twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!? | トップページ | 『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』これが生きる力だ! »

2013年4月19日 (金)

『君と歩く世界』は【生】がほとばしる「錆と骨」の世界

Photo

君と歩く世界 Rust and Bone (De rouille et d'os)

★★★★


「錆と骨」から【生】を知る

生々しくも躍動するフィジカルな世界


ネタバレありますので、鑑賞前の方はご注意ください>

マリオン・コティアール主演、
不慮の事故で両脚を失った、シャチの調教師をする女性の、再生と希望の物語…

ということで
ちょっぴりアンニュイな雰囲気を漂わせる、
シングルファーザー、アリの背中に背負われたステファニーと

「光射す方へ 一歩ずつ ふたりで」
「きらめく愛の感動作」のコピー。

各種ビジュアルも、予告編も、そういう展開になっておりますが、

これには、すでに映画を観た皆さんは、
ブーイングとまではいかなくても、
「違うじゃ〜〜ん!」という突っ込みをおそらくされていることと思います。

私もそう。
「想像していたような映画とは違う…」と始まって間もなく思いました。

ですが、
フランス映画、最近元気がよく、
そして今年は上半期に『愛、アムール』と、
本作という収穫に出会いましたので、

これは、いい意味での裏切りと思うことにしました。

もちろんマリオンは、すばらしかった。

第75回ゴールデングローブ賞ドラマ部門の主演女優賞ノミネートはさすが。
ただ、2月に発表された本国の第38回セザール賞では
『愛、アムール』が主要賞を席巻するなか
アリを演じたマティアス・スーナーツが有望若手男優賞を受賞し、
脚色賞、編集賞、音楽賞と4部門を受賞しています。
彼、これで人気急上昇ですね。『闇を生きる男』

要は本作は、ステファニーはもちろん、アリも、
2人ともが、形や種類は違えど喪失感を抱えている。
お互いがお互いを必要とする、という
2人が主役の物語なのだと思います。

なので、どちらかというと、こっちのビジュアルのほうが好きです↓


2

このようなプロットだと、

「障害(ハンディキャップ、あるいは喪失)を乗り越える」とか
「再生する」とか簡単に使ってしまいがちですが、
「乗り越える」というのは違う気がしています。
そもそも越えられるものなのか。越えることなんてできないでしょう。

それは、その状態で、この先ずっと続いていくのですから。
ですから、「受け入れる」とか「受け止める」のかな、なんて思います。

ところで、
アリが生活のために選んだのは、賭博ファイトでした。

拳から、体から、血と汗がほとばしり、
気持ちが高揚し、上気し、筋肉が躍動するアリ。
ただひたすら殴り、殴られる
アリのそのさまを見て、
事故の後、茫然自失の状態だったステファニーは、【生】の実態を、
いのちの輝きを実感するのです。

それは、海の中で泳いだときの安心感とはまた違う、
牙をむいた獣のような、生きるための衝動。

それは、生きるためのただ正直な肉体の制御。
肉体の限界以上に挑んでいこうとする精神。それに応えようとする肉体の反応。

原題の「錆(さび)と骨」はボクシング用語で、
口の中を切ったときの血の味のことだそうですが、

そんなアリの姿に生気を取り戻していくステファニーを見ていると、

人がなぜ格闘技に魅せられるのか、改めて気づかされたような気がします。

アリとのかかわりによって、ステファニーは両脚がないということを受容し、
リハビリに積極的になれた。
人生の一部として、そのできごとを組み入れていった。
喪失を、自ら受け止めなおしていくことができた。

その作業に、アリは確かに付き添うことになりました。

彼女の再生という意味では、

ベランダでのパフォーマンスや、シャチとの別れとともに、
アリが錆(さび)と骨のまっただ中にいる、空き地の格闘場へと
大阪のおばちゃんよろしく、つえで歩み寄っていく
その場面までで十分です。

しかし、それでも物語が続いていくのは、
そんなステファニーの姿を目にしたアリが、今度は変容することになるから。

アリもまた、わが子をドラッグ中毒の母親から引き離したはいいものの、
思慮がなく、
学もなく、
子どもにかけるべく言葉さえも知らず、育て方もわからず…。
ボクシングをやめてから、彼は抜け殻のようだったのかもしれません。

この映画の中で、むしろ人間的な成長を遂げるのは、アリのほうでした。

自己を実現し、愛を知ったのは、彼のほう。

そうした喪失の受け止めなおしが
再生への第一歩になることもあるのですね。

『最強のふたり』で、フィリップが自らの人生に喜びや楽しみ、
生きている実感を再び取り戻したことに近しいものがあります。

あるいは、
ドリスが、フィリップと出会って
自分の人生を、初めて自分のものとして受け止めなおすことができた
ことのほうが似ているのかな。

アリもまた、格闘技という肉体のぶつかり合いでしか
自己表現できるものはない、
これこそ唯一無二のものだと気づいていくわけです。
だから、この映画の2人の場合は、
肉体の解放が、精神の解放にもつながっています。
“病いは気から”の逆ですね。
肉体の躍動、高揚が精神のそれへとつながっていく。

そんな2人にとっては、「言葉」はあまり重要なものではないのかもしれません。
現にステファニーとアリって、大した会話はしていないですよね。
特にアリはまず、言葉を発するよりも先に体が動いているような人。

2人の間には言葉による「語り合い」みたいなことはなく、
いうなれば、よりプリミティブな、
肉体を重ねることでの対話、
フィジカルなコミュニケーションのみがほとんどでした。
アリの、ステファニーに対する介護というか、介助の仕方もそうでした。
でも、それがこの映画なんですよね。

以前、ある映画があまりにも状況や心情を
セリフで語りまくるので(アニメなのに)
途中ですっかり閉口してしまったことがあるのですが、

この2人の、言葉ではない、
生々しく、激しいフィジカルな対話には引きつけられ、
言葉なんて意味がないのかもと、思い始めたのです・・・。

ところが、ところが!!!

最後の最後になって、どどんと!!!くる

アリの言葉の重み。

これがすごかった。

ここまでのために、今まであったんだと、

これをカタルシスと呼ばずして何と言うと。

これで完全にこの映画のトリコになってしまったのは、いうまでもありません。

また、南仏の光の使い方がとても美しく、海のキラめく様子が、
言葉のない2人の世界を照らしていたのも印象的でした。

君と歩く世界@ぴあ映画生活

↓ジャック・オディアール監督のカンヌグランプリ作品。光の射し方が本作とは違います。

↓これを見て、オディアール監督はすぐマティアスに会いに行ったんだそうな。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会直後の感想や来日記者会見、上映イベントの情報もちらほら。
こちらのFacebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(__)m!
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!? | トップページ | 『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』これが生きる力だ! »

コメント

rose_chocolatさん、コメントありがとうございました!
そうですね、男女の『最強のふたり』お互いを癒やし合うような。

こんにちは。
そうなんです。私もこれを観て『最強のふたり』を思い出しました。
フランス映画って、シリアスなものでもどこかそんなファンタジックな側面はあるものも多いですね。それがうまい具合にラブストーリーに生かされていた作品でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/57211712

この記事へのトラックバック一覧です: 『君と歩く世界』は【生】がほとばしる「錆と骨」の世界:

» 君と歩く世界 [佐藤秀の徒然幻視録]
弱肉強食のどん底に花咲く野生の愛 公式サイト。ベルギー=フランス。原題:De rouille et d'os、英題:Rust And Bone。ジャック・オーディアール監督、マリオン・コティヤール、マティアス・ ... [続きを読む]

» 君と歩く世界 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
両脚を失い絶望した女性が、ひとりの男性との出会いを経て再び人生に希望を見出していく姿を描いた人間ドラマ。 主演は「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のオスカー女優マリオン・コティヤール。監督は「真夜中のピアニスト」「預言者」の名匠ジャック・オーディアール。...... [続きを読む]

» 君と歩く世界 [あーうぃ だにぇっと]
君と歩く世界@ブロードメディアスタジオ試写室 [続きを読む]

» 君と歩く世界 [だらだら無気力ブログ!]
マリオン・コティヤールの演技が良かった。 [続きを読む]

» 『君と歩く世界』 2013年3月26日 丸ノ内ピカデリー [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『君と歩く世界』 を試写会で鑑賞しました。 予定ではマリオン・コティヤールだけだったんですが、ジャック・オディアール監督と 中谷美紀がゲストで登壇しました。 美女2人にダンディな監督でした。 中谷美紀は監督にディスカウントといって売りこんでいたけど、如何に(笑) 【ストーリー】  南仏の観光施設でシャチの調教師をしているステファニー(マリオン・コティヤール)は、ショーの最中に事故に遭い、両脚の膝から下を失ってしまう。失意の彼女を支えたのは、不器用なシングルファーザーのアリ(マティアス・スーナール... [続きを読む]

» 君と歩く世界 / De rouille et dos [勝手に映画評]
原題の『De rouille et dos』は、英語だと“Rust and Bone”。日本語では、“錆と骨”なんていう、何とも色気のないタイトルなんですよね。それが、邦題だと『君と歩く世界』となる不思議。まぁ、脚を失った女性が出ているので、判らなくはないです。 「両脚を失った女...... [続きを読む]

» 君と歩く世界 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
君と歩く世界 (集英社文庫) [文庫]肉体のぶつかりあいを介し不思議な絆で結ばれる愛の物語「君と歩く世界」。肉食系の男女の再生物語に感動する秀作だ。南仏アンティーブの観光名所 ... [続きを読む]

» 『君と歩く世界』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「君と歩く世界」□監督 ジャック・オーディアール □脚本 トーマス・ビデガン、ジャック・オーディアール □原作 クレイグ・デイヴィッドソン □キャスト マリオン・コティヤール、マティアス・スーナールツ、アルマン・ヴェルデュール、 ...... [続きを読む]

» 君と歩く世界 [風に吹かれて]
生きる本能を感じる辛くて苦いラブストーリー公式サイト http://www.kimito-aruku-sekai.com原作: 君と歩く世界 (クレイグ・ディヴィッドソン著/集英社文庫)監督: ジャッ [続きを読む]

» 君と歩く世界 [映画的・絵画的・音楽的]
 『君と歩く世界』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)ウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』に出演して魅力的だったマリオン・コティヤールの主演映画というので映画館に出かけました。  舞台は、南フランスのリゾート地・アンティーブ(コート・ダジュー...... [続きを読む]

» 君と歩く世界 : 基本は、あの作品と同じ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 私の住む広島市の隣にある廿日市市。この廿日市市にある廿日市フットボールクラブが、J3参入を目指し久保竜彦氏を始めとする元サンフレッチェの選手3人の加入を発表しました [続きを読む]

» 『君と歩く世界』 (2012) / フランス・ベルギー [Nice One!! @goo]
原題: DE ROUILLE ET DOS/RUST AND BONE 監督: ジャック・オーディアール 出演: マリオン・コティヤール 、マティアス・スクナールツ 、アルマン・ヴェルデュール 、セリーヌ・サレット 、コリンヌ・マシエロ 、ブーリ・ランネール 、ジャン=ミシェル・...... [続きを読む]

» 『君と歩く世界』 2013年3月26日 丸ノ内ピカデリー [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『君と歩く世界』 を試写会で鑑賞しました。 予定ではマリオン・コティヤールだけだったんですが、ジャック・オディアール監督と 中谷美紀がゲストで登壇しました。 美女2人にダンディな監督でした。 中谷美紀は監督にディスカウントといって売りこんでいたけど、如何に(笑) 【ストーリー】  南仏の観光施設でシャチの調教師をしているステファニー(マリオン・コティヤール)は、ショーの最中に事故に遭い、両脚の膝から下を失ってしまう。失意の彼女を支えたのは、不器用なシングルファーザーのアリ(マティアス・スーナール... [続きを読む]

« 『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!? | トップページ | 『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』これが生きる力だ! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ