twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 生かされた いのち『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 | トップページ | 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』真新しい自分にね »

2013年1月31日 (木)

『人生、ブラボー!』子だくさんで、いいじゃない!?

Photo_2

人生、ブラボー!

★★★★4.5


このいのちを分け合ったとき
ブラボー!と思えるに違いない



あったかな気持ちになる、とても心地よい映画です。

スピルバーグのドリームワークスでハリウッドリメイクも決まっているそうですが、それはどうでもいい、というか、

要は、それほど面白いということで。


トロント国際映画祭2011をはじめ、各国の映画祭で
“観客賞”を獲得しているのも納得。
観客に愛された映画というのは、よくわかります。

ユーモアの中に主人公の成長と、愛と、いのちと、尊厳あり。
『最強のふたり』にも通じる部分がありますね。


いい年して毎日、仕事に遅刻、借金取りに追われている、
中年男デヴィッド。42歳、独身。

いつもだいたい、アベンジャーズのTシャツにジャージ姿(^_^;


決して、若気の至り、というわけではないですが!

かつて、お金のために
「Starbuck(スターバック)」という匿名で
精子バンクに自らのを提供した過去がありました。


その数、なんと693回!
そのうち、彼の精子で生まれた子どもが533人!

あるとき、恋人ヴァレリーの妊娠がわかるのとほぼ同時に


その533人の子どもたちの内の143人から、
匿名の父親「スターバック」の

身元開示を求める訴訟を起こされることになります。


今さら「あのときは、お金が必要だっただけ」とは言えません…。

匿名を守るために、友人の弁護士(こっちは4人の子持ち)とともに、
訴訟の準備を始めることに。

この友人が言うことにゃ、子どもはいわばブラックホール。
エネルギー、時間、金…みんな吸い取られるって。

戦々恐々とするダヴィッドですが、
何気なく原告団の1人の書類を見てみると、
それは、好きなサッカーチームのスター選手!


早速、試合を観に行き

「おれの遺伝子を分けた子が、あんなに輝いてる!」ことを目の当たりにするのです(メインビジュアルで使われてる写真ですね)。


それを機に、ランダムに選んだ子どもたちの自宅や職場にこっそり出向き、
遠くから様子をうかがったり、
時には話しかけたり、影ながら応援するようになります。

それも、いろんな子どもたちがいます。

売れない俳優のたまご、ドラッグに溺れている子、ストリートミュージシャン、
プールの監視員、ネイリスト、ひきこもりのナード…
中には障がいを持って生まれた子も。

それがこのダヴィッド、イマイチ大人になりきれてなくて

いい加減なところもあるんですけれども、
すごく優しくて、明るくて、いわゆる“人たらし”なんですよね。

だから、出会った人が、みんな彼を好きになっていくんです。


最初はアメコミのTシャツをまとって、子どもたちを影から見守るヒーローとか
守護天使のようなつもりでいたけれども

リアルな存在として子どもたちにかかわっていくうちに
次第に、子どもたちにも、また彼自身にも

変化が生まれていくことになります。

そして、まるで寓話のような、ラストへの向かい方。


面倒だけど、愛おしい。

そんな存在の大切さをかみしめることになり

心があたたかな気持ちでいっぱいになりました。

きっかけはどうあれ、そうやってみんな生まれてきた。

育まれてきた。

そして今、生きている。

親になるって、捨てたもんじゃないですよ。ホント。



だからこそ、何気ないその営みが、いのちの始まりの一端であると、気に留めておいてほしいんです。

大事にしてほしい。特に10代の子たちに、そう思います。

↓例えば『理想の出産』とか『恋愛だけじゃダメかしら?』を

彼女やパートナーと一緒に見て、ドン引きしちゃったり、自信がなくなってしまったという男性陣には、特にオススメしたいかも。


↓ジュリア・ロバーツ製作総指揮。人工授精で生まれた天才少年ヘンリーとその家族の再生の物語。トニ・コレット好き。
↓やっぱり子どもとしたら、遺伝子上の父親に会いたくなるのでしょうか。この映画の場合は、ちょっとそのパパがやり過ぎちゃったのかなw

人生、ブラボー! - goo 映画

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。

Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m

Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 生かされた いのち『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 | トップページ | 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』真新しい自分にね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/56666602

この記事へのトラックバック一覧です: 『人生、ブラボー!』子だくさんで、いいじゃない!?:

» 人生、ブラボー! [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
独身中年男が535人の父親になって人生を見つめ直す人情コメディ「人生、ブラボー!」。ダメ男の主人公がなぜかみんなに愛される理由が次第に分かってくる。42歳のダヴィッドは、借 ... [続きを読む]

» 人生、ブラボー! [ダイターンクラッシュ!!]
2013年2月1日(金) 19:30~ チネ10 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 愛すべき駄目男、第二弾 『人生、ブラボー!』公式サイト フランス語を喋るのに、通貨がドルだ。 何なんだよ?と思っていたら、舞台はカナダのケベックだった。 若い頃金稼ぎのため、600回超も精子提供をした、帝王ベーションことダヴィッド。 ある日、遺伝子上の息子娘500超のうち150人くらいから集団訴訟を起こされる。 すべての人間と仲良くできるのでないかと思わせるハートウォーミングな作... [続きを読む]

» 人生、ブラボー! [風に吹かれて]
命を与えてくれた人 公式サイト http://jinseibravo.com父親の精肉店で運送係をしている42歳の独身男ダヴィッドは、気ままでだらしない生活を送り、多額の借金の取り立てに追われ、妊娠し [続きを読む]

» 『人生、ブラボー!』。 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:カナダ映画、ケン・スコット監督&脚本、マーティン・プティ脚本、パトリック・ユアール、アントワーヌ・ベルトラン、 ジュリー・ルブレトン、サラ=ジャンヌ・ラブロッセ、パトリック・ラブ、マーティン・プティ出演。... [続きを読む]

« 生かされた いのち『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 | トップページ | 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』真新しい自分にね »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ