twitter

uereiのおすすめ

フォト

インターネット募金

カテゴリー「SF」の記事

2013年3月20日 (水)

『クラウド アトラス』つながるとは、こういうことだ。

Cloudatlas

クラウド アトラス CLOUD ATLAS

★★★★4.8

 

時代は、めぐりめぐる
人類の善意がつなげる

映像化不可能といわれた、2004年に発表された

デヴィッド・ミッチェルの小説『クラウドアトラス』を映画化。

彼はまだ40代なんですね。すごいな。

そして、映像化不可能とやらも何のその

ものの見事にそれを実現してしまったのは、

『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟と
『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ。
いや、これもまた、さすがです。


『マトリックス』ほどの映像革命ではないにしろ、
ネオソウルなんかの、やや既視感のある、退廃した、
終末的な世界観はやはり好みです。

6つの時代と場所で、6つのエピソードが並行し、
知らずしらずのうちに交錯していく3時間弱の物語で

6本のストーリーを、合計13人・64役もの
豪華キャスト陣が特殊メイクをしたり、何ともさりげなくいたりして
相当入り組んでいるにもかかわらず、特に混乱もなく観ることができました。

編集が、見事なんですね。
3人の監督が着地点をわかっててやっているところが。


そんな『クラウド アトラス』
とても“社会学的な映画だったと思います。

こうして人は、つながっているというのを、
目の当たりにすることになりました。

私は、好きだ。


続きを読む "『クラウド アトラス』つながるとは、こういうことだ。" »

2012年10月 5日 (金)

『ハンガー・ゲーム』生き抜く決意

Photo

ハンガー・ゲーム

★★★★

何のため、だれのために生きるのか。

もう一度、思い起こさせる闘い


これぞ正真正銘の“全米大ヒット!”

さらに米Amazonでは、原作本3部作の売上げが
ハリポタ全巻分を上回るという大人気。

『ウインターズ・ボーン』の
ジェニファー・ローレンスはやはり、
すばらしい女優さん。
ずっと観ていたい女優さん。

まちがいない。

今回も体を張って、
妹の命、家族の生活、地域の幸福、そして自分自身の命
いろいろと守ります。

『キッズ・オールライト』の
ジョシュ・ハッチャーソンもりりしく。
『マイティ・ソー』ことクリス・ヘムズワースの弟
リアムは、ヒロインを見守る親友役で登場。

続編が期待されますね。

その設定上、どうしても比較されてしまいますが、

あまり『BR』は意識しなくていいかも…と
私は思っています。

そりゃ既視感はありますが、根本、別モノという感じ。

続きを読む "『ハンガー・ゲーム』生き抜く決意" »

2012年8月10日 (金)

『トータル・リコール』でもリコールされないこと

Photo_2

トータル・リコール

★★★

“記憶”に縛られず
なりたい自分になればいい

そう言っちゃうと、元も子もないんですが、
いわずと知れた、シュワちゃん主演、ポール・バーホーベン監督による
1990年の伝説的なSF映画を

コリン・ファレル主演、『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督でリブート、
再起動です。

原作は、SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』。未読ですが…。

オリジナル版は伝説的と書きましたが、それこそ記憶に残る名物シーンたくさんありますよね。

シャロン・ストーン演じる主人公の妻が突如、豹変するところとか

ぶっ壊れたタクシーのロボ運転手とか

発信器を取り除くために鼻に器具をつっ込むところとか

おばちゃんの顔が崩れて、シュワちゃん登場とか

火星で酸素欠乏中のシュワちゃん登場とか

レジスタンスのリーダー、クワトーの存在とか

ほとんどトラウマといってもいいような(!?)映像体験の数々。

その辺の期待度は高まるところかと思いますが、

リブート版の設定は、かなり違っています。

舞台は火星ではなく、全世界的な化学戦争後の地球。

世界は、富裕層の暮らす地域・ブリテン連邦=UFB(今の地球でいうとEUのあたり)と
労働者層の暮らす地域・コロニー(オーストラリアのあたり)に分断されていて

「フォール」と呼ばれる地球のコアを通る超巨大なエレベーターによって
労働者は富裕地域まで働きに行く、

ということになっています。

ちょっと『TIME/タイム』っぽいですかね。

労働者層の地域は、まるで『ブレードランナー』のような世界観でした。

 

続きを読む "『トータル・リコール』でもリコールされないこと" »

2012年6月23日 (土)

『アメイジング・スパイダーマン』イマドキの普通さ、まさに親愛なる隣人

1

アメイジング・スパイダーマン

★★★★4.5

原点回帰!スパイダーマンは
繊細でヒューマンな隣人ヒーロー

当初、『ソーシャルネットワーク』『わたしを離さないで』『Dr.パルナサスの鏡』の
アンドリュー・ガーフィールドが、

『スパイダーマン』最新作に大抜擢、
というニュースを知ったとき、

えっ、まさか!
という違和感、なかなかぬぐえませんでした。

繊細でやさしくて、迷い子犬みたいだし、
体つきも華奢。アクションするタイプじゃないよ〜と思っていました。

でも、今は違います!(断固!)

やっぱり彼でよかった。

彼でなきゃ、アメイジングな親愛なる隣人“スパイディ”には
なり得なかっただろうと思います。

あめすぱ、まじやば。

また、NYという舞台における3Dであることの醍醐味。

その辺がしりあがりによくなるまでは、

アンドリュー演じるピーターと、エマ・ストーン演じるグウェンのラブラブ劇場

自分は何者であるかを考える人生劇場

さらには

異種間遺伝子融合や再生医療の人体実験など、
そこは踏み込んではならんだろう、という医療倫理や科学への警鐘サスペンス

といったドラマパートを、しっかりご堪能ください。

続きを読む "『アメイジング・スパイダーマン』イマドキの普通さ、まさに親愛なる隣人" »

2012年5月 8日 (火)

映画『宇宙兄弟』はプロセス重視

Photo


宇宙兄弟


★★★★4.5.


近年の邦画の中でまれに見るおもしろさ
忘れかけた夢への情熱を呼び覚ませ!

2012春・縁(えん)をつなぐシリーズの第2弾は、同じ夢を追う兄弟を描いた物語です。

特に同性の兄弟は、友であり、ライバルであり、
どうしても気になって気になって、仕方がない存在ではあるのですが。

お互いがいるからこそ力がわく、みたいな感じ、すごくすてきだと思います。


40過ぎて青臭いかもしれませんが、
単純に、夢を追いかけるっていいなと、

こちらまで身震いして、ときめいてしまうほどの
夢があるっていいなと。

それを共に語れる相手がいるっていいなと。

2時間超えてますけど、あまり長さは感じませんでした。
「ああー、おもしろかったな」と、すがすがしい気分で映画の世界を堪能できた
作品でした。


JAXAだけでなく、NASAも全面協力です。
すごいゲストも出てきます!

お子さんたち、どんどん観てください。
(ただし、お行儀よく!)


続きを読む "映画『宇宙兄弟』はプロセス重視" »

2012年2月20日 (月)

『TIME/タイム』イズ・マネーの世界にようこそ

Photo


TIME/タイム


★★★3.5

『ガタカ』にはかなわなくても
独特の世界観に観客を誘(いざな)う

監督・脚本・製作を『ガタカ』『トゥルーマン・ショー』の
アンドリュー・ニコルがつとめるということで かなり期待度を高くして観ました。
私は、まあまあ、楽しめたかなと思うのですが、
あまり評判はよくないようですね。 

映画会社もびっくりの、意外なスマッシュヒットとなりました。

まず、この映画独特の設定を序盤で飲み込んで、受け入れていないと
やっぱりその後
ついていくのは若干難しいかもしれません。

 すべての人間の成長は25歳で止まる。
 左腕に埋め込まれたボディ・クロックと呼ばれるデジタル体内時計が
 25歳になった瞬間から、その後の生きられる時間(余命)を刻み始める。

 <時間>が通貨の代わりになる。
 世界は2分化され、
 富裕ゾーンの人々は働く必要がないほど通貨=<時間>を持て余す一方で、
 スラムゾーンの人々は、労働によって通貨=<時間>を稼がなければならない。


例えば、スラムゾーンに住む者がコーヒーを1杯頼むと、
ボディ・クロックから、チャカチャカ、チャカチャカと4分差し引かれ、
その分、自分の余命が4分縮んでしまうという、

その4分は富める者の懐へ貯まっていくという、そういうことなんです。

なんという斬新な発想。
なんというオリジナリティ。
まさにタイム・イズ・マネーの世界。
富める者だけが永遠に生きられるという、究極の格差社会を描き出しています。

主演の、『ソーシャル・ネットワーク』のジャスティン・ティンバーレイクはじめ、
『ダークナイト』のキリアン・マーフィ(ちょっとお兄さんだけど)、
『アイ・アム・ナンバー4』のアレックス・ペティファー、
「ホワイトカラー 知的犯罪ファイル」のマット・ボマー、
「マッドメン」のヴィンセント・カーシーザーと
みんな25歳という設定なので、若きイケメン度が高いのはうれしいところですが。

続きを読む "『TIME/タイム』イズ・マネーの世界にようこそ" »

2012年2月 5日 (日)

もっともあり得そうなSF映画らしい、です『ガタカ』


ガタカ(1997)


『TIME/タイム』が公開中ですが、
その監督のアンドリュー・ニコルといえば、やはりこの作品なくしては語れない!と

5,6回目(それ以上かも)になりますが、久しぶりに見直してみました。


とにかくイーサン・ホークも、ユマ・サーマンも、ジュード・ロウも若い!
アカデミー俳優、アラン・アーキンも!。

それだけでも感激ですが

「そう遠くない未来……」で
始まるSFのお話は、もともと大好きなジャンル。

約1年前の記事ではありますが、なんと、
NASAが選んだ現実的なSF映画の第1位にも選ばれたようです。


およそ15年も前の映画なのに、
いつ観ても、新鮮で、斬新で、
もしかしたら、それこそNASAやどこかの機関で
すでにあり得ている話だろう、と思わせてくれます。

この世界観のつくり方、
新作の『TIME/タイム』でも、
ジム・キャリーの『トゥルーマン・ショー』でも、本当うまいな、と思います。


続きを読む "もっともあり得そうなSF映画らしい、です『ガタカ』" »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

映画リンク

  • 映画.com

ファミリー・ツリー

エンディングノート

無料ブログはココログ