twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« そして、続いていく『ファミリー・ツリー』 | トップページ | 『サニー 永遠の仲間たち』はベタでいい、ベタがいいんです »

2012年5月22日 (火)

『別離』思えば思うほど、離れていく

Photo

別離


★★★★4.5


遠くて近い、イスラムの国
近くて遠い、思い人の心

5月26日(土)〜シネマート新宿、6月4日(土)〜オーディトリウム渋谷ほか続映決定
詳しくはこちらを。


先週になりますが、ようやく、ようやく見てきました。

アカデミー賞外国語映画賞、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭金熊賞などなど、各賞を受賞しているイランの映画です。


冒頭、裁判所に離婚の申し立てをする1組の夫婦の、それぞれの主張から始まります。

国外移住の許可をようやく取った妻、
1人娘のために家族で外国に行きたいと考えています。

ですが、その夫は、アルツハイマーを患っている父を置いて外国へなど行けるわけがないと突っぱねます。
もちろん娘を外国に行かせることも許しません。

妻は、ならば離婚するしかない、と語気を強めます。

この映画で起こっていることは、もちろん、イスラム教の国という決定的な違いはあれど、

介護、離婚、格差、失業、借金、うつ・・・

なんとも、私たちと近しいテーマが描かれています。


生きていくことの普遍性を感じられる良作です。

1人1人、みんなそれぞれがかかえている。生活していくために身を削っている。誰しもが誰かの子であり、親であり、


宗教に敬虔な国で、信仰に真摯な人なら、なおさら。

罪深いことはしたくはないが、誰かを守るために
真摯にいきようと思えば思うほど、
生きるために必死になろうとすればするほど、
生きにくくなってしまうことがある…。

主に登場するのは、
先の夫婦、テヘランで銀行に勤めるナデルと、英語教師のシミン。

最初にシミンが自分の車を運転しているので、ちょっと驚きます。
だんだん、彼女の考え方や服装からも、
一家は経済的に裕福であり、シミンは割合と世俗的・進歩的な女性であることがわかります。


一方、父の介護のためにナデルが雇ったラジエーは
外出時の服装にも気をつかう、敬虔なムスリム。

4歳の娘を連れてバスを乗り継いで、ナデルの家にやってきます。

バザールで働いていた夫ホッジャトは失業中。
彼に黙って、介護人として働くことにしたのです。


初日から、粗相をしてしまったナデルの父。
ラジエーは宗教家と連絡を取り、
シャワーや着替えのために夫以外の男性に触れることの許可を求めます。

わずか4歳の娘が「パパには言わない」と言うことから、
どれだけ信仰というものがこの家族に染みついているかわかります。


ある日、ラジエーが目を離したときに、ナデルの父は家の外に出てしまうのですが・・・。


この映画では、1人1人、それぞれがみな抱えているものがあります。

生きていくために身を削っています。

子であり、親であるために、
彼らを守るための、うそをつきます。

よかれと思ったことをしようとします。

その一方で、真実を求めようとします。

エゴの押しつけ合いと葛藤の中で、お互いに理解と信頼を求めていきます。


しかし、相手を思っていても、お互いを遠く感じ
すぐ近くにいても、もう心は完全に離れている。

誰かのために真摯に生きようと思えば思うほど、
生きるために必死になろうとすればするほど、

余計に、生きにくくなってしまうことってあるのですね。


そんな大人たちの言動を、そばで見てきた
ナデルとシミンの11歳の娘・テルメーは、ラスト、いったいどんな決断をしたのでしょうか。

とても気になりますね。
何となく、わからなくもないけど。


別離 - goo 映画

別離@ぴあ映画生活

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
よければFacebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活




にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« そして、続いていく『ファミリー・ツリー』 | トップページ | 『サニー 永遠の仲間たち』はベタでいい、ベタがいいんです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/54745677

この記事へのトラックバック一覧です: 『別離』思えば思うほど、離れていく:

» 別離/Jodaeiye Nader az Simin [LOVE Cinemas 調布]
『彼女が消えた浜辺』でベルリン国際映画祭の監督賞を獲ったイランのアスガー・ファルハディ監督作品。ベルリン国際映画祭で金熊賞を含む3冠を獲得、第84回アカデミー賞では外国語映画賞を授賞した。前作同様に現代イランの社会事情やそこに絡む宗教的な問題といったかの国独特の問題も孕みつつ、洋の東西を問わず変わらぬ人間心理を鋭く描いている。... [続きを読む]

» 別離 / JODAEIYE NADER AZ SIMIN [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 本年度アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞で、外国語映画賞 W受賞達成のイラン映画。 ベルリン国際映画祭史上初の3冠!オスカー獲得で83冠目の映画賞に輝く話題作 2010年の外国語映画賞受賞作「瞳...... [続きを読む]

» 『別離』 [こねたみっくす]
誰にも感情移入できない嘘つきの大人たちに、11歳の娘テルメーが不憫でならない。 第61回ベルリン国際映画祭金熊賞や第84回アカデミー外国語映画賞など世界の映画賞を総なめにして ... [続きを読む]

» 『別離』 (2011) / イラン [Nice One!! @goo]
原題: JODAEIYE NADER AZ SIMIN/NADER AND SIMIN, A SEPARATION 監督: アスガー・ファルハディ 、マームード・カラリ 出演: レイラ・ハタミ 、ペイマン・モアディ 、シャハブ・ホセイニ 観賞劇場: ル・シネマ 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞外国語...... [続きを読む]

» 映画・別離 [読書と映画とガーデニング]
2011年 イラン 英題 Nader and Simin,A Separation イスラム教を土壌とするイランに生きる人々の姿をリアルに描いています イランの首都テヘラン 二組の家族 一組は、夫婦(ナデルとシミン)と十代の娘(テルメー)と介護が必要な夫の父親 夫は銀行員、妻...... [続きを読む]

» 『別離』(アカデミー賞外国語映画賞受賞作) [ラムの大通り]
(原題:Jodaeiye Nader az Simin) ----今年のオスカーって、 『アーティスト』と『ヒューゴの不思議な発明』 との一騎打ちと言われていたけど、 結局、『アーティスト』が作品賞など主要部門を制したね。 「そうだね。 一方、最初から確実視されていたのが アカデミー...... [続きを読む]

» 別離 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
テヘランに生きる2組の家族の摩擦を描く「別離」。巧妙な伏線と深い心理描写、社会背景まで、見事な語り口に引き込まれる秀作。11歳の娘の将来のため国外移住を望む妻シミンと、 ... [続きを読む]

» 『別離』 嘘つきは泥棒の始まり [映画のブログ]
 さすが『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督だ。新作『別離』も実に面白い映画である。  テヘランを舞台に描かれるのは、離婚や介護や失業等々、どこの国でも人々の頭を悩ませる問題だ。映画...... [続きを読む]

» 別離 人それぞれの打ちのめされ方(ネタバレあり) [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
先日、母と見に行った「ル・アーブルの靴みがき」の作品選びで ハッピーエンドでなさそうだったので、避けた作品。でも、これまたよかったです。 なお、あらかじめお断りしておきますが、ネタバレ満載です。まず、いまから言っても 遅いのですが、ブログタイトルからして...... [続きを読む]

» 『別離』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
現代イランの社会問題がとことん盛り込まれていて、まるでニュース・ドキュメンタリーのよう。 なぜラジエーは望まぬ職に就いたのか? なぜシミンは夫と義父を捨ててまで国外移住したいのか? イランの社会状況を想像しながら疑問は膨らむばかりである。 イラン国内と…... [続きを読む]

« そして、続いていく『ファミリー・ツリー』 | トップページ | 『サニー 永遠の仲間たち』はベタでいい、ベタがいいんです »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ