twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『メッセンジャー』が伝える見えない犠牲 | トップページ | 『パラノーマン ブライス・ホローの謎』は大事なもの! »

2013年3月28日 (木)

『ザ・マスター』どうか私をそそのかさないでください。

Themaster

ザ・マスター THE MASTER



★★★★

がっつり三つどもえの闘い

愛憎のぶつかり合い

すごい話でした。が、嫌いじゃないです。
むしろ好き。


『マグノリア』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の
ポール・トーマス・アンダーソンだもの。

目の付けところが、いつも、ホント特異ですよね。
着眼点と、着地点が。尊敬しますけど。

ある程度、覚悟して観ましたが、なかなかでした。

第2次世界大戦後、アルコールに依存する帰還兵と、
ある新興宗教団体の教祖との出会い。

教祖に魅了される帰還兵、ホアキン・フェニックス VS 
絶対的なカリスマ、フィリップ・シーモア・ホフマン、
そこに教祖の妻、エイミー・アダムスが絡む。
これは愛憎の闘いですよ。ぶつかり合いですよ。

こりゃ、3人ともノミネートされるわけです、と納得。



人はああやって、“こころ”を掌握されていくんですね。


ホアキン・フェニックスも怪演だけれども、
フィリップ・シーモア・ホフマンも恐ろしいやら、情けないやら(!?)。
でも、1番恐ろしいのは……。
むむ〜。


最初はね、人差し指で、肩をツンツン程度だったかもしれません。

「私は、おまえが必要だよ」というわけです。

そのツンツンが何度も頻繁になり、度を増し、
時には背中をガツンと拳で殴られたりもして、

「私は、おまえが必要なんだよ」「おまえも、私が必要だろ」

そして、やがては、かしづかずにはいられなくなる……。

それが、何度も何度も部屋を行ったりきたりする、

ホアキン・フェニックスのように、繰り返されるわけです。

まるでそれこそが、自分の宿命と信じているかのように。

ホアキンの演じたフレディは、帰還兵でした。

例えば、日本では、
なぜ頭のいい超有名大学生ばかりが、多くの命を危険にさらした
オウムというダークサイドに落ちていってしまったのかを考えたりしました。

例えば、そこにあるのは、
何年も勉強だけをしてきて、熾烈な受験を乗り越えて

ようやく入った大学という場所での、虚無感というか、空虚さ、喪失感、
バーンアウト・シンドローム(燃えつき症候群)のような状態

そういう部分を、理性を通り越した
信仰への道が埋めていってしまったんじゃないかと想像します。

それはフレディの置かれた立場とも、通じているようにも思えます。

また、日本ではそういった心のケアや、グリーフケア、グリーフワークの
重要性、必要性が言われ出したのは、
1つに阪神大震災という災害がきっかけになりました。

『メッセンジャー』でも思ったことではあるのですが、
アメリカにおいてきっかけになるのは、常に戦争なのでしょうか。
(あの手厚いフォローっぷりは、かつての体験からいろいろ学んだことなのでは…)
ただ、戦争は、避けられるはずのことだとは思うのですが。

ザ・マスター@ぴあ映画生活

ザ・マスター - goo 映画

↓ダニエル・デイ=ルイスvsポール・ダノ。勝てる気がしない…。

↓アダム・サンドラーvsエミリー・ワトソン。ラブストーリー、一応。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog

・試写会直後の感想や来日記者会見、上映イベントの情報もちらほら。

Facebookをご利用の方、 こちらのFacebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(__)m!div>

Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

« 『メッセンジャー』が伝える見えない犠牲 | トップページ | 『パラノーマン ブライス・ホローの謎』は大事なもの! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/57011771

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・マスター』どうか私をそそのかさないでください。:

» ザ・マスター / The Master [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 男たちの関係性を巧みに描き 第69回ヴェネチア映画祭4冠達成(銀獅子賞 監督賞・主演男優賞W受賞・国際批評家連盟賞) マニア&評論家ウケの良い、PTA ことポール・トーマス・アンダーソンの 「ゼア...... [続きを読む]

» ザ・マスター〜見果てぬドリス・デイ [佐藤秀の徒然幻視録]
中国行きのスロウ・ボート 公式サイト。原題:The Master。ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ロー ... [続きを読む]

» ポール・トーマス・アンダーソン監督『ザ・マスター(The Master)』パートナーを変えてワルツを踊る(Changing Partners) [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督、昨年のベネチア国際映画祭で銀獅子(監督)賞、男優賞に輝いた5年ぶりの新作『ザ・マスター(The Ma... [続きを読む]

» ザ・マスター [映画のメモ帳+α]
ザ・マスター(2012 アメリカ) 原題   THE MASTER 監督   ポール・トーマス・アンダーソン 脚本   ポール・トーマス・アンダーソン 撮影   ミハイ・マライメア・Jr 編集   レスリー・ジョーンズ ピーター・マクナルティ 音楽   ジョニー・グリーンウッド 出演   ホアキン・フェニックス フィリップ・シーモア・ホフマン       エイミー・アダムス ローラ・ダーン       アンビル・チルダーズ ジェシー・プレモンス       ケヴィン・J・オコ... [続きを読む]

» 過去への旅~『ザ・マスター』 [真紅のthinkingdays]
 THE MASTER  第二次大戦に水兵として従軍していたフレディ(ホアキン・フェニックス)は、 退役後もアルコール依存から抜け出せずにいた。職を転々としながら放浪して いた彼は、密航...... [続きを読む]

» ザ・マスター [風に吹かれて]
救われなかった男公式サイト http://themastermovie.jp監督: ポール・トーマス・アンダーソン  「マグノリア」 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」第二次大戦終結し、出征先から帰還し [続きを読む]

» アメリカクラシック映画の域で [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「ザ・マスター」を鑑賞しました。 第2次世界大戦後のアメリカ、アルコール依存の元海軍兵士のフレディは 宗教団体の教祖ドッドに出会い関係を深めていくのだが・・・ 鬼才 ポール・トーマス・アンダーソン監督作品 作り 流れ的には前作のテイス...... [続きを読む]

» 映画「ザ・マスター」まさに演技賞の熱演、でもストーリーはもうひとつ [soramove]
映画「ザ・マスター 」★★★☆ フィリップ・シーモア・ホフマン、ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス、ローラ・ダーン 出演 ポール・トーマス・アンダーソン監督、 138分、2013年3月22日より全国公開 ファントム・フィルム (原題/原作:THE MASTER) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 本年度アカデミー賞の 主演男... [続きを読む]

« 『メッセンジャー』が伝える見えない犠牲 | トップページ | 『パラノーマン ブライス・ホローの謎』は大事なもの! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ