twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』ぜんっぜん、ダメじゃないよ。最高なんだよ。 | トップページ | われらも学べ『王になった男』から »

2013年2月16日 (土)

『ゼロ・ダーク・サーティ』怒濤のラスト30分のために。

Photo

ゼロ・ダーク・サーティ ZERO DARK THIRTY

★★★★☆


キャスリン・ビグローの映画はいつも

心にずっしり重たい荷物を残す



2010年の第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞など
5部門を受賞した『ハート・ロッカー』の
キャスリン・ビグロー監督が描く、

2011年、ビンラディン殺害までの内幕。
タイトルは、軍の用語でビンラディン潜伏先への突入時刻、
「午前0:30」を表しているそうです。

彼を追い続け、ついにその居場所をつきとめた
若きCIA分析官マヤを
ジェシカ・チャステインが演じます。

彼女は今月行われる第85回アカデミー賞主演女優賞にも
ノミネートされていて、多分、獲るだろうと予想していますが、
(本作は監督賞、作品賞、脚本賞、編集賞などにもノミネート)

本当に、作品によって印象がぜっんぜん違うんですよね。 
これぞ真の女優なのか、まさに。

しかも、この映画の中でさえ、
冒頭の、アルカイダの捕虜への尋問(というか拷問…)のときに見せる動揺と、
ラスト近辺のキレ具合や仕切り具合とでは、
まるで別人のように見えてきます。

まちがいなく、およそ10年におよぶ
1人の女性マヤの成長物語でもあるんです。

成長…? うん、成長でしょうね。

マヤは、当初、過酷な捕虜への尋問にビビっています。
「I'm fine.」とは言いながらも、全くそんなふうには見えません。

やがて、パキスタン支局流というのか、対テロ仕様というのか、
彼らを相手にして、必要なことを聞き出す術を身につけ、
彼女は1人の、有力な、ビンラディンにつながる人物にたどりつきます。

しかし、
やがて同僚を失って、自らも命の危険に晒されて。
「壊れたのか」と言われるまでになるのです。

その一方で、
たとえば、友人との気軽なおしゃべりとか、ディナーとか、
弱気な心とか、慈悲深さなどを、きっとどこかにしまい込みながら、
これぞ、という情報にかけていく。
そんなマヤを
ジェシカ・チャステインが熱演しています。

彼女とともに、結果のわかっているところに向かって、
1つ1つのパズルを積み重ねていき、
ブロセスを順に追っていく作りは、見応えがあります。
個人的には『アルゴ』よりも没頭して観ていたと思います。

そういえば、9.11以降にもこれだけのテロ行為があったんだよと
思い起こされましたし、
いよいよの、0時30分の海軍特殊部隊ネイビー・シールズの作戦実行時には
さらに有無を言わせない緊迫感で、ぐいぐいと引っ張られました。

このシーンは、実際に夜中の0時30分ごろから
暗視カメラを使って、一気に撮影したらしいです。
劇場がさらに真っ暗です。

そうやって私たちは、誰もが知る、例えばうちの子でも知っている、
くだんの男がどんな最後だったのか、
固唾を飲んで見守ることになるのですが…。

ただ、
多くのさまざまな人生や命をかけてまっとうされた“正義”の影で、
それがたとえ史上最大規模のテロの首謀者だったとしても
目の前で親を殺された子どもたちの瞳に宿るのは
激しい憎悪でしかない、ということが
重く、澱んで、心の中にずっしりと残っていきました。

ラストシーンの、マヤの涙を見ているうちに
その心の荷物はますます重みを増していきました。

「これから、どこに行く?」と問われても、
彼女はもう、どこにも行きようがない。

『ハート・ロッカー』のときもそうだったように
この“お土産”は、エンドロールが終わっても
けっして消え去ってはくれないのでした。

ゼロ・ダーク・サーティ@ぴあ映画生活

ゼロ・ダーク・サーティ - goo 映画

↓この映画のジェシカはかわいい。そして、彼女のところで泣けました。

↓この映画のジェシカは美しい。やさしく子どもを包む母親です。


↓ここにいるのが使命というよりも、
自分が自分でいるための手段という気がします。
↓今回もブラックホークが、ダウンします。


・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。

Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m

Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』ぜんっぜん、ダメじゃないよ。最高なんだよ。 | トップページ | われらも学べ『王になった男』から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/56772698

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゼロ・ダーク・サーティ』怒濤のラスト30分のために。:

» ゼロ・ダーク・サーティ [佐藤秀の徒然幻視録]
ウサーマ・ビン・ラーディン捉えたステルスウーマン 公式サイト。原題:Zero Dark Thirty。キャスリン・ビグロー監督、ジェシカ・チャスティン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガ ... [続きを読む]

» 年月の重さ。『ゼロ・ダーク・サーティ』 [水曜日のシネマ日記]
911全米同時多発テロの首謀者ビンラディンの殺害計画をCIAの目線から描いた作品です。 [続きを読む]

» ゼロ・ダーク・サーティ [Akira's VOICE]
迫真を体感。全身疲労。   [続きを読む]

» ゼロ・ダーク・サーティ : 衝撃のニュースの裏側にあるもの [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件。私が生まれてから見てきたニュースの中で、未だにNo.1の衝撃度です。次の日、会社に出社しても何となく落ち着かなかったの [続きを読む]

» ゼロ・ダーク・サーティ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(14) 彼女が見せるラストの虚脱感は前作同様胸に刺さります。 [続きを読む]

» ゼロ・ダーク・サーティ / ZERO DARK THIRTY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click   ゼロ・ダーク・サーティ:米軍軍事用語。 AM 0:30を表す。ビンラディン捕縛作戦決行の時間と言われている。 ビンラディンを追い詰めたのは、ひとりの女性だったmdash; この驚きの実話を 「ハー...... [続きを読む]

» [映画『ゼロ・ダーク・サーティ』を観た(短評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・これは、非の打ちどころの無い傑作ですな。  二時間四十分、真実に裏打ちされた硬質の物語を堪能した。  女監督 キャスリン・ビグローの、デビュー当時から変わらない執拗さが、完璧な形で表出しました。  凄い!  ちなみに、私は、反原発運動などの、安売...... [続きを読む]

» ゼロ・ダーク・サーティ ★★★☆☆ [センタのダイアリー]
ビンラディンを殺害したという報道が行われた後、ほどなくしてホワイトハウスの前は群衆で埋め尽くされ、歓喜に沸いた。 それを当時、TVで見ていた私は、人を殺して大勢で喜びの声を上げるアメリカ人を目の当たりにして、その野蛮さに幻滅したのを覚えている。 しかしながら、裏を返せば9.11はアメリカ人にそれだけ大きなトラウマを負わせたともいえる。 映画はビンラディン殺害直後に報道された内容と大きく変わっている部分はほとんどなく、ストーリー上の目新しさはない。 いうなれば、ドキュメンタリという... [続きを読む]

» 映画「ゼロ・ダーク・サーティ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」観に行ってきました。 2001年のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンの所在を10年にわたって探し続け、ついに殺害するに至ったCIAの女性分析官にスポットを当てたサスペンス作品。 映画のタイトルは、2011年5月2日、パキスタンのアボッターバー... [続きを読む]

» ゼロ・ダーク・サーティ [風に吹かれて]
追い続けた10年 公式サイト http://zdt.gaga.ne.jp監督: キャスリン・ピグロー  「K-19」 「ハート・ロッカー」2003年、手詰まり感の漂うパキスタンにあるCIAのビンラディ [続きを読む]

» 『ゼロ・ダーク・サーティ』 スパイアクションを楽しもう [映画のブログ]
 ハリウッド映画と聞いて、芸術性の高い作品や難解で思弁的な作品を期待する人は少ないはずだ。たいていの人はハリウッドに、判り易くて面白く、手に汗握ったりワクワクする作品を求めていよう。  特にアク...... [続きを読む]

« 『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』ぜんっぜん、ダメじゃないよ。最高なんだよ。 | トップページ | われらも学べ『王になった男』から »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ