twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『サニー 永遠の仲間たち』はベタでいい、ベタがいいんです | トップページ | 『君への誓い』を見事、貫きました! »

2012年5月26日 (土)

『私が、生きる肌』この中身に耐えられますか?

Photo_2

私が、生きる肌

★★★★★

歪みに歪んだグリーフワーク、
としか今は言えない

監督ペドロ・アルモドバル×主演アントニオ・バンデラス

女性賛歌3部作といわれる
『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー
ボルベール<帰郷>』や、
バッド・エデュケーション』なども好きな作品ですが、

バンデラスが出てた『アタメ』や『神経衰弱ギリギリの女たち』も観たことがありますので

22年ぶりのコンビ復活というのが、なんだか感慨深いです。

バンデラスは、人工皮膚の開発に執念を燃やす、天才的な形成外科医・ロデルという役。

“完ぺきな皮膚”といわれるその皮膚さえあれば、
妻は死なずに済んだ、という思いが彼を動かしていました。

ロベルは、ある人物にその人工皮膚を移植し、
亡き妻そっくりの美女を創造しようとするのです…。

しかし、でも、ちょっとこっから先は
難しい…。

何を書いてもネタばれになってしまいそうです。

この映画こそは、ネタバレは見ないで観に行ったほうがいい。
うん、そうするべき、と思います。

ただ1つ、いえることは

すごいものを観てしまった、ということ。

アルモドバルがさらにまたやっちまった、ということ。

 

アントニオ・バンデラスも抑えに抑えた狂気の演技。

これは物議を醸しまくるでしょうね。

先日、試写会で拝見した『ヘルタースケルター』にも
原田美枝子さん演じる美容形成外科医が出てきますが、

ロデルも、似たりよったり。

この2人は医者でありながら、相当にエゴイスチックです。

こちらは、

歪んだ形のグリーフワークとでもいうのか、完全に自分自身のいやしのためだし、

そもそも、これを“愛”と呼んでいいものかどうか、

試されてるな〜と思います。

「生命倫理ってものがあるだろう、きみ」と

形成外科学会のえらい先生も、ロデルを諭そうとするのですけどね…。

5つ星を付けてしまった私は、やっぱりヤバイかな〜。

↓相手役のエレナ・アナヤは、とにかくお美しい。
こちらは未見なのですが、観てみたくなりました。

↓アルモドバルがいきつくのは基本、【母】なんだと思います。観ればわかる。

私が、生きる肌 - goo 映画

私が、生きる肌@ぴあ映画生活

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
よければFacebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『サニー 永遠の仲間たち』はベタでいい、ベタがいいんです | トップページ | 『君への誓い』を見事、貫きました! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/54798217

この記事へのトラックバック一覧です: 『私が、生きる肌』この中身に耐えられますか?:

» 『私が、生きる肌』 (2011) / スペイン [Nice One!! @goo]
原題: LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス 、エレナ・アナヤ 、マリサ・パレデス 試写会場: ブロードメディア・スタジオ月島試写室 公式サイトはこちら。[2012年5月26日公開] 映画レビューサイ...... [続きを読む]

» 「私が、生きる肌」まさに究極の問題作 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
「きゅ~~~~きょくの」問題作である。 これは宣伝文句に偽り無し。 薄い一枚の肌に覆われているけど、その中に息づく『私』 モダンで美しくあたかも高尚な画像の奥に隠された『変態』 人権も無い、倫理観もない、男とはどこまで愚かなのか・・・・... [続きを読む]

» 私が、生きる肌 [食はすべての源なり。]
私が、生きる肌(5/26公開) ★★★★★(★満点!) あなたは、これを愛と呼べるか スリリングで官能的な男と女の駆け引き、2人の関係に潜む“謎”、そしてアルモドバル×ゴルチエが創り出した完璧な美。 天才的な形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)は、救えなかった妻への想いから、完璧な人工皮膚を造ることに執念を燃やし、ある人物を監禁し実験台にし、亡き妻にそっくりな美女を創り上げるのだった。 久しぶりにみたヨーロッパ映画。楽しめました。しばらく余韻に浸りたい映画でしたわ。 (なんか腰... [続きを読む]

» 試写会 『私が、生きる肌』 (2012.5.26公開) [理性と感情の狭間で]
Twitterでお世話になっているcocoさんの独占試写会で「私が、生きる肌」(5月26日公開)を観てきました。 衝撃の変態映画!上半期必見の一本です。 あらすじ 天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)は、完璧な人工皮膚の研究に取り組んでいた。医学界ではタブーとされている人体実験にも手を出したロベルは、ある人物を亡き妻そっくりに作り上げる・・・。 感想 スペインの巨匠、ペドロ・アルモドバルの最新作。昨年のラテンビート映画祭(LBFF)で上映されていましたね。私はLBFFで観られな... [続きを読む]

» 私が、生きる肌 [映画 K'z films 2]
Data 原題 LA PIEL QUE HABITO /  THE SKIN I LIVE IN 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 アントニオ・バンデラス  エレナ・アナヤ  マリサ・パレデス  ジャン・コルネット 公開 2012年 5月 [続きを読む]

» 私が、生きる肌/特殊な性癖のエロ漫画 [映画感想 * FRAGILE]
私が生きる肌La piel que habito/The Skin I Live In/監督:ペドロ・アルモドバル/2011年/スペイン それでもほんの一瞬だけ、『わたし』はあなたを、愛していた。 アルモドバル監督作品初めて見ました。いつもどおり予告は未見で、衣装がジャン=ポール・ゴルチエであることだけ知ってました。Twitterで高評価を目にしていたので、とっても楽しみにしてましたよ。 あらすじ:整形外科医が、完璧な肌を持つ女を作ったようです。 整形外科医のロベル(アントニオ・... [続きを読む]

» 私が、生きる肌 [to Heart]
あなたは、 これを愛と呼べるか―― 原題 LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN 製作年度 2011年 製作国・地域 スペイン 上映時間 120分 原作 ティエリ・ジョンケ『私が、生きる肌』/『蜘蛛の微笑』(早川書房刊) 脚本 ペドロ・アルモドバル 、アグスティン・アル...... [続きを読む]

» 『私が、生きる肌』(R15+)ネタバレ厳禁の問題作! [コナのシネマ・ホリデー]
ティエリ・ジョンケの原作『蜘蛛の微笑』は、インスパイアされたペドロ・アルドモバル監督によって、復讐劇を超えた衝撃の問題作となって映画化された! [続きを読む]

» 私が、生きる肌 [だらだら無気力ブログ!]
あの人的には、ある意味ハッピーエンドで結果オーライなのかな。 [続きを読む]

» 私が、生きる肌 [映画的・絵画的・音楽的]
 スペイン映画『私が、生きる肌』をTOHOシネマズシャンテで見ました。  (本作はサスペンス映画のため、ネタバレの部分はできるだけ注記といたしますが、まずは映画館に足を運んでから本エントリをお読みいただければ幸いです) (1)予告編で面白そうだなっと思い、さら...... [続きを読む]

» 『私が、生きる肌』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「私が、生きる肌」 □監督・脚本 ペドロ・アルモドバル □原作 ティエリー・ジェンケ □キャスト アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、       ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレス、...... [続きを読む]

» 私が、生きる肌 まさかこんな映画だったとは! [労組書記長社労士のブログ]
【=24 -1-】 どんな映画なのか予告編で観ている限りでは想像が付かなかったのだけど、でも、なんか惹かれるものがあって観に行ってみた(駄目元くらいの気持ちで)、しかし!  人工皮膚の開発の権威で、世界的な形成外科医のロベル。その邸宅の一室にはベラという若い...... [続きを読む]

» 映画「私が、生きる肌」久し振りに予想と違う展開にビックリ! [soramove]
「私が、生きる肌」★★★☆ アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、 マリサ・パレデス出演 ペドロ・アルモドバル監督、 120分、2012年5月26日公開 2011,スペイン,ブロードメディア・スタジオ (原題/原作:LA PIEL QUE HABITO ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「映画が公開されるに連動して 書店で原... [続きを読む]

» <ネタバレあり>私が、生きる肌 変態と変身の異次元対決 [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
巨匠ペドロ・アルモドバル監督作品は、私が映画ファンになった頃に見た オール・アバウト・マイ・マザー以降全部見ている。とはいうものの、理解度は 低く、ペネロペ・クルスが出演しなかったら見ていなかったであろう。でも、 ボルベールのペネロペが酒場で歌うシーンは...... [続きを読む]

» 私が、生きる肌 [銀幕大帝α]
あなたは、 これを愛と呼べるか―― −感想− OH! シンジラレナーイ!! アブノーマルな世界が渦巻いてるね〜。 観ている途中までは「監禁マニア医師による変態観察」な内容だと思っていた訳よ。 ところが真相が明確にされた所でもっとぶっ飛んだ作品なんだと知らしめら...... [続きを読む]

» 私が、生きる肌 : 登場人物の驚愕の行動にドン引き!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 本日の広島県南部、予想最高気温は27℃。5月の気温ではないですよねぇ。朝からバタバタやってますが、おデブの私は肉汁がとめどなく流れてきますよ。こんなだと、夏の暑さはドン [続きを読む]

« 『サニー 永遠の仲間たち』はベタでいい、ベタがいいんです | トップページ | 『君への誓い』を見事、貫きました! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ