twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』ふたりの人生に乾杯。 | トップページ | 『君と歩く世界』は【生】がほとばしる「錆と骨」の世界 »

2013年4月 6日 (土)

『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!?

1

ヒッチコック HITCHCOCK

 

★★★★4.5


天才と呼ばれた“ヒッチコック”は

その妻アルマと2人で完成形

『レベッカ』『裏窓』『めまい』『鳥』・・・

代表作をあげればキリがない

“サスペンスの神”といわれたヒッチコック監督を

30年以上も支えた妻・アルマとの知られざる関係をベースに、

ヒッチコック最大のヒット作『サイコ』が

どのようにして生まれたかを描いています。

「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ」という原作があるのですが、

未読で拝見。せめて『サイコ』は観返しといたほうがより楽しめると思います。

その『サイコ』ができ上がるまでの紆余曲折が描かれる、

しかもヒッチコックを特殊メイクを施したアンソニー・ホプキンス、

その妻アルマをヘレン・ミレンと

英国を代表するアカデミー賞俳優のペアが演じる、ということで

映画ファン垂涎ではありますが、

これはやっぱり、夫婦の物語なんです。

“一緒にいることが当たり前”“空気のような存在”になった

熟年夫婦が陥りやすいイザコザを描いた、かなり普遍的なテーマでした。

楽しかった〜。とにかく楽しかったです。

アンソニー・ホプキンスが観れば観るほど、似てないんですけれど、

すごくかわいらしくて。神どころか、人間くさくて。

映画好きな方なら、なおさら楽しめるんじゃないかなと思います!

例えば、

「あの伝説的な恐怖シーンには、当初、音楽がなかった!」

という、前情報があったので、

数年ぶりに『サイコ』を再見して確認してみました。

何度か巻き戻したり、音声ミュートしてみたり。

でも、なぜ、ここには音楽が入ることになったのでしょう!? 

絶対、ここには、あの、ヴァイオリンが必要でしょ! と今なら思うわけですが、

その裏側についても、よくわかるようになっています。

今回、爆笑問題が宣伝をしているのはホント、ずばり。

太田光さんも、妻であり社長である光代さんがいてこその“光”ですよね、きっと。

(最近の話題のタレント頼みの宣伝方向は仕方がないこととはいえ、ちょっと閉口気味でしたので)

それにしても、結婚30年て、すごいですよね。
(わが家はまだ半分にも満たない、、、)

その間ずっと、公私にわたってヒッチコックを支えてきたアルマ。

家庭でも、仕事でも、あまりにも一緒にいることが当たり前だと、

例えば、どちらかが外に新鮮な感覚を求めたら、嫉妬されてしまう

手の届かなくなったものをいつまでも追い求めていたら、

あつれきが生まれてしまうわけで。

実はそこが、映画『サイコ』を撮るヒッチコックの源にもなっていくわけです。

当たり前、だからこその感謝というのは必要ですよね、お互いに。

どんなにむかついても、それでも共にいるのはなぜか、といったら

それは、2人して“映画”と“映画づくり”を愛しているからであったり、
お互いの情熱や信念や、才能に対してのリスペクトがあるからにほかならないと思うのです。

と同時に、情熱や信念や、才能に対するリスペクトというのは

自分の好きな世界や、憧れている人を題材に、
それらを愛してやまない人たちが映画にするという作業自体にも、
通じるものがあって、

そうした“敬愛”を感じられる映画というのは、
とてもすがすがしい後味を残してくれるのだな、 ということを
改めてかみしめているわけなのです。

↓「ヒッチコック劇場」をパロディしているところも本作の見どころ。

↓アンソニー・パーキンス役だった ジェイムズ・ダーシーは
『クラウドアトラス』にも出ております。

↓ヒッチはグレイス・ケリーが大好きだったんだね。

・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog

・試写会直後の感想や来日記者会見、上映イベントの情報もちらほら。

Facebookをご利用の方、 こちらのFacebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(__)m!

Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』ふたりの人生に乾杯。 | トップページ | 『君と歩く世界』は【生】がほとばしる「錆と骨」の世界 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/57116157

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!?:

» ヒッチコック〜本人がサイコぽい [佐藤秀の徒然幻視録]
ピーピング・トムの神様 公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(ア ... [続きを読む]

» 映画レビュー「ヒッチコック」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Hitchcock [CD]◆プチレビュー◆サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】 映画監督として大成功を収めた ... [続きを読む]

» 映画:ヒッチコック Hitchcock  キャリアのピークを迎えた時代の「サスペンスの神様」の実態とは?! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ヒッチコキアンには堪らない今作。 TV ヒッチコック劇場のオープニングでキックオフしただけで、もうハイ状態に(笑) まず、彼のどの時期が取り上げられているかを整理。 1956  知りすぎていた男The Man Who Knew Too Much      間違えられた男 The Wrong M...... [続きを読む]

» ヒッチコック [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
※「新・映画鑑賞★日記・・・」からタイトル変更しました※1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化を決意...... [続きを読む]

» ヒッチコック / Hitchcock [勝手に映画評]
サスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコック。そのヒッチコック最高の傑作『サイコ』の制作の舞台裏を描いた作品。 ヒッチコックを描いた映画ということで、ヒッチコックの作品を意識した映像・演出になっています。特に、冒頭にヒッチコックその人が出てきて解説する辺...... [続きを読む]

» ヒッチコック [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4,5点】(P) ヒッチコック映画の金字塔『サイコ』の舞台裏は必見 [続きを読む]

» ヒッチコック/Hitchcock [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックと、 その妻で裏で支えた編集者・脚本家のアルマ・レビル。 神と、その神を創った妻による、 傑作「サイコ」(1960)の成功に至るまでの道のりとふたりの天才の知...... [続きを読む]

» [映画『ヒッチコック』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆いまいち、その製作意図が不明瞭なのだが、ヒッチコック作品は大好きなので、そのバックボーンを知りたい気持ちもあり、観に行った(なんか、クリスティの「アガサ 愛の失踪」を思い出す)。  今、ちょいと部屋の中で振り向いただけで、こんなんが容易に見つかるほど、...... [続きを読む]

» ヒッチコック [風に吹かれて]
夫の才能を信じて支え続けた賢妻に感謝を [E:wine]公式サイト http://www.foxmovies.jp/hitchcock1959年、新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回 [続きを読む]

» 『ヒッチコック』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TOHOシ...... [続きを読む]

» ヒッチコック/あの頃エド・ゲインと [映画感想 * FRAGILE]
ヒッチコックHitchcock/監督:サーシャ・ガヴァシ/2012年/アメリカ アンソニー・ホプキンスが久しぶりにちゃんと演技しています。 TOHOシネマズシャンテで鑑賞。シャンテ物件だよね〜って思ってたらやっぱりシャンテだったっていうね。 わたしはヒッチコック作品は、「サイコ」「見知らぬ乗客」しか見ていないのですが、「サイコ」だけ見ていれば大丈夫な映画だと思いました。もちろん他の作品も見ていたほうが楽しめるのでしょうけれどもね。 あらすじ:巨匠監督が新作を撮ります。 アルフレ... [続きを読む]

» ヒッチコック [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヒッチコック』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、60歳のヒッチコック監督が『サイコ』を制作した際の経緯を描き出しています。  映画では、まず、映画『サイコ』の原作小説の素材となった殺人事件が再現されます。  そこに、ヒッチコック(アン...... [続きを読む]

» サスペンスの巨匠/メイキング・オブ・サイコ~『ヒッチコック』 [真紅のthinkingdays]
 HITCHCOCK  1959年。『北北西に進路を取れ』 の大ヒットを受け、ヒッチコック(アンソ ニー・ホプキンス)は新作のアイデアを練っていた。実在のシリアル・キラーが 主人公の小説 『サ...... [続きを読む]

» あらためて ヒッチコックを!  [笑う社会人の生活]
8日のことですが、映画「ヒッチコック」を鑑賞しました。 1959年、アルフレッド・ヒッチコックは「サイコ」の製作に着手したが資金繰りは難航し数々の困難に見舞われ さらに最大の理解者である妻アルマとの関係までほころびが生じてきて・・・ 名作「サイコ」制作過程...... [続きを読む]

» ヒッチコック [だらだら無気力ブログ!]
彼の人となりが分かって結構面白かった。 [続きを読む]

» ヒッチコック : 巨匠のお茶目っぷりがGood! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日も朝から、何だかんだでバタバタしています。こんな時には、以外に落ち着いて観れるこちらの作品は良かったですよ。 【題名】 ヒッチコック 【製作年】 2012年 【製作 [続きを読む]

» ヒッチコック [風に吹かれて]
夫の才能を信じて支え続けた賢妻に感謝を [E:wine]公式サイト http://www.foxmovies.jp/hitchcock1959年、新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回 [続きを読む]

« 『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』ふたりの人生に乾杯。 | トップページ | 『君と歩く世界』は【生】がほとばしる「錆と骨」の世界 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ