twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『理想の出産』母性の幻想を打ち砕け! | トップページ | 『東京家族』あなたの、わたしの、だれかの物語 »

2013年1月13日 (日)

『映画 鈴木先生』のメソッドで教育論に風穴を

Photo

★★★★


鈴木チルドレンが学校から世界を変えていく


おかえりなさい、鈴木先生!


2011年の最低平均視聴率ドラマでありながらの映画化。
あっぱれ!待ってました!
最初は誰に言われたのか。Twitterだったかもしれません。
テレ東でやってる「鈴木先生」というドラマがおもしろいって。
実際、観てみると
ほーー、なるほど、本当に。こんな先生はそういないかも。
妄想は飛んじゃってるしw、話もぶっ飛んでるけど。
でも、ものすごく子どもたちのことを観察してる。
洞察してる。
考えている。
問題提起性も半端ない。

実際の中学の先生は、学校行事や部活などもあって
もっと忙しいと思うので、
これほどまでに子どもたちに向き合うのは
現実的ではないのかもしれないですけれど、
鈴木先生の教育理論<鈴木メソッド>や
それに基づく実験の数々は、すごく好きです。共感しています。
今回の劇場版では、妊娠中の恋人・麻美さんと結婚。
病欠していた天敵・足子先生も復活。
(足子先生の立ち直り方法がまたものすごく…)
2学期になり、生徒たちがのぞむ生徒会選挙。
折しも、そのさなかに、
卒業生の1人が学校に立てこもり、
鈴木先生のお気に入りの小川さんを人質にとる事件が発生してしまいます。
さて、どうする、鈴木先生!?
ちょっとまあ、ストーリー的に強引な面がありますけれど、
鈴木先生だから(?)許せます。何でも来いっ!



教育という字は、

教え、育(はぐく)むと書きますが
教えられ、育まれるのは果たして子どもたちだけなのでしょうか。

教師も、親もまた、
子どもたちによって多々教えられ、
育てられていることを忘れてはならないと思うんです。

わが目を疑う、あの選挙を目の当たりにした後で
子どもたちの語る言葉が、わが身に突き刺さります。

日本社会がかかえる根本的な問題を浮き彫りにしているように思います。
学校は、社会の縮図ですね、本当に。


鈴木先生が気にしてくれている
一見普通で目立たなく、手の掛からない子たち。
「いい子」と呼ばれる子たち。


だのに、学校という場を出たら、居場所がない。


私は、社会が求めてきた合理性や、効率性、経済性
私たち大人の傲慢さや、怠慢さ、臆病さなど 

いつの間にか
イソップ童話の「ウサギとカメ」の
ウサギ的な生き方だけをよし、とする
風潮を生み出しているような気がしてなりません。
愚直に、1つのことに黙々と打ち込むカメには
どうにも生きづらい社会…。
自分のペースで歩を進める、要領がいいとはいえない
カメを、待ってはくれない社会…。

未来を生きる子どもたちへ。

就活失敗による自殺をはじめ、
未来を生きる子どもたちに対して
決して望ましいビジョンではありません。

うちの子も、はっきりいってカメのほうです。
でも、例えば現在の学校の評価では
わかりやすい特技、学力、キャラクター、能力を
持っている“ウサギ”的な子どもには、道は開かれやすいのですが、
カメのなかなか表に出てこない面、一見わかりにくい部分というのは
ちゃんと見てもらいにくいのです。

だれでも世界の1つの花であるのに、
オンリー1に目を向けて、教え、育んでいくことが
困難な学校や社会であるというのならば、
私たちは猛省し、考え方・生き方を根っこから変える必要があるのではないか

特に2011年3月11日以降、
その考えはいっそう強まっています。

私が、鈴木先生を大好きなのは
カメの子も実はすごいことを考え、すごいものを持っているはず、
すごいことをやらかすはず、という信頼と期待を、
子どもたちに対して絶えず向けてくれているからなのです。

例えば「ほこ×たて」で取り上げられるドリルなんかも
カメだったからこそ、生まれたんじゃないかと思うのです。

最後に、
足子先生、いいよ!
先生なりに生徒たちを愛してんだよね!
だから完全に嫌いになれないんですよ〜。

映画 鈴木先生@ぴあ映画生活

映画 鈴木先生 - goo 映画


↓学園ものは生徒たちの濃さもポイント。『告白』の2人もいますもの。


↓足子先生、『先生を流産させる会』の先生のようだった。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ   
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『理想の出産』母性の幻想を打ち砕け! | トップページ | 『東京家族』あなたの、わたしの、だれかの物語 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/56530046

この記事へのトラックバック一覧です: 『映画 鈴木先生』のメソッドで教育論に風穴を:

» 「映画 鈴木先生」:教育だけが世界を変えられる [大江戸時夫の東京温度]
『映画 鈴木先生』は本日公開。視聴率2.1%だったというテレビ東京のドラマは第1 [続きを読む]

» 「映画 鈴木先生」リアル金八先生 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
みんな知っている、4文字熟語を駆使して、体当たりで生徒に熱くぶつかっていく金八先生が本当はいない事を。 みんな知っている、ジャージを履いて生徒のために身体を張って闘うごくせんが、本当はいない事を・・・・ だけど「鈴木先生」ならきっといる。 静かに、だけとちゃんと熱い思いで子供たちのために、日々悩み・考え・指導してくれる先生が。... [続きを読む]

» 鈴木先生〜メソッド教育法の光とホラー [佐藤秀の徒然幻視録]
土屋太鳳の凛々しいメソッド演技 公式サイト。武富健治原作、河合勇人監督。長谷川博己、土屋太鳳、風間俊介、田畑智子、臼田あさ美、斉木しげる、でんでん、富田靖子、浜野謙太 ... [続きを読む]

» 『映画 鈴木先生』 [ラムの大通り]
「さて、 今日は映画版『鈴木先生』について 簡単に見どころを喋ることにしよう」 ----ニャに、それ? 映画版と言うからには、 テレビか何かあったわけ? 「フォーンが知らなくても仕方がないかも。 なにせ仮プレスには 『低視聴率ながらも熱い声に支えられ』とある。 し...... [続きを読む]

» 映画 鈴木先生 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
映画 鈴木先生 オフィシャルガイド独自の理論で教育に取り組む教師と生徒たちの学園ドラマ「映画 鈴木先生」。“普通の危うさ”に着目する発想が鋭い。緋桜山中学2年A組担任の鈴 ... [続きを読む]

» 映画「鈴木先生」Lesson11 閉塞感を突破する1番の方法 [あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー]
映画「鈴木先生」Lesson11 閉塞感を突破する1番の方法 [続きを読む]

» 映画 鈴木先生 [悠雅的生活]
喫煙室の本音。普通の子の心の摩耗。ひかりごけ。 [続きを読む]

» 映画 鈴木先生 [花ごよみ]
独自の教育理論で 問題解決の糸口を探る教師、 鈴木先生。 主演は長谷川博己。 テレビドラマの映画化。 原作は武富健治の漫画 監督は河合勇人。 生徒会選挙と文化祭の準備が、 スタートしたある日、 OBの立てこもり事件が発生。 鈴木先生の妄想相手の女子生徒、 小...... [続きを読む]

» 心にいつもループタイ [僕らのドラマ]
映画【鈴木先生】/Lesson12は僕らの中へ [続きを読む]

» 『映画 鈴木先生』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「映画 鈴木先生」□監督 河合勇人□脚本 古沢良太□キャスト 長谷川博己、臼田あさ美、土屋太鳳、風間俊介、田畑智子、斉木しげる、        でんでん、富田靖子、夕輝壽太、山中 聡、赤堀雅秋、戸田昌宏■鑑賞日 1月20日(日)■...... [続きを読む]

» 鈴木先生 [映画的・絵画的・音楽的]
 映画『鈴木先生』を渋谷TOEIで見ました。 (1)原作の漫画(武富健治作)やTVドラマが色々の賞を受賞していることを耳にし、にもかかわらず事前には漫画もTVドラマも見ないまま、映画館に出かけてみました。  物語は、三鷹市立のある中学校のあるクラス(2A)とその担...... [続きを読む]

» 『映画 鈴木先生』のズルいところは? [映画のブログ]
 学園物、教師物だと思って油断してたら大間違いだった。  中学校を舞台にした『映画 鈴木先生』は、中学に通学・通勤する人のみならず、中学を卒業して久しい人にも、中学に興味のない人にも、ズシリと手...... [続きを読む]

» 心にいつもループタイ [僕らのドラマ]
映画【鈴木先生】/Lesson12は僕らの中へ [続きを読む]

» 劇場で鈴木式教育メソッドを [笑う社会人の生活]
21日のことですが、映画「鈴木先生」を鑑賞しました。 連ドラからの映画化 今回は生徒会選挙を軸に、文化祭、そして 立てこもり事件まで起こり・・・ 連ドラの時もクオリティ高い作品でしたが 映画となった今回も変わらずの質で! しっかりと映画1本の作品としても楽し...... [続きを読む]

« 『理想の出産』母性の幻想を打ち砕け! | トップページ | 『東京家族』あなたの、わたしの、だれかの物語 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ