twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『ムーンライズ・キングダム』ようこそ、12歳のみずみずしい王国へ | トップページ | 『ゼロ・ダーク・サーティ』怒濤のラスト30分のために。 »

2013年2月14日 (木)

『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』ぜんっぜん、ダメじゃないよ。最高なんだよ。

Winwin

WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々  (WIN WIN)

★★★★4.8


レスリング大好きな2人が輝く

小粒だけど、やっぱり大好きな映画


『リトル・ミス・サンシャイン』や『サイドウェイ』の、

フォックス・サーチライト・スタジオが製作。


冴えない弁護士とワケあり少年が、

レスリングという共通の愛するスポーツを通じて再生する、

ユーモアたっぷり、ハートウォーミングな物語。

大好きなタイプの映画です。俳優陣も、キャラも、セリフも好きですね。

仕事がなく金欠にあえぐ、弁護士のカイル(ポール・ジアマッティ!)は、

近所の資産家で1人暮らしのレオの認知症が進んだことを知ります。

レオには娘がいるというのに、行方知れず。ほかに身寄りもない。

高額な報酬を目当てにして、マイクは

レオの“後見人”Guardian になることに。

その際に、ちょっとしたウソをついてしまうのです…。

日本にもある成年後見人というものですね。

認知症や知的障がい、精神障がいなどで、財産管理や契約などの判断を自分でつけるのが難しい方々を 保護したり、支援するという制度。

日本では今、弁護士などの公的資格がなくても、一般市民もなれる“市民後見人”の養成もいわれていますが、報酬の問題って、難しい。

果たして、ボランティアでいいのでしょうか、という気もしています。

地方自治体に振りすぎだと思いますし…。

で。

ところが、

身寄りがなかったはずのレオを訪ねて、

レオの孫だという、ブロンドの少年カイルが現れます。

この子が何だか、ワケありふうで…。

渋々、カイルを一時引き取るマイクですが、

彼は、高校のレスリング部のコーチをしているんですね。

そして、何とカイルも地元では名乗れたレスリングの選手だったのです。

やがて、新しい家族の一員のようになったカイル。

彼の抱えているものをいやしたのは、

それこそレスリングであり、マイクが引き入れたレスリング部の友人であり、

カイルと同じく、レスリングを愛してやまないマイクたち、おやじたちでした。

スポーツ競技であるからには、勝つこと、トップに立つことは

どうしても求められてしまうのかもしれませんが、

この映画の彼らを見ていて思うのは、
レスリングをしながら、本当に生き生きとして
輝いているということ。

やがて勝ち続けたり、トップに居続けたり、
それが当然と思われてることが続いていたりすると、

たとえば以前、旅人になる前に中田ヒデが記していたような
「サッカーを始めたころの、みずみずしい気持ちでボールを蹴れなく」なってしまうのは、致し方ないことなのでしょうか。

スポーツ以外の部分、利害ある人たちの思惑がくっついてくると、だんだん厄介なことになってしまうのは避けられないことなのでしょうか。

なんてことを考えてしまいますが、
単純に、
打ち込めるものがあるって、すばらしい。
それができるだけで幸せと思えるものがあるって、すばらしい。
そういうものが、時に人を救うことを思い出させてくれました。

↓キャラクターはだれも魅力的でしたが、特にマイクの妻ジャッキーと
レスリング部の“チューバッカ”少年が好きでした。

↓泣き笑い、というより、笑い泣きが好きなんです。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。
Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ 
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『ムーンライズ・キングダム』ようこそ、12歳のみずみずしい王国へ | トップページ | 『ゼロ・ダーク・サーティ』怒濤のラスト30分のために。 »

コメント

SGA屋伍一さん、コメありがとうございました!
本当に、彼らが純粋にレスリングを楽しむ姿勢はとても好感が持てました。試合前の気合い入れも(それも大したものでなく)、そこに愛と信頼があるからこそですよね。

>泣き笑い、というより、笑い泣きが好きなんです

ああ、わたしも同感です。最近の作品でいうと『最強のふたり』もそんな感じですね。個人的には『ALWAYS』もそんな範疇に含まれる作品です

ここに出てくる少年たちは純粋にレスリングが好きで純粋にそれを楽しんでる感じでしたね。いま体罰問題がさかんに議論されてますが、日本でもそんな環境が当たり前になれないいいな、と思います

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/56763495

この記事へのトラックバック一覧です: 『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』ぜんっぜん、ダメじゃないよ。最高なんだよ。:

» 家庭人ポール トーマス・マッカーシー 『WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』 [SGA屋物語紹介所]
もう少し懐かしい話になってしまいましたが、今年の五輪でも女子アマレスの強さは際立 [続きを読む]

» WIN WIN/ウィン・ウィン ダメ男とダメ少年の最高の日々 [いやいやえん]
コミカルな印象のある邦題とジャケット画像ですが、実際にはごく普通のヒューマンドラマになってます。ダメ男とダメ少年なんてとんでもない。 弁護士マイクが手当て目的で痴呆気味のレオという老人の後見人になることを決めると、それがもとで老人の孫のカイルを家に居候させることになってしまう。しかしカイルはマイクがコーチを務めるレスリングチームでズバ抜けた才能を発揮し、いつしか二人の間には親子のような絆が芽生え始める。だがドラッグ中毒のカイルの母親が彼とレオを引き取りにやってきて…というお話。 カイ... [続きを読む]

« 『ムーンライズ・キングダム』ようこそ、12歳のみずみずしい王国へ | トップページ | 『ゼロ・ダーク・サーティ』怒濤のラスト30分のために。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ