twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 思わず、ググる『モンサントの不自然な食べもの』 | トップページ | 『鍵泥棒のメソッド』の心を奪うメソッド »

2012年9月10日 (月)

『夢売るふたり』が夢見たもの

Photo

夢売るふたり

★★★★

脳裏にこびりつく、男と女の奇妙な形
いかんとも理解しがたい夫婦の関係

本当に、やばいお話をよく考えるものですね。西川美和監督ったら。

松たか子さん、よく受けたよね。よくやったよね。

阿部サダヲさんが、こうも人たらしだったとは、よく気づいたよね。

夫婦は「運命共同体」などといいますけれど、

そうはいっても、
いざなったら、
女はしぶといし、がめついし、本領を発揮します。

本能を大事にします。

チラシのメインビジュアルのこの写真、

映画をご覧になった方ならおわかりと思いますが

今まで築いてきたものが、すべて、目の前で壊れていくシーンです。

阿部さんの途方にくれた表情に比べて、

松さんのこの、まるで何かに目覚めたかのような、何事かを決意したかのような
むきだしの気持ちの入りようったら。

この目を見たときに、ああ、これは、すごい映画を観ることになるぞ、と思わずにいられませんでした。

だから、生々しいと言われてしまうんでしょうかねえ。

でも、まるで納豆のように、この後引く感じ、嫌いじゃないです。

 


<ややネタバレがあるかも>

おっとそう来るか!?という場面は、何度も何度もやってきますが、

結婚詐欺を繰り返していたら、

いずれ、出てきますよ。
共に夢を追うはずの妻と一緒にいるよりも、

居心地よくなる場所が。
落ち着いてしまえる場所が。

そんなときにも、いや、そんなときだからこそ、

こっちを突き放すようなアクシデントを起こして、
あいまいな終わらせ方をして

後に引く、モヤモヤした感じを残すんですよね。

これはもはや、西川流といってもいいのかもしれませんよね。

女って怖い。

という男性陣もいることでしょうが、

男だって、ずるいじゃないですか。

やっぱり自分がリードしたい場所、自分を崇めてくれる場所にいたいんじゃないですか。

『ゆれる』のあの兄弟が、
『ディア・ドクター』のあの師弟が

脳裏にこびりついて離れないように、

今度はこの夫婦が・・・

夫婦?なのか何なのか

よくわからない関係の男と女(たち)が頭から離れません。

奇妙な、いかんとも理解しがたい夫婦の形。

それでも一緒にいる、やむを得ない葛藤。

松さんに心底、女優魂を感じました。
その迫力、すさまじかったです。

だまされる女性陣も皆さん、ハマリ役でした。

夢売るふたり@ぴあ映画生活

夢売るふたり - goo 映画

↓洗濯物をたたみながら言う、兄の言葉がねえ…

↓幕の引き方としては、けっこうまとも。

↓デビュー作から心奪われてました。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 思わず、ググる『モンサントの不自然な食べもの』 | トップページ | 『鍵泥棒のメソッド』の心を奪うメソッド »

コメント

uereiさん、こんにちは。

一昨日の拙サイトの更新で、こちらの記事を拙日誌からの直リンクに拝借したので、
報告とお礼に参上しました。

チラシでの目への言及、さすがですね。
僕も松たか子すごい!って、そればっかでした(笑)。
西川作品としては、僕はあまり買ってないのですが、松たか子は絶品でしたね。

どうもありがとうございました。

rose_chocolatさん、コメントありがとうございました。
遅くなってすみませんでした(__;)

> 女は怖い!って言われているこの映画ですが、裏を返すと、男のずるさ・卑怯さが目についちゃってしょうがないですねえ、

本当に。それもひっくるめてラストがあるんだと思うと、やっぱり男のほうが浅はかであり、
目先の楽しさに溺れやすい、というところに共感いたしますw

いつもTwitterではありがとうございます。

>男だって、ずるいじゃないですか。
ねえ、ずるいですよねー(笑) ほんとに。 
女は怖い!って言われているこの映画ですが、裏を返すと、男のずるさ・卑怯さが目についちゃってしょうがないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/55626292

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢売るふたり』が夢見たもの:

» 女のプライド。『夢売るふたり』 [水曜日のシネマ日記]
結婚詐欺に手を染める夫婦を描いた作品です。 [続きを読む]

» 【夢売るふたり】夢食う女 [映画@見取り八段]
夢売るふたり 監督: 西川美和   出演: 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、安藤玉恵、江原由夏、木村多江、伊勢谷友介、香川照之、笑福亭鶴瓶、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古館寛治、小林勝也 公開: 2012年9月8日       とても痛々…... [続きを読む]

» 『夢売るふたり』 (2012) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督・脚本・原案: 西川美和 出演: 松たか子 、阿部サダヲ 、田中麗奈 、鈴木砂羽 、安藤玉恵 、江原由夏 、木村多江 、やべきょうすけ 、大堀こういち 、倉科カナ 、伊勢谷友介 、古舘寛治 、小林勝也 、香川照之 、笑福亭鶴瓶 試写会場: アスミッ...... [続きを読む]

» 『夢売るふたり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「夢売るふたり」□監督・脚本・原案 西川美和□キャスト 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、       江原由夏、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古舘寛治、       小林勝也、伊勢谷...... [続きを読む]

» 映画「夢売るふたり」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「夢売るふたり」観に行ってきました。 結婚詐欺をテーマに男女間の複雑な心情や葛藤などを描いた、阿部サダヲと松たか子の2人が夫婦として主演を担う人間ドラマ作品。 作中では「本番」さながらのセックスシーンが3回ほど出てくることもあり、今作は当然のことながらR-15指定されています。 作中で披露される... [続きを読む]

» 夢売るふたり [to Heart]
人間最大の謎は、男と女 製作年度 2012年 上映時間 137分 映倫 R15+ 脚本 監督 西川美和 出演 松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/木村多江/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑福亭鶴瓶 『ディア・ドクター』などで高評価を得た西川美和監督がメガホンを...... [続きを読む]

» 夢売るふたり [風に吹かれて]
女心は複雑公式サイト http://yumeuru.asmik-ace.co.jp原案・脚本・監督: 西川美和  「ゆれる」 「ディア・ドクター」 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻(松 [続きを読む]

» 「夢売るふたり」:松たか子がグレート [大江戸時夫の東京温度]
映画『夢売るふたり』、西川美和監督ですからクォリティーは保障されたようなもの。や [続きを読む]

» 詐欺によって [笑う社会人の生活]
10日のことですが、映画「夢売るふたり」を鑑賞しました。 小料理屋を営む 夫婦 貫也と里子だったが、火事により全てを失う あるきっかけでふたりは結婚詐欺をし 店再開の資金を稼ぐのだが… 西川美和監督作 彼女らしい作品で 詐欺といってもコンムービーではなく サス...... [続きを読む]

» 映画:夢売るふたり 徐々に壊れていく、松たか子。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
西川美和の待望の新作。 というのは当ブログでは、 (2009年07月21日)映画:「ディア・ドクター」 評判に違わぬ、日本映画を切り拓く一作 (2009年08月03日)西川美和監督作品「ゆれる」に今更ながら衝撃  という具合で絶賛してきたから。 「真実」「うそ」、「記...... [続きを読む]

» 「夢売るふたり」 愛の行く末 [はらやんの映画徒然草]
だいたい映画を観たあとすぐにレビューを書くのですが、本作はちょっと苦労しました。 [続きを読む]

» 夢売るふたり(2012-115) [単館系]
夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日、貫也が常連客と一夜を...... [続きを読む]

« 思わず、ググる『モンサントの不自然な食べもの』 | トップページ | 『鍵泥棒のメソッド』の心を奪うメソッド »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ