twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『苦役列車』走るよ、どこまでも。 | トップページ | 『トガニ 幼き瞳の告発』からの触発 »

2012年7月29日 (日)

『ダークナイト ライジング』伝説の、壮絶な、終わりに

Tdkr_2

ダークナイト ライジング

★★★★★

※なるべくネタバレを避けています

「人はなぜ落ちる?」「這い上がるためさ」

クリストファー・ノーラン監督が『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』に続いて放つ
3部作の最終章、完結編。

最凶の敵ジョーカーと、正義の検事ハービー・デント亡き後、
8年間、平和が保たれてきたゴッサム・シティーを
今度は、最強の敵ベインが狙う、という。

ダークナイト(バットマン)を演じるクリスチャン・ベイルをはじめ、
マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンのシリーズキャストに

新たにアン・ハサウェイやトム・ハーディー、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが
加わり、何とも豪華な、最終章にふさわしい1本となりました。

奈落の底に落ち、その上に広がる世界に思いを馳せ、

ふたたび這い上がったときに、

いつも景色はまったく別のものとなり、落ちていたときとは違う自分になれる。

だからこそ、『ダークナイト ライジング』The Dark Knight Risesでは、

ブルース・ウェインはふたたび這い上がるんです、立ち上がるんです。

 

アメコミものは好きなのですが、

ティム・バートン監督の、ジャック・ニコルソンのジョーカーや、
ダニー・デビートのペンギンから間があき、(出産もあり)
ちょっと離れてましたバットマン。

ジョージ・クルーニーのは、クリス・オドネルはロビンだったことがうろ覚え。
そうか、敵役はシュワちゃんだっけ、という程度。

なんと、劇場公開時の『バットマン ビギンズ』(2005)もスルー。
子どもがまだ小さかったのでね…。

ところが、ところが、

『ダークナイト』(2008)を観たときの、その衝撃たるや!!

ジョーカー役ヒース・レジャーのファンだったこともあり、
彼が急逝したことを差し引いても、
その年のナンバー1洋画となったのでした。

恐怖というものが、どうやって人間の心の中に入り込むのか、
善と悪を区別するものは、どれほどのわずかなボーダーでしかないのか、

ということを深〜く考えさせられたものです。

秩序と混沌
善と悪
表と裏
光と闇
正義、人道、モラルと、その相反するもの

その対立。

結局

正義は、秩序のため

復讐は、自己満足のため

なんですよ。

そういえば、『ライジング』のパンフに
平成仮面ライダーシリーズの白倉プロデューサーが寄稿していましたが、

平成仮面ライダーは特に善と悪の立場が流動的で、
逆転したりすることがホント多かったんですよね。

本作でも、バットマンの仮面を、ベインがデシデシ、バサラバサラとするところなんかも、
ある仮面ライダーを思い出さずにはいられませんでした。

ハービー・デントという正義の、光の騎士を死にいたらしめた、
ということになっているダークナイト(闇の騎士)としてのバットマンは、

やはり、その嘘の仮面を、一度ぶち破る必要があったんですよね。

そのために、落ちることが、また必要だった。

むむ。もうあまり書きますまい。

あともう1回は観よう、と思いますが

今は『ビギンズ』がとても観たい。そして『ダークナイト』『ライジング』と
無限のループに入り込んでしまいそうな予感がしています。

まるでスターウォーズですよ。
『Ⅲ シスの復讐』見たら『Ⅳ 新たなる希望』見たくなるもの

それと同じです。

まさに伝説。

バットマン・サーガ、いや、ダークナイト・サーガの完成。

キャスト的には、

キャット・ウーマンのアン・ハサウェイ、スタイルのいいこと!
アクションや、バイクなども自分でこなしたようで。すごいな、チャレンジャー。
コケティッシュなところがマッチしていました。なんてったって、猫ですから。

そして、ワタシが推したいジョセフ。渋かったな。
初見は、ブルース(クリスチャン・ベイル)の心情ばかり考えていましたが、
次回は彼ばかりを観ることにします。

マイケル・ケインも、よかった。彼で3回は泣きました。

むむ、むむ。もうあまり書きますまい。

ただ、伝説の、終わりには、壮絶なカタルシスがあった

ということだけは、付け加えておきたいのです。

ダークナイト ライジング@ぴあ映画生活

ダークナイト ライジング - goo 映画

↓このビジュアル、かっこいいですね。

↓このビジュアル、一生忘れられません。

↓このクリスチャン・ベイルも忘れられません。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
よければFacebookページにも「いいね!」をお願いしますm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『苦役列車』走るよ、どこまでも。 | トップページ | 『トガニ 幼き瞳の告発』からの触発 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/55304216

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダークナイト ライジング』伝説の、壮絶な、終わりに:

» ダークナイト ライジング : 大人仕様のヒーロームービーの完結篇 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 オリンピック、始まりましたねぇ。夜更かしされている方も多いかもしれませんね。本日は、そんなオリンピックに負けない”熱い”こちらの作品を紹介します。 【題名】 ダーク [続きを読む]

» 『ダークナイト ライジング』 バットマン最大の敵に立ち上がる [映画のブログ]
 A hero can be anyone...  クリストファー・ノーラン監督は、三部作のテーマをそれぞれ一言で表現している。  『バットマン ビギンズ』は"Fear(恐怖)"。  『ダークナイト』は"Chaos(混乱)"。  そ...... [続きを読む]

» ダークナイト ライジング ジャパン プレミア [風に吹かれて]
孤児 それぞれの生き方公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/batman3監督: クリストファー・ノーラン地方検事ハービー・デントの死から8年。デント法により犯罪活動が [続きを読む]

» ダークナイト ライジング [映画 K'z films 2]
Data 原題 THE DARK KNIGHT RISES 監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベイル  マイケル・ケイン  ゲイリー・オールドマン  アン・ハサウェイ  トム・ハーディ 公開 2012年 7月... [続きを読む]

» 『ダークナイト ライジング』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
★★★★★ ブルースの幸せを願う執事アルフレッドとの絡みは秀逸で味わいのある余韻を残す。このシリーズが、バットマンという正義のヒーローのアクションドラマではあるが、同時にブルースという孤独な青年のヒューマンドラマだったことを再認識することができる。荘厳な…... [続きを読む]

» ダークナイト ライジング/それでもきっと陽はまた昇る [映画感想 * FRAGILE]
ダークナイト ライジングThe Dark Knight Rises/監督:クリストファー・ノーラン/2012年/アメリカ クリストファー・ノーラン監督の映画については、もう、他の方に任せます。 さほどバットマンにもノーランにも思い入れがないのです。原作は未読ですし、ティム・バートンとジョエル・シュマッカーのシリーズも、2本くらいしか見ていません。今回は予告も極力見ずにいたのですが、直前に「『バットマンビギンズ』だけでも見ておいた方がいい」と言われましたので慌てて見ました(「ダークナイト」は劇... [続きを読む]

» 「ダークナイト ライジング」 ヒーローはどこにでもいる [はらやんの映画徒然草]
クリストファー・ノーランの「ダークナイト」3部作の最終作、「ダークナイト ライジ [続きを読む]

» 映画:ダークナイト・ライズ Dark Knight Rises 壮絶な最終章は、終りでもあり、始まりでもあった(はず) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アタマの中がオリンピックに支配されてしまいそうな今日この頃(笑) バランス取らなくちゃということで、さっそく公開直後のこの映画をチェック。 当ブログでは、前作ダークナイトDarkKnight を、加速する狂気に圧倒される(2008年08月23日)と絶賛している。 2008年...... [続きを読む]

» 「ダークナイト ライジング」:黒が、映像が、アン・ハサウェイがステキ! [大江戸時夫の東京温度]
映画『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーランによる陰鬱なバットマ [続きを読む]

» 『ダークナイトライジング』’12・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し・・・。解説伝説が壮絶に終わる『メメント』のクリストファー・ノーラン監督によるバットマン三... [続きを読む]

» 『ダークナイト ライジング』’12・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し・ [続きを読む]

» 『ダークナイト ライジング』 [ラムの大通り]
(原題:The Dark Knight Rises) ※映画の核に触れる 部分もあります。 ネタバレには注意したつもりですが、 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----アメリカの映画館でとんでもない事件が起こったよね。 この映画『ダークナイト ...... [続きを読む]

» 映画「ダークナイト・ライジング」ひとつの伝説が終わり、新たな伝説が始まる [soramove]
「ダークナイト・ライジング」★★★★☆ クリスチャン・ベイル、アン・ハサウェイ、 トム・ハーディ、マリオン・コティアール、 マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、 モーガン・フリーマン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット出演 クリストファー・ノーラン監督、 165分、2012年7月28日公開 2012,アメリカ,ワーナー・ブラザース (原題/原作:THE DARK KNIGHT RISES ) <リンク: [続きを読む]

» 『ダークナイト ライジング』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト ライジング」□監督 クリストファー・ノーラン□脚本 ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン □キャスト クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、アン・ハサウェ...... [続きを読む]

» ダークナイト ライジング [to Heart]
伝説が、壮絶に、終わる。 原題 THE DARK KNIGHT RISES 上映時間 164分 脚本 ジョナサン・ノーラン/クリストファー・ノーラン 監督 クリストファー・ノーラン 音楽 ハンス・ジマー 出演 クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ゲイリー・オールドマン/アン・ハサウェイ/...... [続きを読む]

» ダークナイト ライジング [k.onoderaの日記]
『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーランの新しい「バットマン」三部作の完結篇にあたる。 コミック作品の映画化におけるリアリティの追求は、近年のトレンドであり、ティム・バートン版の『バットマン』シリーズ... [続きを読む]

» 映画:ダークナイト ライジング [よしなしごと]
 2005年のバットマンビギンズから再スタートしたノーラン版バットマンシリーズ3部作もいよいよ最終章。ダークナイトの記事です。 [続きを読む]

« 『苦役列車』走るよ、どこまでも。 | トップページ | 『トガニ 幼き瞳の告発』からの触発 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ