twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

« 『17歳のエンディングノート』彼女、生きるのが楽しいってよ。 | トップページ | 『建築学概論』初恋と、家と、親と。 »

2013年5月17日 (金)

『愛さえあれば』きっと一緒に生きていける。

Photo

『愛さえあれば』  Love is all you need

★★★★☆

ありのままを愛して共にいてくれる人

そして、南イタリアの風景がいやし

 

アカデミー賞外国語映画賞を受賞したスサンネ・ビア監督の
“大人向け”なロマンティック・コメディ。

南イタリアが舞台になっていて、
まぶしい陽光と、青い海と、斜面に立つ茶色の建物と
レモンの木の緑と、実の黄色のコントラストがなんともステキで、
『ファミリー・ツリー』のハワイと同じように、
こちらも南イタリアの風景そのものが、いやしでした。

人は、慣れ親しんだものと決別するときが、一番つらいし、勇気がいる。

主人公のイーダ(『未来を生きる君たちへ』にも出演したトリーネ・ディアホルム)は、乳がんの治療がようやく、ひと段落したところでした。

今後の予定や、乳房の再建、患者会の紹介など、一連の話を聞いて、
病院から戻ると、

なんと、夫ライフは会社の子と、コトの真っ最中……。オイオイ!!!

完治したわけじゃない、これからも定期検診が必要な身なのに!
しかも、娘のアストリッドが結婚式を控えているというのに!

傷心の中、それでもイーダは結婚式のため、
1人、南イタリアのソレントへと向かうことになります。

なぜイタリアかというと、新郎の父親の別荘がそこにあるからで、

その父親というのがフィリップ(ピアーズ・ブロスナン)なのでした。

野菜や果物の貿易会社の経営者で、いかにも仕事人間という感じ。
息子のパトリックがまだ幼いときに、妻を亡くしていました。

彼もまた結婚式のために、南イタリアへ発とうと空港へ向かいますが、
なんと駐車場で、心ここにあらずなイーダに車をぶつけられてしまいます。

すぐに、お互いが子どもの結婚相手の親だと気づきますが
初対面の印象は、最悪に近い ^_^; ものでした。

さらに、結婚を控えた子どもたち、そして、集まってきた親族もまた
ひと筋縄ではいきません。

お互いの息子と娘、特にパトリックのほうがマリッジブルー?
なのか何なのか、2人の仲はしだいに微妙になってきます。

また、浮気夫はなんと「飛行機がキャンセルになって」とか言いながら、
浮気相手の若い娘を連れてくるし、オイオイオイ!

軍にいる新婦の弟ケネトも、けがをしたため式に出られることになったものの
おやじの顔を見れば一触即発の勢い。

フィリップのほうも、亡くなった妻の妹ベネディクテが
ヘンな色目を使ってきて閉口していました。

そんななか、イーダはありのままの姿をフィリップに見られてしまったこともあり、
どんどん距離が縮まってゆく2人なのですが・・・。

イーダ役、トリーネ・ディアホルムは1972年生まれの41歳。お年ごろの娘がいる役なのに、私とそう変わらないのに、
とっても美しかった。子どもたちからも、慕われ、信頼されるステキなママで
あんな夫でも、決して、子どもたちの前では悪く言わないんですね。
ポジティブというのか、むしろ強がってる。あるいは、耐え忍んでいる、というか。
そこはすばらしいと思いましたが。

そ・れ・で・も・

この夫、一番支えてほしいときに浮気するなんて、サイテー!
「君が病気になって、俺もつらいんだ」って、
気持ちはわかるけれども!それはわかるけれども、サイテー!

先日、アンジェリーナ・ジョリーが、
セレブならではの(といったら語弊があるかしら)
予防措置としての乳腺除去手術をして大きな話題になったばかりですが、

私が協力させていただいているNPO法人「健康と病いの語り」ディペックス・ジャパンの「乳がんの語り」のページで、
最もアクセス数が多いのは、「再発・転移の徴候と診断」なんです。

乳がんになられた方が、最も聞きたい「体験者の語り」は、その点なんです。
恐らく、そこが一番心配だし、大きな不安要素なんです。

そういうことは、ぜひ多くの方にも知っておいていただきたいな、
なんてことを思います。

ちなみに、スサンネ監督のお母さまが、がんだったそうで
イーダの役柄にもインスピレーションを与えたそうです。

一方、ピアーズ・ブロスナンですが、
『007』のときにはステキとかあまり思わなかったんですが、
本作では思いました。シブさをいっそう増して、カッコよかったですね。

ラストも・・・。

私も同じ立場に置かれたときには
同じように言葉をかけてもらいたい!と強く思いました。

おすすめです!

愛さえあれば@ぴあ映画生活

↓コリンもいいけど、ブロスナンもね。これもロケーションが抜群でした。
↓この映画好きです。重たいけど、好きです。
↓愛とは何か?考えさせられますね。
・Twitterでも時々つぶやいています @uereiy twilog
・試写会直後の感想や来日記者会見、上映イベントの情報もちらほら。
こちらのFacebookページにも「いいね!」をいただけるとうれしいですm(__)m!
Healing & Holistic 映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

« 『17歳のエンディングノート』彼女、生きるのが楽しいってよ。 | トップページ | 『建築学概論』初恋と、家と、親と。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572804/57399034

この記事へのトラックバック一覧です: 『愛さえあれば』きっと一緒に生きていける。:

» 『愛さえあれば』なくてもいいものは? [映画のブログ]
 『愛さえあれば』とは巧い邦題だ。  デンマークでの原題は『Den skaldede frisør(ハゲの美容師)』であり、インターナショナル用の題は『Love Is All You Need』もしくは『All You Need Is Love』、それを...... [続きを読む]

« 『17歳のエンディングノート』彼女、生きるのが楽しいってよ。 | トップページ | 『建築学概論』初恋と、家と、親と。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ