twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« こんなに危うい!?『危険なメソッド』 | トップページ | 『ミラクルツインズ』が伝えるライフ・イズ・ミラクル »

2012年11月 6日 (火)

『終の信託』に必要なものとは?

Photo

終の信託

★★★

もっと家族で話し合おう

自らのリビングウイルとエンディング

それは医療か?殺人か?

『Shall we ダンス?』以来、

草刈民代と役所広司で

周防監督が16年ぶりに送るラブストーリーという触れ込みでした。

テーマは尊厳死、延命治療、終末医療、リビングウィル(生前の意思)

人生を終えるとはどういうことか。

前半は、医療ドラマ、後半は、大沢たかお扮する検事と

草刈民代演じる女医との一騎打ちとなる検事ドラマの様を呈します。

「仁」の心を一切排した、

大沢たかおの冷徹さと、頑なさが印象的でした。

同僚との不倫に傷つき(浅野忠信がただただ、嫌な人で…)、

自殺未遂をした医師が

重度のぜんそく患者と心を通わせることで、癒やされていき、

「そのときが来たら、楽にしてください」と、
楽に逝かせてくださいと、患者自らの死を託されるということですが。

ぜんそく日誌に「おれの気持ちは書いてある」と、
例えば奥さんか、子どもにでも
言うことができていればよかったのかもしれませんが、

長年、江木に尽くしてきて“犠牲になっている”(と江木が思っている)
ことから、彼らには言えなかったのでしょうか。

病状も、ご本人の気持ちも、
どうすれば治療を終えられるかも、十分承知していた医師であるからこそ、
終を信託できたのでしょうか。

だとしたら、ちょっとさみしい。
これがラブストーリーだとするならば、
やはりちょっと奥さんが不憫かなと、私は思います・・・。

この映画を拝見する以前からも
「もしものとき・・・」うちの相方からは、

・延命のためだけの治療はするな。
・胃ろうはするな。
・抗がん剤は使うな。
・臓器提供の意思がある。

ということなどを言われています。
こうしたことは、
もっと、もっと家庭の中で話されていてもいいことだと思うんです。

死を語ることを忌み嫌うのでなく、

どうしたら、
どこであっても、個人が尊厳を保ちながら死に向かうことができるか、

もっと、もっと、もっと話題にのぼってもいい。

超高齢社会においては、尊厳死法案の成立の前に必要なことであろうと思います。

ちなみに、ERの先生と看護師は、本物ぽかったですね。

終の信託@ぴあ映画生活

終の信託 - goo 映画

「死を処方する男」といわれた、ジャック・ケヴォーキアン医師の話

↓こちらも考えさせられます。主人公があのハビエル・バルデムとは思えない。

↓これが、裁判。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« こんなに危うい!?『危険なメソッド』 | トップページ | 『ミラクルツインズ』が伝えるライフ・イズ・ミラクル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/56058758

この記事へのトラックバック一覧です: 『終の信託』に必要なものとは?:

» 『終の信託』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「終の信託」□監督・脚本 周防正行□原作 朔立木□キャスト 草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、細田よしひこ■鑑賞日 10月28日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  命の重さを量...... [続きを読む]

» 大沢たかお 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優・女優 [Nowpie (なうぴー) 俳優・女優]
大沢たかお の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

» 終の信託 [佐藤秀の徒然幻視録]
それでも私は殺してない? 公式サイト。朔立木原作、周防正行監督、草刈民代、役所広司、大沢たかお、浅野忠信、細田よしひこ、中村久美。現実に起き、世間を騒然とさせた女医によ ... [続きを読む]

» 終の信託 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
終の信託 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る現実世界でも議論が絶えない尊厳死を扱う社会派ドラマ「終の信託」。取調べ室と医療現場を行き来する構成がサスペンスフルだ ... [続きを読む]

» 「終の信託」:ヘヴィーな圧迫感 [大江戸時夫の東京温度]
映画『終の信託』を観て、心底疲れました。精神的に、とってもヘヴィーです。 検察庁 [続きを読む]

» 終の信託 [映画的・絵画的・音楽的]
 『終の信託』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)これまで周防正行監督の作品は、『シコふんじゃった』(1991年)、『Shall we ダンス?』(1996年)、『それでもボクはやってない』(2007年)と見てきていますので、この作品もと思って映画館に出かけました。  物語...... [続きを読む]

» 「終の信託」 いろいろ考えさせられました [はらやんの映画徒然草]
「尊厳死」を題材にしているのは予告からわかりました。 重いテーマだなと思い、これ [続きを読む]

» 『終の信託』 作文には書けないもの [映画のブログ]
 さすがは周防正行監督だ。『終(つい)の信託』は144分もの長さがありながら、名人芸ともいえるショットの積み重ねで、一瞬の無駄もない。  いや、一瞬の無駄もなく切り詰めに切り詰めたからこそ、この緊迫...... [続きを読む]

» 終の信託 [まてぃの徒然映画+雑記]
周防正行監督の新作は、尊厳死をテーマにした重い作品。検察の高圧的な取り調べの様子は『それでも僕はやってない』と相通じるものもあったりして。 喘息の発作を起こして入院した江木(役所広司)と担当医の折井(草刈民代)、江木は最初ステロイド剤の服用にも警戒心...... [続きを読む]

» 映画『終の信託』を観て [kintyres Diary 新館]
12-90.終りの信託■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:144分■観賞日:11月18日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:0円 □監督・脚本:周防正行◆草刈民代(折井綾乃)◆役所広司(江木泰三)◆浅野忠信(高井則之)◆大沢たかお(塚原透)◆細田よしひ...... [続きを読む]

« こんなに危うい!?『危険なメソッド』 | トップページ | 『ミラクルツインズ』が伝えるライフ・イズ・ミラクル »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ