twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『桐島、部活やめるってよ』前田、部活たのしいってよ。 | トップページ | 『「わたし」の人生(みち)我が命のタンゴ』手と手をとって »

2012年9月 1日 (土)

おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』

Photo_2

最強のふたり

★★★★★

住む世界が違っても、
最強になれるふたり

フランス国民の3人に1人が見た、という大ヒット。

ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。

昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主演男優賞(写真の2人とも)
をW受賞。

ハリウッドリメイクも早々に決定。

ということで、

めちゃくちゃ楽しみにして、拝見しました。

冒頭の、はちゃめちゃで、衝撃的な、楽しい、ノリノリのシーンが、

そういうことでつながっていくとは!

震災以降、

絆とか、つながりとか、さかんに言われております。

どうも何となく、うさんくさいキャッチフレーズだな、と思っております。

すみません。

でも、実話をもとにした、
ユーモアたっぷりのこの映画には、

それらが、しかとあります。

現時点とりあえず、今年ナンバー1であることは間違いないです。

 

事故で、首から下がまひしてしまった大富豪のフィリップと、

スラム街出身の陽気な青年・ドリス。

住む世界も、好きな音楽もまったく違うこのふたり。

フィリップの介護人募集にやってきたドリスは、

失業保険さえもらえばよかったのに、

なぜか採用決定。

大きな体で、楽々とフィリップを車いすに運びますが、

あらら、ベルトしないと落ちちゃうでしょ〜、というありさまで、

介護の経験はまったくゼロ。

しかも、まだ幼い弟や妹がいて
半年も家に帰っていないことから、何だかワケありそう…。

しかし、しかし!

そのドリスのドストレートな、明るい好奇心とお節介によって、

フィリップは、内にこもらせていた感情を表出させることができ、

新たな楽しみを知り

けっして同情しないドリスの態度に、心を許していくことになります。

一方、「同情するなら金をくれ」を地でいくドリスもまた、

根は、とても折り目正しい人。

フィリップのおかげで、洗練された世界を知り、

教養や社会性を身につけていくことになります…。

今、ちょうどパラリンピックが開催中。

1日中テレビをやるという夏休み恒例の番組も終わったばかり。

障がい者理解とは。

介護とは。      から、

格差とは。

貧困とは。

教育とは。

労働とは。

友情とは。

思いやりとは。

いやしとは。

そもそも、1対1の人間同士として

お互いを理解することとは。歩み合うこと、寄りそうこととは。

笑い泣きのくり返しの中で、

そんなことまで考えてしまいました。

おそるべし、このコメディ。

そして、いま、案の定

「受容」という言葉をかみしめています。

受け入れること。

同情や特別扱いをするんじゃなくて、共感すること。

「お前はそうなのか、ああ、そうだったのか。」ということ。

ああ、そうだったのか。

だからこそ、ここには

最強にやさしくて、強い、心からのきずながあると思うのです。

最強のふたり - goo 映画

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『桐島、部活やめるってよ』前田、部活たのしいってよ。 | トップページ | 『「わたし」の人生(みち)我が命のタンゴ』手と手をとって »

コメント

iinaさま、コメントありがとうございました。

昨年の東京国際映画祭のとき、Twitterでフォローしてる方々が
絶賛されていたわけがよくわかりました。

>不採用にしろと失業給付を悪用しようとする者を採用することは、普通ならしないことを、悪戯心を起こした富豪が一番ピッタリする相性を見つけるなんて、人生万事塞翁が馬のこころです。

本当ですね!意外な出会いから、物事が大きく変わることってありますものね。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ちょうどパラリンピックが開催中なので、日本ではタイムリーな作品になりました。(わが町では、10月公開。)

本作は、ヨーロッパ各国で絶賛、各賞受賞の嵐。
日本でも、昨年の東京国際映画祭でグランプリと主演男優賞(2人とも)をW受賞だったのですね。
まさに、おそるべし、このコメディです。

不採用にしろと失業給付を悪用しようとする者を採用することは、普通ならしないことを、悪戯心を起こした富豪が一番ピッタリする相性を見つけるなんて、人生万事塞翁が馬のこころです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/55552188

この記事へのトラックバック一覧です: おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』:

» 【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス [Nice One!! @goo]
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ...... [続きを読む]

» 『最強のふたり』試写 [Nice One!! @goo]
2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。 いろいろ応募したらめ...... [続きを読む]

» 最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ...... [続きを読む]

» 「最強のふたり」心はひとつ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・ [続きを読む]

» 『最強のふたり』 [ラムの大通り]
(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電動車椅子に乗っている白人と それを介助している黒人。 このふたりに“最強”という...... [続きを読む]

» 最強のふたり [ハリウッド映画 LOVE]
原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・ルフーロ、アンヌ・ル・ニ [続きを読む]

» 最強のふたり / Intouchables (Untouchable) [勝手に映画評]
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の 3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。...... [続きを読む]

» 最強のふたり [新・映画鑑賞★日記・・・]
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、ト...... [続きを読む]

» 最強のふたり [映画 K'z films 2]
Data 原題 INTOUCHABLES 監督 エリック・トレダノ 出演 フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ  オドレイ・フルーロ  クロティルド・モレ 公開 2012年 9月 [続きを読む]

» 心は自由。『最強のふたり』 [水曜日のシネマ日記]
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。 [続きを読む]

» 最強のふたり [風に吹かれて]
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ [続きを読む]

» 最強のふたり [とりあえず、コメントです]
実話をもとに、偶然に出会った二人の男が深い絆を紡ぎ上げていく姿を描いたヒューマンドラマです。 昨年の東京国際映画祭で見逃した時から、ずっと公開を待っていました。 フランス映画らしくさらっと描きながらも、ユーモアに満ちていて心が温かくなるような作品でした。 ... [続きを読む]

» 心は自由。『最強のふたり』 [水曜日のシネマ日記]
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。 [続きを読む]

» 最強のふたり [to Heart]
さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ 車い...... [続きを読む]

» 映画「最強のふたり」 [FREE TIME]
映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 『最強のふたり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■劇場 ...... [続きを読む]

» 最強のふたり/大丈夫、なんとかしてやるから。 [映画感想 * FRAGILE]
最強のふたりIntouchables/UNTOUCHABLE/監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ/2011年/フランス 誰にでも態度を崩さない人、というのは、ごくまれにいます。 人によって態度を変えるのは、わたしは割と当然のことと受け取っていて、ところが一度、誰に対してもまったく態度を変えることがないひと、に会ったことがあるんですね。あまりにも『自分』がしっかりとありすぎて、面食らいました。その人はそれで他人に愛されていたので、ほんとうに、素晴らしいことと思います。 あらす... [続きを読む]

» 最強のふたり [Akira's VOICE]
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。   [続きを読む]

» 最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ [労組書記長社労士のブログ]
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募...... [続きを読む]

» 『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い [映画のブログ]
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...... [続きを読む]

» 「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク [はらやんの映画徒然草]
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が [続きを読む]

» 映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog@FC2]
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...... [続きを読む]

» 映画「最強のふたり」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「最強のふたり」観に行ってきました。 頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから始まる、フランスのヒューマンコメディドラマ作品。 今作は本来、日本では2012年9月1日から全国公開されているのですが、熊本ではど... [続きを読む]

» 最強のふたり [にきログ]
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あらすじ 不慮の事故で全身...... [続きを読む]

» 最強のふたり [だらだら無気力ブログ!]
とっても良い映画だった。 [続きを読む]

» 映画『最強のふたり』を観て [kintyres Diary 新館]
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマール・シ...... [続きを読む]

« 『桐島、部活やめるってよ』前田、部活たのしいってよ。 | トップページ | 『「わたし」の人生(みち)我が命のタンゴ』手と手をとって »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ