twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2013年6月13日 (木)

『インポッシブル』あまりにつらい、でも観る意味。

Photo_3

インポッシブル THE IMPOSSIBLE

★★★★☆ 4.5

 

不可能かもしれなかった命の生還

生かされている、その意味を問う

2004年、スマトラ島沖地震後に発生した大津波に遭遇した、ある家族の実話を映画化。

モデルとなったスペイン在住中のマリア・ベロンさんは、脚本にも助言をし、
自分が被災した場所での撮影にも立ち会ったそうです。

来日して、東日本大震災で被災された方々とも会われたと聞きます。

追体験することは、相当つらかっただろうに。

ご主人ヘンリーが日本の企業で働いていたので、
日本から来たという設定でしたが、その辺も実話なのかな。ちょっと不明です。

クリスマスを利用して、タイにバカンスに出かけるんです。
リッチではあります。

長男のルーカス(トム・ホランド)はまあ、まさに反抗期で。
下の子たちに何かちょっかい出されたり、構われたりするのが、
ちょっと面倒になってきた15歳。

でも、クリスマスが来てしまえばね、やっぱり楽しいは楽しんですよ。
家族と一緒だし。

そんな中、突然、襲ってくる大津波。

あまりに突然の出来事に、一家

母マリア(ナオミ・ワッツ)と長男ルーカス、
父ヘンリー(ユアン・マクレガー)と次男トマス・三男サイモンと、
離ればなれになってしまいます。

当然のことながら、映画の中には津波の再現シーンがあります。

その描写は、同じスマトラ沖地震の津波を描き、
震災が発生したことを受けて上映中止となった『ヒア アフター』の比ではなく
相当の「覚悟」が必要です。

本当、半端ないです。


ハンカチにぎりしめて、パニックになる一歩手前でした。
正視していられませんでした。

目をそらしても、音もすごいですから。

音だけで、心臓がバクバクします。正直しんどかった。

つらいです。惨いです。『遺体〜明日への十日間〜』も思い起こされます。


そのことはどうか肝に銘じて、十分承知した上で、
ご覧になりたい方は、ご覧になってみてください、と思います。


続きを読む "『インポッシブル』あまりにつらい、でも観る意味。" »

2013年6月 8日 (土)

『世界が食べられなくなる日』が訪れませんように…

Photo

世界が食べられなくなる日

★★★★☆

“足るを知らない”人間が生み出した

世界を食べられなくする2つの魔物


「食の重要性」をテーマに、常に未来をみすえた切り口の作品をつくり出してきた
フランスのジャン=ポール・ジョーが監督。

昨年来、ロングランヒットとなった『モンサントの不自然な食べもの』に続く
アップリンク発、遺伝子組み換え食品ドキュメンタリーの第2弾です。

TPP交渉参加で日本の食はどう変わる? 
遺伝子組み換え食品が本当に大量に入ってくるの? 
私たちの食の安全はどうなるの?


心配ごとは多々あれど、現に

日本は、遺伝子組み換え食品(トウモロコシ)の世界最大の輸入国となっていることはあまり知られておりません。
しかも、それらは家畜の飼料や、食用油、加工食品の原料に使われているといいます。
健康に気を使う人が選んだりする「○○ホ」などにも入っているのかも知れません…。
何せ、5%以下なら表示義務がないんですから。

さらに、日本の食生活にかかせない醤油や味噌の原料である大豆。
輸入大豆の7割はアメリカ産、その93%が
遺伝子組み換え大豆であるとされています。(2012年米国農務省調べ)

このドキュメンタリーでは、
2009年、フランスで極秘裏に行われた
ラットに生涯、遺伝子組み換え食品を食べさせると、どんな影響が起こるのか、
という実験にカメラが密着しています。
しかし、フランスのみならずEUや世界を巻き込んだ論争が、
これから高まりつつあったそのときに、
2011年3月11日、東日本大震災と福島第1原発の事故が起こるわけです。

 

続きを読む "『世界が食べられなくなる日』が訪れませんように…" »

2013年5月29日 (水)

『くちづけ』で泣いた、その後には?

Photo

くちづけ

★★★☆☆

観るものに光を与える

ファンタジーであってほしかった


唐突ですが、人には物語が必要だと思っています。

人が人生をより豊かに生きていくためには。


深い喪失を感じたとき、迷いが生じたとき、
今の現実からちょっとだけ抜け出したいとき、

体験記や闘病記の類は特にそうだと思いますが、

ある人(人たち)と、一時的に人生を共有して、
何らかの希望を得ようとして、何かを期待して

人は物語を読んだり、時には映画を観たり…。

物語とは、人生の道筋に何らかの光と実りの雨を与えるもの。


そうあって欲しいと思って、私は映画を見ていますし、
そうした物語の持つパワーが、結果的に
癒やしや、カタルシス(感情の浄化)につながっていると信じています。

で、こちらの物語です。

貫地谷しほりも竹中直人も好きな俳優で、親子役、
しおりちゃんが知的障碍の役を熱演、
しかも橋本愛ちゃんも出ているということで、ちょっと期待して観ました。

すでに解散している劇団「東京セレソンデラックス」の舞台を映画化。

脚本を書いたのは、その劇団主催の俳優、宅間孝行。

本作でも“うーやん”という知的障碍のある男性を好演されていました。


舞台は未見です。

いまの日本が抱える知的障碍や、
その他の障碍を持つ方たちを取り巻く現実を、
問題提起し、風刺しているとはいえ、


率直にいうと、あんまり好きになれませんでした。

泣いた、ことは泣いた。泣けました。


自分がいるから、姉の結婚がダメになったんだと
気づいたときのうーやんには、泣けました。

しかし、流した涙が乾いたときには、心に虚しさと辛さしか残らない。
あとは、何だろう、憤り、でしょうか。

老老介護を描いた『愛、アムール』を 究極の愛とはとても思えないのと、
どこか一緒で。


続きを読む "『くちづけ』で泣いた、その後には?" »

2013年5月25日 (土)

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』血のつながりと因果

Pbtp

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 

THE PLACE BEYOND THE PINES

★★★★★


その宿命を受け入れて、人は生きていく


長いタイトルですよね。

でも意味がある。

PINESは松の木々、松林 の向こうの場所。

この映画の舞台となる町の名「スケネクタディ」が
先住民モホーク族の言葉で「松の木の向こう」と
いうことから来ているそうです。


それに邦題は「宿命」がついています。
私としては、よくぞ名付けてくれた!という感じでした。

ライアン・ゴズリング×ブラッドリー・クーパーの共演でおくる
血をめぐる、ある2組の親子の血の因果の物語。

『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督作品。
あの映画もしびれる話でしたが、これもまた、そうでした。
余韻が半端ないのです。

ライアン・ゴズリングは、移動遊園地のアトラクションで
危険なバイク走行をして稼いでいる、その日暮らしの孤独なライダー。
通称“ハンサム”ルーク。

松の木の向こうのその町を訪れたとき、
ロミーナ(エヴァ・メンデス)と再会したルークは
彼女が彼の子どもをひそかに産み、育てていることを知ります。


彼女とその子を養うため、彼がとった手段は、
偶然出会った町の修理工と共謀した銀行強盗でした。
何で、そうなるねん!? と思うところですが、そこがね。
長らくその日暮らしを続けてきて、ボロボロのTシャツを裏返して着てるほどで、
おそらく、受けた教育も最低限だったのかも。
彼が持っているバイクライダーという特技を生かすには、
これしかないと思ったんでしょうね。


一方、ブラッドリーが演じるのは、町の有力者である
判事の父親に反発し、ロースクールを出た後に警官という道を選んだ
エイブリー。正義感に燃えるというよりは、ね、ちょっとあれなんですが……。

そんなルークの人生とエイブリーの人生が描かれ、交錯し
やがて世代が変わり、2人の息子がそれぞれ成長して、出会うことになります。
父親同士の間に起きた顛末を知らずに、

まさに“宿命という形で。

続きを読む "『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』血のつながりと因果" »

2013年5月18日 (土)

『建築学概論』初恋と、家と、親と。

Photo

建築学概論

★★★★★

あのころにはわからない、焦がれ人の心と親心

“初恋ブーム”の背後のかすかな切ない気持ち

昨年の『サニー 永遠の仲間たち』に匹敵する、

いや、それ以上かも知れない感涙、韓国映画。

今年は本当に、2月の『王になった男』は皮切りに過ぎず、

この映画や、『私のオオカミ少年』『殺人の告白』『ある会社員』
『10人の泥棒たち』『嘆きのピエタ』『ベルリンファイル』などなど
日本公開作品は当たり年ですね。

やっぱり韓国映画、おもしろい。

で、この映画の舞台となるのは、私自身も“華”?の20代を過ごした1990年代と、
2010年代の現代という2つの時代。

建築士のスンミンのもとに、ソヨンという女性が訪ねてきます。
済州島にある実家をある目的のために改築してほしい、というのです。

そして、少しずつ記憶をたぐるように描き出されていく、2人の学生時代。
かつて「建築学概論」という授業を一緒に取った2人の
淡い初恋がよみがっていきます。

続きを読む "『建築学概論』初恋と、家と、親と。" »

2013年5月17日 (金)

『愛さえあれば』きっと一緒に生きていける。

Photo

『愛さえあれば』  Love is all you need

★★★★☆

ありのままを愛して共にいてくれる人

そして、南イタリアの風景がいやし

 

アカデミー賞外国語映画賞を受賞したスサンネ・ビア監督の
“大人向け”なロマンティック・コメディ。

南イタリアが舞台になっていて、
まぶしい陽光と、青い海と、斜面に立つ茶色の建物と
レモンの木の緑と、実の黄色のコントラストがなんともステキで、
『ファミリー・ツリー』のハワイと同じように、
こちらも南イタリアの風景そのものが、いやしでした。

人は、慣れ親しんだものと決別するときが、一番つらいし、勇気がいる。

主人公のイーダ(『未来を生きる君たちへ』にも出演したトリーネ・ディアホルム)は、乳がんの治療がようやく、ひと段落したところでした。

今後の予定や、乳房の再建、患者会の紹介など、一連の話を聞いて、
病院から戻ると、

なんと、夫ライフは会社の子と、コトの真っ最中……。オイオイ!!!

完治したわけじゃない、これからも定期検診が必要な身なのに!
しかも、娘のアストリッドが結婚式を控えているというのに!

傷心の中、それでもイーダは結婚式のため、
1人、南イタリアのソレントへと向かうことになります。

なぜイタリアかというと、新郎の父親の別荘がそこにあるからで、

その父親というのがフィリップ(ピアーズ・ブロスナン)なのでした。

野菜や果物の貿易会社の経営者で、いかにも仕事人間という感じ。
息子のパトリックがまだ幼いときに、妻を亡くしていました。

彼もまた結婚式のために、南イタリアへ発とうと空港へ向かいますが、
なんと駐車場で、心ここにあらずなイーダに車をぶつけられてしまいます。

すぐに、お互いが子どもの結婚相手の親だと気づきますが
初対面の印象は、最悪に近い ^_^; ものでした。

続きを読む "『愛さえあれば』きっと一緒に生きていける。" »

2013年5月15日 (水)

『17歳のエンディングノート』彼女、生きるのが楽しいってよ。

17

17歳のエンディングノート Now is Good 

★★★★★

ダコダとジェレミーが魅せる

青春“終活”ラブストーリー

 

マザー・テレサは、

たとえ人生の99%が不幸であったとしても、
最後の1%が幸せであるならば、
その人の人生は、幸せなものに変わるのです。

という言葉を残したそうです。

この映画の主人公テッサにとって、99%の人生が不幸でなかった、
といえばおそらく嘘だろうと思いますが、

テッサの最後の数カ月は、もっとも幸せなものであったでしょう。

自らが描いた“エンディング”TO DOリストは
ほとんど成し遂げましたしね。

最高の恋もしたし。

この映画は『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の
脚本家オル・パーカーが
イギリスのジェニー・ダウンハムのベストセラー小説「16歳。死ぬ前にしてみたいこと」を元に脚本を書き、監督も手がけています。
『マリーゴールド・ホテル〜』は大好きです。

白血病で余命宣告を受けているテッサ。
17歳になったある日、大人になるまで生きられないのならと、
一生分の経験をするために
TO DOリストをひそかに作り、親友のゾーイと実行に移そうとします。

続きを読む "『17歳のエンディングノート』彼女、生きるのが楽しいってよ。" »

2013年5月14日 (火)

意外とまじめな『ヒステリア』、自己を解放せよ。

Photo

ヒステリア

★★★★☆


心を解放して生きることを

目標としています

Twitterのタイムラインで、“意外と”好評だったのと、

いま、何かと話題の女性の社会進出や自立という、
裏テーマ(?)があるということで観てきました。

そしたらうわさどおり、ホントにおもしろかったです!

広めの劇場でしたが、数組の女性2人連れやお1人で来ている方にまざって
男性の方もちらほら。そうですね、男性も観といたほうがいいと思います。

この映画は、予告編でも“大人のおもちゃ”といいますか、
“ラブグッズ”といいますか、その仰天誕生実話を描いているので、
遠慮がちになってしまう人がいるかもしれませんが、
それだけじゃないんです。

マギー・ギレンホールが演じたシャーロットという女性が
あの時代にさっそうと自転車でやってくるのがカッコよくて、

日々、地域でやっていることもカッコよくて、
ハマリ役でした。

また、例の道具を開発する実在の医師を演じた
ヒュー・ダンシーの生真面目っぷりも好き。

この2人のさわやかさや知性が役柄に合っていて
脇役の方々も利いていて、
テーマの赤面部分を薄めてくれて、

笑いもあって

なおかつ、じぃんと感動させるポイントもある、上質のロマンティックコメディに仕上がっていましたので、

楽しく観ることができました。

 

続きを読む "意外とまじめな『ヒステリア』、自己を解放せよ。" »

2013年5月 8日 (水)

『カルテット!人生のオペラハウス』これぞ“ココロの抗加齢”ムービー

Photo

カルテット!人生のオペラハウス

★★★★☆


往年の名音楽家たちがダスティンのもとに集結
老いても枯れない愛に支えられて

ダスティン・ホフマンが本作の脚本を読み、
「これは僕がやらなければ」という使命感にも近いものを感じて挑んだという、
意外にも初監督となる、ハートウォーミングドラマ。

先日、公開に合わせてダスティン・ホフマンが21年ぶり、
しかも今回は監督として来日を果たしたわけで、

プレミアで感極まった様子には、こちらも思わず胸が熱くなりました。
 

舞台は、現役をリタイアした音楽家たちのホーム<ビーチャム・ハウス>。

ホームの運営には、それぞれの音楽家たちが自らの“腕”や“のど”を披露する
コンサート“ガラ”のチケット代が当てられていました。

大切なガラが近づいたある日、ビーチャム・ハウスにやってきたのが、
マギー・スミス演じるジーン。

オペラ界のプリマドンナとして人気も実力もあったソプラノ歌手でしたが、
いかんせんプライドが高く、とっても気むずかしい人なのでした。

続きを読む "『カルテット!人生のオペラハウス』これぞ“ココロの抗加齢”ムービー" »

2013年4月20日 (土)

『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』これが生きる力だ!

Photo_2

ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜

 

Beasts of the Southern Wild

★★★★★


絵本の世界のようなファンタジーと
厳しい現実との はざまにある
“いのち”の本質と生命力



ゆとり教育の導入のとき、
「生きる力」を育むとか、なんたら、かんたらという文脈がありましたが、
この映画の中にあるものこそ、「生きる力」だと思うんです。

6歳の少女ハッシュパピーが体験する、“いのちの尊さと厳しさ。
いのちをまっとうして、生きていくための力。

これ、全国の小中学校で【いのちの授業】の教材にしたらいいと思うんです。
もう必修科目で。

今の時点で、2013年上半期のBest1。
『ライフ・オブ・パイ』より持っていかれる作品に
こんな短いスパンで出会ってしまった、という感じです。

つまり、近ごろアカデミー賞をにぎわす作品の
ベクトルが近しいのかもしれませんね。

もともとは戯曲で、ベン・ザイトリン監督自らが脚色。

サンダンス映画祭グランプリも納得。最優秀撮影賞も。
今、何かと話題のカンヌ国際映画祭でも、カメラドール(新人監督賞)に選ばれています。

アカデミー賞では『リンカーン』や『レ・ミゼラブル』『アルゴ』
『ライフ・オブ・パイ』などと肩を並べて、

作品賞にも、監督賞にも、主演女優賞にも、脚色賞にもノミネートされているところがスゴい。

そういう部分のアカデミー賞の間口の広さには敬意を感じます。

特に、主演のクヮヴェンジャネ・ウォレス(9歳)ちゃんが史上最年少、
『愛、アムール』エマニュエル・リヴァ(85歳)が史上最年長で、
主演女優賞に同時ノミネートということで、
各方面に話題をふりまき、来日もしてくれましたよね。

とても利発そうな子でした。
彼女なくしては、この映画はなかった。


彼女のかわらしさを全面に出したビジュアルで、こちらのチラシもありましたが、

T0014419q2


私は、本国の花火のシーンのが一番好きです。

世界観は、むしろこっちだろうと思います。



続きを読む "『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』これが生きる力だ!" »

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ