twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月に作成された記事

2012年8月27日 (月)

『桐島、部活やめるってよ』前田、部活たのしいってよ。

Photo

桐島、部活やめるってよ

★★★★★

熱くなれるものがあるのは
全然カッコ悪くなんかない

なんて痛快!カタルシス!

屋上のシーンでは、思わずパチンと手をたたいちゃいました!

「そうだ、そうだ!」

本当、全部、他人事じゃない。

探せ、探せ、あのころの自分を探せ。

そして泣け、叫べ、目を覚ませ。

何となく、ですが

『サニー 永遠の仲間たち』と同じ匂いがするな~と思ったんですよね。

大人(?というか、単なる齢を重ねた者)から観ると、そう思えてしまうのかもしれませんけど。

熱くて、甘酸っぱい、あのころの自分に背中を押されたような気になってしまうのかしら。

もしかすると、
当事者世代はリアルに近すぎてしまうから、俯瞰で見れなくて
「ワケわかんね~」ところがあるのかも。

終了後にそう言っている、若者3人組が隣にいたんです。

きっと部活グッズを持ってきてて、1000円で観てるんだろうなっていう(渋谷東急限定)。

ご存じのとおり、この映画、部活をやめてしまうという、バレー部のエースで
頭がよくて、スターな桐島は、出てはきません。

結局、神木隆之介くん扮する、クラスでは目立たない地味な存在の

映画部の前田がイチバン幸せ者なんですよ。

うん、そうに違いないんですよ。

桐島の親友、というか同類の
菊地宏樹という、イケメンを演じた東出昌大くんを見いだせたのは
それはそれで、よかったですが(* ̄ー ̄*)

続きを読む "『桐島、部活やめるってよ』前田、部活たのしいってよ。" »

2012年8月22日 (水)

『おおかみこどもの雨と雪』にある子離れと親ゴコロ

T0012138q_2

おおかみこどもの雨と雪

★★★★★

親がイチバン難しいのは
子どもから離れることだ

子育てと、子離れ。

子どもが自分の生きる道を見つけ、
信じられる人、信じられる世界を見つけていくお話。

それを親が見守る、見送るお話。

細田守監督の『サマーウォーズ』も『時をかける少女』も、
どちらかというと、すっかり出遅れて、話題になってから観て、

なるほど!みんなが大好きになるワケが分かるっと思ったものですが

本作は早い段階から、映画を生業にする方々からの絶賛の嵐。

そして、同い年の娘を持つ友人からも「号泣した!」との知らせ。

これは、子どもと一緒に観たかったようでいて、

実は、子どもと一緒に観るには、どこかこっぱずかしい親ゴコロにあふれ過ぎていて、

一緒じゃなくてよかった、とちょっとホッとしながらも

子どもたちと一緒になって号泣しているママさんたちがうらましくもあったりと

微妙な気分にさせられました。

親たるもの、

子どもがああいうふうにして行くまで、そばにいて、

ご飯をつくり、ともに学び、

日常を過ごし

「大好きだよ」と、「大丈夫だよ」と

「いてくれてありがとう」と伝えていく、

それが親の務めの1つなのだなと。

そして、【時】がきたら、

勇気を持って、子どもたちをああやって送り出すんですね。

 

続きを読む "『おおかみこどもの雨と雪』にある子離れと親ゴコロ" »

2012年8月19日 (日)

その子を受けとめる『隣る人』

Photo

隣る人

★★★★★

子どもに伝えたい
「どんなあなたでも、大好き」

本来、親が子にいうべき言葉なのだろうと思いますが、

さまざまな理由から、その言葉を言ってやれない人がいます。

言ってもらえない子がいます。

そんな人たちと子どもたちのために、
このドキュメンタリーの舞台である児童養護施設「光の子どもの家」があります。

刀川和也監督は、なんと8年もの年月をかけて、ここの子どもたちに寄り添ったそうです。

例えば、ある1人の女の子・むっちゃん。

彼女のような子を、なんだか知っているような気がします。

「何撮ってんだよ、ヘンタイ!」

まだ就学前の少女が放つ、この容赦ない言葉にも動じることなく、

カメラはよけいに、彼女に注目していくことになります。


続きを読む "その子を受けとめる『隣る人』" »

2012年8月11日 (土)

『聴こえてる、ふりをしただけ』子どもだって精いっぱい悲しい

Photo

聴こえてる、ふりをしただけ

★★★★

11歳の少女がたどる
喪失感の昇華と再生への道すじ

ものすっごく難しい、命題を投げかけられてる気がしました。

私たち、大人に対して。

主人公は、突然の事故で母親を亡くした11歳、小学5年生のサチ。

「お母さんは魂になって、サッちゃんのことを見守ってくれている」

周りの大人たちはそう言いますが、サチはイマイチ納得ができません。

学校でも、クラスメートとの間に何となくの異質感が生まれたことを感じていたところへ、

お化けという目に見えないものの存在を信じ、
真剣に怖がる転校生・のんちゃんがやってきます。

のんちゃんは、「ひまわり学級」と呼ばれる
特別支援学級にも通っている、おそらく何らかの発達障がいを持っている子でした。

「お化けが怖くて」1人ではトイレに行けない
のんちゃんに、サチは興味を持ち始めます。。。

子どもの心の素直さ、柔軟さ、そして残酷さをよく知る監督だな、と思います。

2児の母親であり、現役の精神科の看護師。
小児科での経験もおありという、今泉かおり監督です。

パートナーは『こっぴどい猫』の今泉力哉監督。
ご夫婦そろって、映画監督なのです。

育休中に撮影したという本作は、今年2月、第62回ベルリン国際映画祭で
13歳以下の子どもたちが審査員を務める「ジェネレーションKプラス部門」にて
子ども審査員特別賞を受賞しています。
 

やはり11歳、小学5年生というお年ごろが、絶妙なんです。

 

続きを読む "『聴こえてる、ふりをしただけ』子どもだって精いっぱい悲しい" »

2012年8月10日 (金)

『トータル・リコール』でもリコールされないこと

Photo_2

トータル・リコール

★★★

“記憶”に縛られず
なりたい自分になればいい

そう言っちゃうと、元も子もないんですが、
いわずと知れた、シュワちゃん主演、ポール・バーホーベン監督による
1990年の伝説的なSF映画を

コリン・ファレル主演、『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督でリブート、
再起動です。

原作は、SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』。未読ですが…。

オリジナル版は伝説的と書きましたが、それこそ記憶に残る名物シーンたくさんありますよね。

シャロン・ストーン演じる主人公の妻が突如、豹変するところとか

ぶっ壊れたタクシーのロボ運転手とか

発信器を取り除くために鼻に器具をつっ込むところとか

おばちゃんの顔が崩れて、シュワちゃん登場とか

火星で酸素欠乏中のシュワちゃん登場とか

レジスタンスのリーダー、クワトーの存在とか

ほとんどトラウマといってもいいような(!?)映像体験の数々。

その辺の期待度は高まるところかと思いますが、

リブート版の設定は、かなり違っています。

舞台は火星ではなく、全世界的な化学戦争後の地球。

世界は、富裕層の暮らす地域・ブリテン連邦=UFB(今の地球でいうとEUのあたり)と
労働者層の暮らす地域・コロニー(オーストラリアのあたり)に分断されていて

「フォール」と呼ばれる地球のコアを通る超巨大なエレベーターによって
労働者は富裕地域まで働きに行く、

ということになっています。

ちょっと『TIME/タイム』っぽいですかね。

労働者層の地域は、まるで『ブレードランナー』のような世界観でした。

 

続きを読む "『トータル・リコール』でもリコールされないこと" »

2012年8月 4日 (土)

『トガニ 幼き瞳の告発』からの触発

Photo

トガニ 幼き瞳の告発

★★★★★


子どもたちの声なき声に
怒りの涙があふれる


映画は、エンターテイメントであるとは思います。

ドキドキ、わくわく、楽しく、時間を忘れて異世界に行くのもまた一興。


しかし、この映画はそういう作品ではありません。

韓国の聴覚障害者学校で、実際に起こった児童虐待事件をもとにした小説の映画化で

衝撃を通り越した事実を、広く、より多くの人に
知ってもらうための手段として映画化されたという作品なんです。


主人公の美術教師イノを演じたコン・ユが、
兵役中に原作の小説を読み、自ら企画を持ち込んだそうです。

『あなたの初恋探します』やTVドラマ「コーヒープリンス1号店」など
そういう路線で人気者になったのならば、

ふつうは、こうした、下手するとマイナスイメージになりかねない
シリアスな実話モノは敬遠するものだろうと思います。

それでも、「こ、これは!」と思って映画化に向けて動いた
コン・ユをはじめ、
ファン・ドンヒョク監督、原作のコン・ジヨン氏、スタッフ・キャスト陣、

そして、しんどい役を演じた子どもたちに、拍手を送りたいです。

続きを読む "『トガニ 幼き瞳の告発』からの触発" »

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ