twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『世界にひとつのプレイブック』必死で生きてる! | トップページ | 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』は、あるがまま。 »

2013年3月 3日 (日)

『フライト』変えるべきもの、変えられないもの

Flight

フライト  FLIGHT

★★★★


彼はヒーローでも、犯罪者でもない

自分を保つ手段を誤っただけ

 

予告編や事前情報から想像していた話と
ちょっと違いました、映画『フライト』。

ネタバレをなるべくしないようにしたいと思いますが

タイトルは「ニーバーの祈り」という
アルコール依存症の克服の会などで必ず唱えられている
祈りの言葉の1節からとっています。

劇中にも、ほんのちらっと使われてあります。
この映画は、彼が飛行機は墜落した理由を謎解きする映画でもなければ、
ヒーローか犯罪者か、誰かに仕組まれたのかというサスペンスでもなく、
ずっしり、どっぷりの依存症の話だということは
語らずにはいられないでしょう。

パイロットのウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)は、
操縦する旅客機が突如、制御不能になり
もはや墜落するしかない、という大変困難な状況の中でも、
とっさの機転と奇跡的な操縦テクニックにより
何とか旅客機を不時着させ、
ほとんどの乗員・乗客(102人中96人)の命を救った英雄となりました。

ところが
生存者にそろって行われた血液検査の結果、
ウィトカー機長の血中から高濃度のアルコールが検出されます。
(そして、コカインも)

大勢の命を救ったヒーローは、一転して、
多くの命を危険にさらし、結果、6名の命を奪った過失致死にあたるとして
終身刑にされる恐れが出てきてしまいますーー。

私の中では、どんな作品でもデンゼル・ワシントンは善意の人、
というイメージが強いのです。
最近だと『デンジャラス・ラン』の裏切り者とか
昔の作品でいえば『ジョンQ』の一生懸命なパパとか、
『フィラデルフィア』の誠実な弁護士とか。(古すぎ…)
でも、そんな先入観は、冒頭から吹っ飛んでしまうわけです。
 
「むむっ」!!!
PG12のワケもわかりました…。

 

画面からは、においこそしなくても、

きっとウィトカー機長、日常的に
それはそれはアルコール臭がプンプンしていただろうなと思います。
でも、腕が抜群にいいし、それまでは何事もなく業務も遂行できた。
尊敬できるパイロットとしての一面があまりにも大きかった。
だから、周囲も特に責めることはできなかったのかもしれません。
例えば
私が今気に入っている海外ドラマ『ナース・ジャッキー』でも
NYにある病院のERナースがドラッグ(鎮痛剤)依存症になっているのですが、
彼女もとても優秀。すばらしいナースさん。

シーズン4ではリハビリ中ですが、
最初は周りのだれも、夫さえドラッグのことは知らなかったんです。
彼女は仕事においても、家庭においても
日常的にウソにウソを塗り重ねていたんですよね。
ドラッグのために。

そして、ウィトカー機長もそうでした。

依存症の怖いところは
飲みたいから飲むんじゃなくて、

もう飲むことしかできなくて、
何度もウソを重ねて、現実を折り曲げて
ずっと飲むことだけを選び続けてきた結果に、
いつでも、どんなときでも、もうそれしか選べなくなる、
そっちが“素”の自分になってしまうんだということ。

もうやめたい、もうやめようと思っても、
こんな惨めなのはもう嫌だと思っても、
そう簡単には、“素”の自分を手放せなくなってしまうんだ、ということ
を改めて思わせてくれました。
特にラスト近くのあるシーンで、目の当たりにしました。

実は、主人公はどんな職業でもよかったんじゃないかと思うんです。
より大勢の命を預かる者であったなら、
背面飛行や不時着などの話題性があったなら、
より映画的に盛り上がるということで(確かに盛り上がる)、
たまたまパイロットであっただけで。

しかし本当は、だれにでも起こり得る話であるわけで。

それでも
その惨めさの徹底的などん底体験というのか、崖っぷちの体験というかがあって
かろうじて、人は這い上がることができる。

「もうやめようよ」と言い、倒れかけた背中のほうから
支えてくれる人がいることを知る。

ハラハラさせられましたが、
ロバート・ゼメキスが久々に撮った人間ドラマらしく、
ラストはあれでよかったと思います。
 

 

ドラッグの売人役だったジョン・グッドマン。

なぜか彼の登場はその風ぼうもあって、可笑しかったんですが、
おいおい、まさか、そんな感じで終わらせるつもりじゃないよね?と
ちょっと素直に笑えない部分があったのも事実でした。
(結果、違いましたケド)

とはいえ、彼だけでなく、弁護士役のドン・チードルはじめ、
ウィトカーの姿を見て、我がフリ直そうとするニコール役ケイリー・ライリーや
2人を奇妙な縁で引き合わせる男性患者ジェームズ・バッジ・デールなど
脇が効いているのも、
出ずっぱりデンゼルが輝けた理由ではないかなとも思っています。
 

フライト@ぴあ映画生活

フライト - goo 映画

↓ナースのジャッキーは鎮痛剤の依存症。

戦場カメラマンの彼もアルコール依存症

↓作家の彼もアルコール依存症。

↓これは墓場まで持っていく映画のうちの1本。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会や来日記者会見の感想もちらほら。

Facebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(_ _)m

Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『世界にひとつのプレイブック』必死で生きてる! | トップページ | 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』は、あるがまま。 »

コメント

評価、けっこう分かれてるんですか〜と思って
Yahoo!レビューみてきましたら、そのようですね〜(^-^;

確かに、画になるので背面飛行のシーンなどが
クローズアップされるのは仕方がないと思うのですが、
これはロバート・ゼメキスが久しぶりに撮った“大人”の人間ドラマだと思うので、
そういうつもりで見られたほうがいいかなとは思います。私は好きです!
それに、近しいところにアルコールに溺れた人間がおりますので…(^◇^;)

けっこう評価が分かれる作品のようですが

uereiさんは高評価のようですね~

見に行くか・・・迷うsweat02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/56878022

この記事へのトラックバック一覧です: 『フライト』変えるべきもの、変えられないもの:

» 映画:フライト Flight しまった演出で最後までよどみなくみせる、真実をめぐる人間ドラマ。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
監督=ロバート・ゼメキス 主演=デンゼル・ワシントン という、強力布陣。 予告編でも紹介されている通り、危機から多くの人命を救い ヒーローだったはずの航空機 機長。 ところが、彼が搭乗時に アルコール & ドラッグを摂取していたことから一転... しばらく実写...... [続きを読む]

» 『フライト』 [こねたみっくす]
アメリカの飲酒運転取締り事情はどうなってんねん!? 背面飛行で多くの乗客乗員を救ったものの、血液検査でアルコール成分が出てきたパイロットは信頼に応えた英雄か、それとも信頼 ... [続きを読む]

» パイロット物語かと思いきや・・・。『フライト』 [水曜日のシネマ日記]
奇跡的な操縦で旅客機の緊急着陸を成し遂げたひとりのパイロットの物語です。 [続きを読む]

» 「フライト」みた。 [たいむのひとりごと]
なんかデンゼル・ワシントンって”誠実”な役柄の印象が強いのだけど、それは勝手な思い込みなんだよね。「彼は英雄か、犯罪者か」なんて予告編でも、「やっぱ英雄」でしょとか思っていたわけだけど、冒頭から「本当... [続きを読む]

» フライト [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Flight [DVD] [Import] [DVD]奇跡の不時着でヒーローになった男の真実の姿を描く人間ドラマ「フライト」。パニックから法廷、そして人間の心の闇と、ストーリーは意外なルートをたどる。ベ ... [続きを読む]

» フライト [Akira's VOICE]
上昇。急降下。背面飛行。きりもみ。安定飛行。   [続きを読む]

» フライト [新・映画鑑賞★日記・・・]
【FLIGHT】 フライト公開 アメリカ PG12 138分監督:ロバート・ゼメキス出演:デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、ケリー・ライリー、ジョン・グッドマン、ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ、ブライアン・ジェラティ、タマラ・チュニー、ナディーン・ヴェ...... [続きを読む]

» 映画「フライト」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「フライト」観に行ってきました。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの製作を手掛けたロバート・ゼメキス監督と、「ザ・ウォーカー」「アンストッパブル」「デンジャ... [続きを読む]

» 『ジャンゴ 繋がれざる者』 対 『フライト』 文化の衝突 [映画のブログ]
 映画という弾丸をブッ放し、激しい戦いが行われている。  奇しくも日本で同日公開となった『フライト』と『ジャンゴ 繋がれざる者』は、米国でもそれぞれ2012年11月2日と同年12月25日に公開されており、...... [続きを読む]

» フライト ★★★*☆ [センタのダイアリー]
パイロットのウィップは、機体の故障により急降下を始めたジェット旅客機を常人にはありえない技術で操縦し、最悪のケースを避けて不時着させる。 事故直後には事故を最悪のケースから救ったその神業から、マスコミから英雄的な扱いを受け称賛されるが、彼の素性は、家庭生活を 崩壊させ、アルコール中毒で薬物依存症にまで身を落とした人間だった。 さすがに、この事故をきっかけに家の全ての酒をシンクに流し込み、禁酒を試みるが、結局失敗して酒におぼれてしまう。 止めようとしても止められない必死の葛藤が嫌と... [続きを読む]

» フライト 他に比類なきジャンル、見事な落としどころにはまりました。<ネタバレあり> [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
プロレスを「他の比類なきジャンル」と呼んだのは、村松友#64097;。1980年のこと。 もちろん良い意味で、映画を見たあと、この言葉を思い出した。 予告編やビラでは、 「英雄か犯罪者か」という煽り方だし、ストーリーの大枠としては 高度三万フィートでトラブルに...... [続きを読む]

» フライト [風に吹かれて]
あるアル中男の物語やめたいけどやめられない公式サイト http://www.flight-movie.jp監督: ロバート・ゼメキスフロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機が、突如制御不能に陥り、 [続きを読む]

» フライト [新・映画鑑賞★日記・・・]
【FLIGHT】 フライト公開 アメリカ PG12 138分監督:ロバート・ゼメキス出演:デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、ケリー・ライリー、ジョン・グッドマン、ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ、ブライアン・ジェラティ、タマラ・チュニー、ナディーン・ヴェ...... [続きを読む]

» 『フライト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「フライト」□監督 ロバート・ゼメキス□脚本 ジョン・ゲイティンズ□キャスト デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、ケリー・ライリー、      ジョン・グッドマン、ブルース・グリーンウッド■鑑賞日 3月3日(日)■劇場 TOH...... [続きを読む]

» フライト / Flight [勝手に映画評]
デンゼル・ワシントンと言えば、どちらかと言うと、良い人側の役が多いと思います。ですが、『アメリカン・ギャングスター』あたりから悪役を演じ始め、『デンジャラス・ラン』では、より危険な人物を演じていました。この作品では、善人という訳ではないですが、悪人と言...... [続きを読む]

» フライト [零細投資家映画記録]
鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター2 鑑賞日時:3月1日 評価:B+ 原題:Flight 製作:2012年 アメリカ 監督:ロバート・ゼメキス 出演: デンゼル・ワシントン ドン・チードル ケリー・ライリー ジョン・グッドマン ブルース・グリーンウッド メリッサ・レオ ブラ…... [続きを読む]

» フライト お酒はほどほどに・・・・ε-(;ーωーA フゥ… [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=17 うち今年の試写会2】 今日は大阪〜西宮で仕事、移動中はずーっとFM802をリスニング。 ディスクジョッキーはもちろんのこと、スポットのニュースや交通情報のお姉さんも、コマーシャルも、標準語を喋っているような人も含めてみ〜んなイントネーションは大阪弁(関...... [続きを読む]

» フライト お酒はほどほどに・・・・ε-(;ーωーA フゥ… [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=17 うち今年の試写会2】 今日は大阪〜西宮で仕事、移動中はずーっとFM802をリスニング。 ディスクジョッキーはもちろんのこと、スポットのニュースや交通情報のお姉さんも、コマーシャルも、標準語を喋っているような人も含めてみ〜んなイントネーションは大阪弁(関...... [続きを読む]

» 映画『フライト』観てきた( `-ω-) [よくばりアンテナ]
飛行機墜落事故で奇跡的に多くの乗客を救うことができたベテラン操縦士。 彼の血液からアルコールと薬物が検出された。 はたして彼は英雄なのか犯罪者なのか・・・ って、予告編とか見てたから、 事故...... [続きを読む]

» フライト   FLIGHT [映画の話でコーヒーブレイク]
何だかなかなか調子が戻りません 書きかけのものが幾つも溜まっているのに、あと少しというところで止まったまま。 う〜ん・・・何だか気持ちが乗らず。困ったもんだ〜。 2月後半からアカデミー候補にあがった作品などが怒涛の公開。 早く公開しないかなぁ〜なんておも...... [続きを読む]

» フライト [映画的・絵画的・音楽的]
 『フライト』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、予告編で、旅客機が上下さかさまになって飛ぶ(背面飛行)シーンが映し出され、いったいどんなわけでそんな曲芸を演じることになるのかという点に興味がひかれて映画館に出向きました。  映画は、デンゼル・...... [続きを読む]

» 映画「フライト」やはり、こんな人に操縦桿を握らせてなならない [soramove]
映画「フライト」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ジョン・グッドマン ドン・チードル、ケリー・ライリー ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ出演 ロバート・ゼメキス監督、 138分、2013年3月1日より全国公開 パラマウント ピクチャーズ ジャパン (原題/原作:FLIGHT) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「数多くの『善人... [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「フライト」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス監督、「デンジャラス・ラン」のデンゼル・ワシントン主演。上空で制御不能となった旅客機を、奇跡的な操縦と判断で胴体着陸を成功させ、一躍ヒーローとなったベテランパイロット。しかし、彼の血液からアルコール... [続きを読む]

» フライト/英雄か犯罪者かっていうか基本的にクズ。 [映画感想 * FRAGILE]
フライト Flight/監督:ロバート・ゼメキス/2012年/アメリカ 真面目っぽい印象のデンゼル・ワシントンがクズを演じるとこうなるんですね。 丸の内ピカデリーで鑑賞。間違えて2階席とっちゃったんだけど、スクリーン大きいので見やすかったです。ラクだからこんどから2階席にしよー。 あらすじ:アル中が飛行機を操縦したら大変なことになりました。 ウィップ・ウィトカー(デンゼル・ワシントン)は、制御不能になった航空機を超絶技巧で胴体着陸させる。奇跡のパイロットとして脚光を浴びるも、血液... [続きを読む]

» 「フライト」 コントロールする [はらやんの映画徒然草]
100人以上の乗員乗客を乗せた航空機が突如、制御不能になり、墜落の危機に。 それ [続きを読む]

« 『世界にひとつのプレイブック』必死で生きてる! | トップページ | 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』は、あるがまま。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ