twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『任侠ヘルパー』の肝心な部分 | トップページ | 『ドリームハウス』はグリーフワークの家だった »

2012年11月19日 (月)

遠くて近い『声をかくす人』のその理由

Photo

声をかくす人  The Conspirator

★★★★


「共謀する者」という原題にも注目

ロバート・レッドフォード監督作品。
南北戦争終結直後に起こった、リンカーン大統領暗殺の
その背後にあった実話をもとに、

政治的なメッセージあり、母の愛ありの、最近では一風めずらしい、
重くて、見応えのある史実映画となっています。
(あ、『アルゴ』もありましたが…)

「人民の、人民による、人民のための政治」の演説をしてからおよそ2年後、

演劇を観賞中のリンカーン大統領は、ブースという名の俳優らによって暗殺されてしまいます。

その暗殺者たちを宿にかくまった罪で
アメリカ史上、初めて死刑となった女性が、
ロビン・ライト演じる
メアリー・サラット。

彼女が、いわば「声をかくす人」になるわけでして。

彼女の弁護を担当することになった若き弁護士フレデリック・エイキンの視点で
「正義」と「真実」を探っていく物語となっています。


ところが、暗殺にかかわった者たちの裁判は、 

みな市民であるのに、陸軍主導の軍法会議の形をとるわ、


この国のどこぞの組織と同じように、 容疑者たちの罪を問う者も、

裁く者たちも 同じ北軍側、
リンカーンの仇を何としてでもとりたいと思っている人たちで。

「この国のために」!

何としてもリンカーンの仇を打たなければ。

そのうち南軍の残党が攻めてくるぞ。


世論をも、そうやって憤怒と憎しみと、恐怖の中に巻き込み、

無実を訴えるメアリーと、彼を弁護するフレデリックを孤立させていくのです。


まるで、それは先にシナリオありき、 大義名分ありきの「正義」。

現代のアメリカ、そして日本にも通じている面があります。


そんな中でも、フレデリックは、

メアリーが頑なまでに隠す 「真実」を追究していくことになるのですが…


この弁護士フレデリックを演じたのは、ジェームス・マカヴォイ。

 
どうも、彼には役不足感とでもいいますか、青二才のイメージが強く、
偉そうにはしているけれども実績がともなっていない感じがして(私だけかも!? 南北戦争の英雄といわれてもピンとこず…)

だからこその、つっ走りぶりというか真摯な熱血さと、ラストへの成長が、

かえってハマリ役だったように思います。

もちろんロビン・ライトはじめ、その娘を演じたエバン・レイチェルも素晴らしいですし、脇を固める俳優陣も豪華。

こうした硬派な映画を、じっくりと

大切な選挙の前に観ておくのも、いいんではないでしょうか。



声をかくす人 - goo 映画

声をかくす人@ぴあ映画生活

↓こちらもロバート・レッドフォードの気概を感じます。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog

・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。

Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m

Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『任侠ヘルパー』の肝心な部分 | トップページ | 『ドリームハウス』はグリーフワークの家だった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/56147685

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くて近い『声をかくす人』のその理由:

» 声をかくす人 (試写会) [風に吹かれて]
不当な裁判公式サイト http://www.koe-movie.com10月27日公開実話に基づく映画製作・監督: ロバート・レッドフォード南北戦争終結から間もない1865年のワシントンで、リンカーン [続きを読む]

» 「声をかくす人」彼女がかくし続けた物…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ロバート・レッドフォード] ブログ村キーワード  “名優”ロバート・レッドフォード5年ぶりの監督作品。「声をかくす人」(ショウゲート)。リンカーン大統領暗殺の共犯として、アメリカ合衆国史上初めて処刑された女性の物語を、丁寧に描き出しています。  南北戦争終結間近の1865年4月14日。観劇中のリンカーン大統領が、南部出身の俳優ジョン・ウィルクス・ブースによって暗殺される。北軍の陸軍長官・スタントン(ケヴィン・クライン)は、総力を挙げて犯人を追跡。ブースは逃亡中に射殺され、8人の共犯者... [続きを読む]

» 「声をかくす人」:まじめな正義の伝統 [大江戸時夫の東京温度]
映画『声をかくす人』は、ロバート・レッドフォード監督作品らしい「まじめさ」一本槍 [続きを読む]

» 彼女が守ったもの [笑う社会人の生活]
19日のことですが、映画「声をかくす人」を鑑賞しました。 メアリー・サラットはリンカーン大統領暗殺グループへのアジト提供で捕らえられる 彼女は無実を主張し、担当弁護士フレデリックは苦悩するのだが・・・ 実話ベースのストーリーだが まだまだ知らぬことは多いな...... [続きを読む]

» 『声をかくす人』 「現代と何の関係があるんだ?」 [映画のブログ]
 「魅力的な物語だが、現代と何の関係があるんだ?」  みんなにそう云われたと、脚本家のジェームズ・ソロモンは述懐している。18年前に『声をかくす人』の脚本を書きはじめた頃のことだ。  公式サイトは...... [続きを読む]

« 『任侠ヘルパー』の肝心な部分 | トップページ | 『ドリームハウス』はグリーフワークの家だった »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ