、ということ。

アルモドバルがさらにまたやっちまった、ということ。

 

続きを読む "『私が、生きる肌』この中身に耐えられますか?" »

2012年5月23日 (水)

『サニー 永遠の仲間たち』はベタでいい、ベタがいいんです

Photo


サニー 永遠の仲間たち


★★★★4.8


友情と笑いと涙が絶妙
このさじ加減が韓国風

映画を見終わり、その費やした時間を振り返って
すごく楽しかったと、
いい映画だったと、
心から満喫したと思えるものって、年に何本あるか、ないか。

これは間違いなく、その1本に入ります。

ベタな韓国映画は、好きなのです。

昨年の作品で、もっとも涙量が多かったのは『ハーモニー 心がつなぐ歌』であり、
今年になってからの鑑賞ではありましたが、
もっとも展開に息をのみ、ハラハラしたのは『アジョシ』だったんです。

この『サニー』もまた同様。

友情を描き、笑いと涙が絶妙に混ざり合い、
楽しいし、事件もある。そして、ラストにはカタルシスもある。

大変ベタではありながらも、大変満喫いたしました。

続きを読む "『サニー 永遠の仲間たち』はベタでいい、ベタがいいんです" »

2012年5月22日 (火)

『別離』思えば思うほど、離れていく

Photo

別離


★★★★4.5


遠くて近い、イスラムの国
近くて遠い、思い人の心

5月26日(土)〜シネマート新宿、6月4日(土)〜オーディトリウム渋谷ほか続映決定
詳しくはこちらを。


先週になりますが、ようやく、ようやく見てきました。

アカデミー賞外国語映画賞、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭金熊賞などなど、各賞を受賞しているイランの映画です。


冒頭、裁判所に離婚の申し立てをする1組の夫婦の、それぞれの主張から始まります。

国外移住の許可をようやく取った妻、
1人娘のために家族で外国に行きたいと考えています。

ですが、その夫は、アルツハイマーを患っている父を置いて外国へなど行けるわけがないと突っぱねます。
もちろん娘を外国に行かせることも許しません。

妻は、ならば離婚するしかない、と語気を強めます。

この映画で起こっていることは、もちろん、イスラム教の国という決定的な違いはあれど、

介護、離婚、格差、失業、借金、うつ・・・

なんとも、私たちと近しいテーマが描かれています。


生きていくことの普遍性を感じられる良作です。

続きを読む "『別離』思えば思うほど、離れていく" »

2012年5月18日 (金)

そして、続いていく『ファミリー・ツリー』

Photo


ファミリー・ツリー


★★★★★


ハワイそのものが悲しみをいやす大きな存在


アカデミー賞関連では、遅めの公開ですが、いよいよ登場。待ってました!

今年、最大級のいやしとカタルシスに出会えました。


ハワイの大自然。海や砂浜、山々、緑茂った木々、小川の清流…
そしてハワイアンミュージック、ハワイアンキルト。

すべてが愛おしく、すばらしいんです。

ジョージ・クルーニーはごく普通のおじさんの役。
パリッとはしてなくて、時々取り乱して。
これが意外や、なんか、いい!

初めてみるジョージ・クルーニーのダメパパぶりは、実にコミカルでした。


そんなジョージが演じる、弁護士のマット・キングは、
ハワイのオワフ島に暮らしてはいても、15年もサーフィンをしていない仕事人間。

ある日突然、妻がボート事故で昏睡状態におちいってしまいます。

 これからは心を入れ替えて、良き夫になる、理想の父親になる、
 一緒に過ごす時間をつくるよ、もし、君が覚めたら・・・。

と、意識不明の妻に誓いますが、

長女アレックス(ビューティフォーな注目のシャイリーン・ウッドリー)の
「ママは浮気してたんだよ」という告白によって、状況は一変するのです。

この映画は悲しい物語でもあるのですが、そればかりじゃありません。

流れる涙は、どこか希望を感じさせる涙。

つながっていく明日を思わせる涙でした。


家族っていいな。2012春・縁(えん)をつなぐシリーズの第4弾です。


続きを読む "そして、続いていく『ファミリー・ツリー』" »

2012年5月13日 (日)

どっちも同じ『ポテチ』じゃないか。

Photo_2


ポテチ


★★★★★


伊坂幸太郎×中村義洋×斎藤和義
さらに濱田岳主演に大森南朋のスパイス、
これでおもしろくないわけがない!


人気作家・伊坂幸太郎の短編小説集「フィッシュストーリー」所収の1篇を

『ゴールデンスランバー』『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督、

同じく『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』の濱田岳主演で映画化。

音楽は『フィッシュストーリー』『ゴールデンスランバー』の斉藤和義と

ファンなら誰もがしびれる、何という大盤ぶるまい!!!な

まさに珠玉の68分。


同じ年、同じ日、同じ街で生まれたプロ野球選手・尾崎と、

空き巣の凡人・今村の間にある奇妙なつながりが、実にあったかく、

母の日にふさわしく、愛情たっぷりに描かれています。

2012春・縁(えん)をつなぐシリーズの第3弾です。


舞台は仙台、震災後の、2011年8月の仙台。

冒頭は『ゴールデンスランバー』の佳境でも使われた緑まぶしい勾当台公園。

ベンチに腰かけて話す、濱田岳と大森南朋の2人の演技を観てるだけでドキドキします。

これから、いったい、なにが起きるんだっけ⁈と、
原作読んでいるのに期待が高まります。


ポイントは、大森南朋演じる黒澤です。まちがいない。

続きを読む "どっちも同じ『ポテチ』じゃないか。" »

2012年5月12日 (土)

『幸せの教室』学ぶ場所がある喜び

Photo

幸せの教室

★★★

トム・ハンクス×ジュリア・ロバーツ
2大共演でおくる、セカンドチャンスの物語

トムは主演・監督・脚本・製作を手がけています。

友人でもある2人、アカデミー賞受賞者同士の共演。

この2人のことを嫌いっていう方はそういないんじゃないかなと思いますが

万人受けしないにしても、

「久しぶりに映画でも観よっかな」というときにはもってこいな、

ほのぼのとして、時々笑いもあり、

安心して観ることのできる映画です。

続きを読む "『幸せの教室』学ぶ場所がある喜び" »

2012年5月 8日 (火)

映画『宇宙兄弟』はプロセス重視

Photo


宇宙兄弟


★★★★4.5.


近年の邦画の中でまれに見るおもしろさ
忘れかけた夢への情熱を呼び覚ませ!

2012春・縁(えん)をつなぐシリーズの第2弾は、同じ夢を追う兄弟を描いた物語です。

特に同性の兄弟は、友であり、ライバルであり、
どうしても気になって気になって、仕方がない存在ではあるのですが。

お互いがいるからこそ力がわく、みたいな感じ、すごくすてきだと思います。


40過ぎて青臭いかもしれませんが、
単純に、夢を追いかけるっていいなと、

こちらまで身震いして、ときめいてしまうほどの
夢があるっていいなと。

それを共に語れる相手がいるっていいなと。

2時間超えてますけど、あまり長さは感じませんでした。
「ああー、おもしろかったな」と、すがすがしい気分で映画の世界を堪能できた
作品でした。


JAXAだけでなく、NASAも全面協力です。
すごいゲストも出てきます!

お子さんたち、どんどん観てください。
(ただし、お行儀よく!)


続きを読む "映画『宇宙兄弟』はプロセス重視" »

2012年5月 3日 (木)

純愛は疾走するのですよ『ドライヴ』

Photo

ドライヴ(Drive)

★★★★

狂気と純粋さが同居する
複雑なキャラは彼しかできない

ずーっと観たくって、観たくって。

最近はおもしろい作品が多いし、
サイクルが早いし、

お仕事もありがたいし、
入学式だの何だのもあるし、という怒濤の4月が終わり、

ようやく1日の映画の日に観てまいりました。

ブルーバレンタイン』『ラブ・アゲイン』のライアン・ゴズリングには
また、すっかり心を持ってかれました。

 

続きを読む "純愛は疾走するのですよ『ドライヴ』" »

2012年5月 2日 (水)

『孤島の王』が生きるために選んだ道

Photo


孤島の王


★★★★4.5

痛くて沁みる“生きたい”思い
少年たちの眼差しが胸をつんざく

このところ、じ〜んと感動して涙する作品や
ひとしきり笑って、ちょっぴりしんみりするような作品が多かったのですが、
本作の衝撃度は、今年初めてのものでした。

かつて、ノルウェーのバストイ島に実在した少年向け矯正施設。
1915年5月20日、そこで軍隊が出動するほどの大暴動が起きていたことなど、まったくの初耳・・・

ましてや、多くのノルウェー国民でさえ知らなかったこの歴史的事実がもとになっています。


あの気候と環境、体罰、性的虐待、

その毎日の過酷さは
海をも凍る極寒のノルウェーだからこそ、よけいに痛く沁みてきます。

続きを読む "『孤島の王』が生きるために選んだ道" »

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ