twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『テルマエ・ロマエ』が想定外にウケるワケ | トップページ | 『幸せへのキセキ』私は<軌跡>のほうで。 »

2012年6月 8日 (金)

『少年と自転車』やさしい場所へ向かって

Photo_2


少年と自転車


★★★★


自転車の立ちこぎに込められた心情が、
これほど胸に迫る映画はない

なぜかチラシが見当たらないので、パンフ写真で(^-^;

ようやく観た、待望の作品でした。

試写会に行きそびれ、

渋谷の劇場は『別離』と時間が合わないようになってるし、

ヒュートラには満席御礼で振られているし。


ようやく、観ることができて本当よかったです。


なんて、やさしさにあふれた映画なんでしょう。

心に沁みました。


少年と自転車はよく合います。

立ちこぎはマストです。



赤いTシャツがまぶしい、主人公のシリルは
いくつくらいなんだろうな、と前半思っていました。

父親が養護施設(ホーム)に迎えにくるのを待ち続け、

つながらない電話に業を煮やして、以前、2人で住んでいたアパートへ向かうのですが、

アパートの中に入るために、なかなか頭を使っているし、
必死さがとてもよく伝わってきます。

その一生懸命ぶりがあまりにも自己中心的なので、
観ようによっては、イラつく少年ではあります。


ただ、彼は

父親はどこに越したのか。

自分の自転車はどうなってしまったのか。

父親は、なぜホームに迎えにこないのか。

父親とまた一緒に暮らせるのはいつなのか。


で、頭がいっぱいなだけ。

疑問系をたくさん抱えたシリルに、形骸化したシステムの大人は、かないっこありません。

赤を着るのは、「気づいてよ」「見つけてよ」というサインなんじゃないかとも思います。


そして、出会ったのがサマンサという美容師。
『ヒア・アフター』のセシル・ドゥ・フランス。


シリルのその必死さが、
彼女にしがみついて離れない、シリルの強い思いが、
サマンサを週末だけの里親へと導いたのだと推察します。

この辺、わざと詳しくは描写しなかったと、ダルデンヌ兄弟は述べていました。


それよりも重要なのは、

いろいろとゴタゴタを起こしても、

そこにいること、共にいること、寄り添うこと。

自分の身を案じ、しつこく携帯を鳴らし、そこら中を探し回ってくれ、

信じて待っている存在があって、

その元に帰ることができる、ということ。

帰る場所がある、ということ。

それが、シリルにとってどれほど必要か。幸福か。

そっちのほうが、大事でしょといわれている気がしています。


シリルはもうすぐ12歳、でした。

大人の都合というものや、
うまく折り合いをつけているものに翻弄されながら、

だんだんと気づいていき、傷ついていき、

そして、何かを腑に落とす。そういうお年頃ですよね。


少年の1つの成長に、付き添った気分になりました。


川べりを2台の自転車が並走して、
原っぱでサンドイッチ食べてるだけで、なんか泣けてくる映画もめずらしいな。。。

それと、水のシーンで、
仕事をしてからちゃんと向き合ってあげたサマンサって
すごいわ、と単純に感動。


少年と自転車 - goo 映画

少年と自転車@ぴあ映画生活


↓主人公の少年オスカーもたしか11歳だったと。


↓このパパが、あのパパなんだもの…。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
よければFacebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『テルマエ・ロマエ』が想定外にウケるワケ | トップページ | 『幸せへのキセキ』私は<軌跡>のほうで。 »

コメント

rose_chocolatさん、コメありがとうございます。

>シリルの行動とか仕草はとてもリアルで、特別に演技指導などしてないかのように自然でした。男の子はああいう風に食らいついてきますので余計にシリルにも情が沸いてしまいましたね。

本当そうですね〜!演技とは思えなかったです。
うちも、言い出したら、てこでも動かない、みたいなところはあるので、
あの必死な感じには情が沸いてしまいました。

父親を生きていながらにして失うという、シリルの喪失感には、
サマンサのような体を張った寄り添い方が、必要だったんだと思いますね。

いつもTwitterではありがとうございます。
「寄り添う」ってことなんでしょうね。 本作はそこに共感できたか否かで受け止め方の違いが出てくるように思いました。
シリルの行動とか仕草はとてもリアルで、特別に演技指導などしてないかのように自然でした。男の子はああいう風に食らいついてきますので余計にシリルにも情が沸いてしまいましたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/54893631

この記事へのトラックバック一覧です: 『少年と自転車』やさしい場所へ向かって:

» 少年と自転車 [映画的・絵画的・音楽的]
 ベルギー映画『少年と自転車』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作は、文部科学省選定(少年向き)等とされていて躊躇はしましたが、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  物語の主人公は、もうすぐ12歳となるシリル。  彼は、一緒に暮らしていた...... [続きを読む]

» 少年と自転車/Le gamin au vélo [LOVE Cinemas 調布]
ベルギーのジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ兄弟が監督し、第64回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した作品。父親に捨てられ孤児院に入れられた少年が、里親の女性と出逢い少しずつ心の傷と癒し成長していく姿を描く。主人公シリルを演じるのはトマス・ドレ、里親の女性を『シスタースマイル ドミニクの歌』のセシル・ドゥ・フランスが演じている。... [続きを読む]

» 「少年と自転車」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:Le Gamin au velo)ジャン=ピエールとリュックのダルデンヌ兄弟監督作としては「息子のまなざし」に次ぐ出来映えだと思う。「ロゼッタ」や「ロルナの祈り」といった少女を主人公とした作品より、本作のように少年を題材にした映画の方が手慣れた感じを受ける...... [続きを読む]

» 『少年と自転車』(第64回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ) [ラムの大通り]
(仏題:Le gamin au velo) ----これってベルギーの映画監督ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ兄弟の作品だよね。 「そう。彼らはカンヌの常連。 この映画も第64回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞している」 ----これまでも少年とか少女...... [続きを読む]

» 『少年と自転車』 (2011) / ベルギー・フランス・イタリア [Nice One!! @goo]
原題: LE GAMIN AU VELO/THE KID WITH A BIKE 監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、リュック・ダルデンヌ 出演: セシル・ド・フランス 、トマ・ドレ 、ジェレミー・レニエ 観賞劇場: ル・シネマ 公式サイトはこちら。 ダルデンヌ兄弟作品は前作『ロルナの...... [続きを読む]

« 『テルマエ・ロマエ』が想定外にウケるワケ | トップページ | 『幸せへのキセキ』私は<軌跡>のほうで。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ