twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『幸せの教室』学ぶ場所がある喜び | トップページ | そして、続いていく『ファミリー・ツリー』 »

2012年5月13日 (日)

どっちも同じ『ポテチ』じゃないか。

Photo_2


ポテチ


★★★★★


伊坂幸太郎×中村義洋×斎藤和義
さらに濱田岳主演に大森南朋のスパイス、
これでおもしろくないわけがない!


人気作家・伊坂幸太郎の短編小説集「フィッシュストーリー」所収の1篇を

『ゴールデンスランバー』『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督、

同じく『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』の濱田岳主演で映画化。

音楽は『フィッシュストーリー』『ゴールデンスランバー』の斉藤和義と

ファンなら誰もがしびれる、何という大盤ぶるまい!!!な

まさに珠玉の68分。


同じ年、同じ日、同じ街で生まれたプロ野球選手・尾崎と、

空き巣の凡人・今村の間にある奇妙なつながりが、実にあったかく、

母の日にふさわしく、愛情たっぷりに描かれています。

2012春・縁(えん)をつなぐシリーズの第3弾です。


舞台は仙台、震災後の、2011年8月の仙台。

冒頭は『ゴールデンスランバー』の佳境でも使われた緑まぶしい勾当台公園。

ベンチに腰かけて話す、濱田岳と大森南朋の2人の演技を観てるだけでドキドキします。

これから、いったい、なにが起きるんだっけ⁈と、
原作読んでいるのに期待が高まります。


ポイントは、大森南朋演じる黒澤です。まちがいない。

この映画には、親子愛だけでなく、郷土愛、友や恋人を想う愛、夢を応援する愛、

いろんな愛が詰まっていて、可笑しいやら泣けるやら。

気づけば野球場のシーンはほとんど泣いてました。

四方八方に広げた風呂敷が少しずつ、少しずつ、折り目正しく畳まれ、

最後には、見事なまでのちょうちょ結びになって締まるのは、
やはり伊坂&中村作品ならでは。

もはやこれは、一種のカタルシスですね。


『ゴールデンスランバー』以後、
伊坂氏は原作が映画化されるのに抵抗が出てきていたそうですが、

昨年の東日本大震災を受けて、自ら中村監督に話をもちかけに行ったそうです。


ここにも、愛、ありますね。


もっかい観に行って、竹内結子を探さなきゃ


↓堺さん…ごめん。黒澤は南朋さんのほうが、っぽい。

↓これもラストへのつながり方がすばらしい。

↓これですっかりハマってしまった!


ポテチ - goo 映画

ポテチ@ぴあ映画生活

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活




にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『幸せの教室』学ぶ場所がある喜び | トップページ | そして、続いていく『ファミリー・ツリー』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/54700601

この記事へのトラックバック一覧です: どっちも同じ『ポテチ』じゃないか。:

» 『ポテチ』・・・キリンに乗ってくから! [SOARのパストラーレ♪]
確信した。伊坂幸太郎作品の映画化は監督・中村義洋、音楽・斉藤和義でなければ成立し得ないことを。 中村×斉藤によって作り出される伊坂ワールドは原作ファンを決して裏切らず、それでいて一本の映画としての魅力に満ちている。このタッグでは3作目となる伊坂ワールド、その素晴らしさを今回も存分に堪能した。 (劇場での観賞は『ゴールデンスランバー』に次いで2作目)... [続きを読む]

» 中村義洋監督 「ポテチ」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。]
原作・伊坂幸太郎、音楽・斉藤和義、俳優・濱田岳、そして監督・中村義洋とくれば… 「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」そして「ゴールデンスランバー」と私的には最高のエンターテイメント作品を提供してくれた超豪華メンバー その超豪華メンバー...... [続きを読む]

» ポテチ [LOVE Cinemas 調布]
伊坂幸太郎原作の「フィッシュストーリー」にある短編小説を映画化。監督は伊坂作品と言えばこの人、『アヒルと鴨のコインロッカー』、『ゴールデンスランバー』を手がけた中村義洋だ。更に主演は伊坂+中村といえばこの人・濱田岳。共演に木村文乃、大森南朋、石田えり、そして中村監督自身までもが出演している。空き巣をしている青年の皮肉な運命を描き出している。... [続きを読む]

» ポテチ [だらだら無気力ブログ!]
やっぱ濱田岳だな。彼の醸し出す独特の存在感がイイ! [続きを読む]

» 『ポテチ』 [ラムの大通り]
----『ポテチ』 って、 ポテトチップスのことだよね。 どんな映画か想像つかないニャあ。 「そうだね。 タイトルがタイトルだし、 ランニングタイムも68分と短い。 いわゆる小品の部類なんだけど、 その感動は 映画のサイズ(?)とは反比例するように深い。 だけど、この...... [続きを読む]

» ポテチ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ポテチ』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)本作は、映画『ゴールデンスランバー』などの制作に携わった3人〔伊坂幸太郎(小説家)+中村義洋(監督)+斉藤和義(ミュージシャン)〕の組み合わせで、わずか8日間で撮り上げた作品です(企画段階を入れても3か月との...... [続きを読む]

» ポテチ(2012-068) [単館系]
ポテチ MOVIXさいたま 宮城県仙台市、生まれた年も日にちも一緒の2人は成長した後、 片方はプロ野球の人気選手、もう片方は空き巣というまったく異なる人生を歩んでいた。 ある日、空き巣をなりわいとす...... [続きを読む]

» ポテチ [to Heart]
製作年度 2012年 上映時間 68分 原作 伊坂幸太郎『ポテチ』(新潮文庫刊『フィッシュストーリー』所収) 脚本:監督 中村義洋 音楽 斉藤和義 主題歌『今夜、リンゴの下で』 出演 濱田岳/木村文乃/大森南朋/石田えり/中村義洋 仙台在住の人気作家・伊坂幸太郎の同名中編小...... [続きを読む]

» 『ポテチ』 「絆」よりもヒステリシス! [映画のブログ]
 中村義洋監督!伊坂幸太郎原作!濱田岳主演!  まさしく鉄板の陣営だ。『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』、そして『ゴールデンスランバー』で私たちを楽しませてくれた人々が、ま...... [続きを読む]

» 『ポテチ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ポテチ」□監督・脚本 中村義洋□原作 伊坂幸太郎□キャスト 濱田 岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、中林大樹、松岡茉優、阿部亮平、       中村義洋、桜 金造■鑑賞日 5月26日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (...... [続きを読む]

» ポテチ [ここなつ映画レビュー]
本編が全て終わった時に、やっとタイトルの意味が判りました。俗語で軽くってコンビニ言葉で、さほど有難味のない単語、ポテチ。ポテトチップの事だと、誰でも簡単に判る。でもこの作品のタイトルに込められた思い…ラストシーンからずっと止めようもない涙を溢れさせていた私の気持ち、隣で一緒に鑑賞していた息子には生涯判るまい。 仙台で既に先行上映されているこの作品が、東京にやってきます。出演者舞台挨拶がある試写会に息子と二人で行って来ました。舞台挨拶は濱田岳と... [続きを読む]

« 『幸せの教室』学ぶ場所がある喜び | トップページ | そして、続いていく『ファミリー・ツリー』 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ