twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『一枚のめぐり逢い』新しい愛で前に進める | トップページ | 『アメイジング・スパイダーマン』イマドキの普通さ、まさに親愛なる隣人 »

2012年6月23日 (土)

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』人生が集約する1日

Oneday

ワン・デイ 23年のラブストーリー

★★★★

友だち同士の関係を選んだ
すれ違う男女の23回分の1日


作家志望、真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と

自由奔放なチャラ男のデクスター(ジム・スタージェス)。

正反対な性格の男女の

出会いから23年間を、23年分の7月15日だけでつむいでいくお話。

同名ベストセラー小説の映画化です。
原作は未読。

ストーリーの日付は、すべて7月15日。

出会いの1988年から2011年まで、その年、その年に
2人の間に何かが起こっていきます。

それが、とてもユニーク。画期的。

最初は少し違和感があり、こんがらがりそうになりますが、
やがてなじんできます。

そして、この2人を放っておけなくなります。

『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグ監督、さすがです。

とにかくアンがかわいいですし!

ジム・スタージェスも、か弱すぎて情けなくても、かっこいい。

メインビジュアルのすてきなキスシーン↑
これはいつの7月15日なのかってのも気になるところですけれど、

ラストもネタバレしちゃいけないと思うので
そんなに書けないのですが・・・

この1日、1日というのは、

2人が初めて会話した日であり、

友達になった日であり、

けんか別れした日であり、

再会した日であり、

キスした日であり、

(●●の日でもあるという)

そりゃあ忘れられない日だわ、うん。

1日、24時間、1440分、8640秒…

その中で、いろんなことが起こります。

いろんなことを思います。

悲しみ、苦しんでいる1日もあれば、

いやしにあふれた1時間もある。

すべてが変わってしまう一瞬もある。

観了後、心はだんだんと晴れてきました。

エルビス・コステロのエンディングテーマにも酔いしれて

静かな感動に包まれました。

ラブストーリーでこんな気持ちになったのは
『エターナル・サンシャイン』以来のことかも。

とても好きな映画となりました。

↓この映画も終盤、とくに好きです。

↓メンフクロウ、ソーレンの声を担当。

↓これもすてきなビジュアル。

ワン・デイ 23年のラブストーリー - goo 映画

ワン・デイ 23年のラブストーリー@ぴあ映画生活

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
よければFacebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ

« 『一枚のめぐり逢い』新しい愛で前に進める | トップページ | 『アメイジング・スパイダーマン』イマドキの普通さ、まさに親愛なる隣人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/55029484

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』人生が集約する1日:

» ワン・デイ 23年のラブストーリー/One Day [LOVE Cinemas 調布]
とある男女の23年間の恋愛感情と友情を、7月15日という1日のスポットを当てて描いたラブストーリー。ヒロイン役を『レイチェルの結婚』のアン・ハサウェイが、彼女が恋愛感情と友情を抱く男性を『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが演じている。監督は『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグ。... [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー [映画 K'z films 2]
Data 原題 ONE DAY 監督 ロネ・シェルフィグ 出演 アン・ハサウェイ  ジム・スタージェス  パトリシア・クラークソン  ケン・ストット  ロモーラ・ガライ 公開 2012年 6月 [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー よかったのか悪かったのか・・・不思議な映画だ [労組書記長社労士のブログ]
【=30 -3-】 昨日、映画を観た後、友人とばったり会った、「女房です」と妻を紹介したら、友人は「赤の他人です」と連れの女性を紹介してくれた、なんかそうとう可笑しくて、その後もずっと思い出し笑いするに至った。  大学の卒業式後に出会ったエマとデクスターはす...... [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー [風に吹かれて]
ずっとあなたが好きだった公式サイト http://oneday.asmik-ace.co.jp原作: ワン・デイ (デイヴィッド・ニコルズ著/ハヤカワ文庫)監督: ロネ・シェルフィグ  「17歳の肖像 [続きを読む]

» 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」:アン・ハサウェイを見る映画 [大江戸時夫の東京温度]
映画『ワン・デイ 23年のラブストーリー』は、毎年7月15日だけを取り出して、二 [続きを読む]

» 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 幸せなカップルはいっしょに観ちゃダメ [はらやんの映画徒然草]
しっかり者で真面目、けれど自分に自信がもてないエマ。 ちょっとチャラ男なところも [続きを読む]

» 人に歴史あり。『ワン・デイ 23年のラブストーリー』 [水曜日のシネマ日記]
ひとりの男性とひとりの女性の23年にわたる恋と友情を描いた作品です。 [続きを読む]

» ワン・デイ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ワン・デイ―23年のラブストーリー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、全体としてはエマ(アン・ハサウェイ)とディクスター(ジム・スタージェンス)とを巡る典型的なラブストーリーながら、特徴的なことが2点あるように思われます。  一つは、二人は、お...... [続きを読む]

» 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 [或る日の出来事]
プールでは思うように泳いで進んでいけても、人生はそうは行かない。 [続きを読む]

« 『一枚のめぐり逢い』新しい愛で前に進める | トップページ | 『アメイジング・スパイダーマン』イマドキの普通さ、まさに親愛なる隣人 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ